最近話題のジビエ料理に舌鼓!

Sponsored Link

(日本では11月15日)から翌年2月中旬頃までの狩猟解禁期   

その時期に味わえるのがジビエ料理。

狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉で

日本で有名なジビエといえば、捕獲数や被害の多いシカ、イノシシが挙げられます。

ワインレッドの光沢を放つ上の画像は「鹿肉ロース肉のロースト」

火入れ加減の絶妙さが大切、きめ細やかな赤身の肉の断面を残し、肉の周囲だけを縁取りしたかのようにスッと一本焦げ目をつけるだけの焼き加減!

ジビエ料理特有の臭い(獣臭さ)も無くとても美味しかった。

サーモンのサラダ、ディール入りのからしソース、白子のバターソテー、〆は紅ズワイ蟹のクリームソースパスタ!

ジビエ料理も下処理の方法が進化したのか?

好き嫌いが別れる料理だったが随分と臭いなど“癖”も無くなり食べやすくなってきたと思う。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です