LOTUS JPS CLUBはロータス ヨーロッパから始まった関西のクラブです。

LOTUS JPS CLUB
LOTUS JPS CLUBはロータスヨーロッパから始まったクラブです
Midship Lotus Car Club
| HOME | Lotus_Map | Club | Car | Garage Life | Link | Pleasure| BBS | Profile | Meeting | Sale | Blog | Search |

LOTUS JPS CLUBは、ロータスヨーロパ、エスプリ、エリーゼ系、セヴン系などが中心のクラブです。
Member's Area

TOP  1  2  3  4  5<< 6 >>7  8  9

ロータス JPS クラブ発足のきっかけ 6


数日後、山本さんより連絡有り。例のあの一言である(笑)
「かわいそうにのう〜、ミッションケースの中でベアリングが飛び散って、ギアに噛んでいるで〜。しかし、ロータスのギアは丈夫やの。ベアリングが こんなに壊れとるのにギアは全部使えるでの〜。まぁ、一ぺん見に来てみ。」
そりゃ、えらいこっちゃ!!と友人を呼んでまた京都まで・・。

ロータス ヨーロッパ 「車庫前にて」 ミッションケースの中は鉄の粉だらけ。おまけにケースは1度割れていたのか、アルゴン溶接のあと。 エンジンマウントは溶接してあるわで、さっぱりわやや。
山本さんと修理の内容の話によれば、お金の心配が先。おまけに愛車は無く、ストレスはたまるばかり。
一生の中でもあんなに落ち込んだ数ヶ月は、初めて。

結局修理代は、479,870円也。今でも明細書はもったいなくて、捨てられない。
車のない間、自分の気持ちをコントロール。 元々不満であったミッションだけに50万近い大金を使うのだから、さぞ、今度乗ったときにはスーパーカー だろうとよい方向に気持ちを持っていった。

京都へロータス ヨーロッパを取りに行くときは、陸運局に取りに行くとき以上に期待し、早くポテンシャルが どれだけアップしたのか、乗りたくてしようがなかった。
高い修理代を払い、山本さんより少しの注意点を聞き、暖気を済ませていざ神戸へ。

1速、2速、3速へ、そのとき50万が飛んでいった・・・。「なんでやねん?!」
気の軽い俺もさすがに重かった。

そこで決断、コレ(ロータス ヨーロッパ)を売ろうと。まわりの友人に助けてもらい、お金をかけても現状維持がやっと。 国産車に50万をかけるとベース車によっては300psは確実である。これ以上泥沼に填ってしまう前に。車代プラス修理代や交換パーツなど、締めて550万で決心する。



TOP  1  2  3  4  5<< 6 >>7  8  9