LOTUS JPS CLUBはロータス ヨーロッパから始まった関西のクラブです。

LOTUS JPS CLUB
LOTUS JPS CLUBはロータスヨーロッパから始まったクラブです
Midship Lotus Car Club
| HOME | Lotus_Map | Club | Car | Garage Life | Link | Pleasure| BBS | Profile | Meeting | Sale | Blog | Search |

LOTUS JPS CLUBは、ロータスヨーロパ、エスプリ、エリーゼ系、セヴン系などが中心のクラブです。
Member's Area

TOP  1  2<<  3  >>4   5  6  7  8  9

ロータス JPS クラブ発足のきっかけ 3


毎朝エンジンをかけ、車を磨き、休日は暑い日も寒い日も山へドライブ。 少しずつ車の事がわかってきたとき、リヤーの足まわりに異常を感じる。

「サーキットの狼」より  ジャッキUPしてリヤタイヤを揺するとなんと4WS状態(笑) 早速、京都の山本自動車へ連絡。山本さんが言うには「リヤのハブやろ。車もっておいで。」とのこと。

仕事を終え友人を誘って京都へ。
始めていく山本自動車。街灯も目印もなく、少し探すのに苦労する。 何とか到着し、少しの間、山本さんと話し込む。会話と言うより質問責め。
「ノーマルの86と新車のヨーロッパやったら、同じドライバーが乗ったらどっちが速い?」 山本さんはどちらとも言わない。
「ヨーロッパがミズスマシのようにバンバン走って曲がると思とったやろー?」と逆に問いただされてかなりガックリした。

少しずつ自分の頭にあったヨーロッパのイメージが崩れ落ちていったのもこの頃である。
自作ガレージにEuropaがない毎日がつづき、やっと山本さんよりTEL。車が出来たとのこと。
又、友人を呼んで京都まで行く。思ったより高い修理代。友人の車と2台分の高速代とガソリン代。 おまけに帰りに山本さんに「このタイヤ、あかんで。いまの時代のハイグリップはこの車には合ってないで」 と言われ、いくら陽気な俺でも少し落ち込む。

その後、タイヤをBP490のただのラジアルに履き替える。それからはまずまずの調子。
ガソリンスタンドに車を止めれば人に話しかけられ、信号で先頭に止まれば、横断中の人々の熱い視線を感じることが出来る。
これは今まで乗った車では味わえなかったこと。最近では、ヨーロッパのあの低い車高も慣れてきすぎるけど、まぁそんなこんなで楽しい毎日が続いていた。
ところが・・!!



TOP  1  2<<  3  >>4   5  6  7  8  9