LOTUS JPS CLUBはロータス ヨーロッパから始まった関西のクラブです。

LOTUS JPS CLUB
LOTUS JPS CLUBはロータスヨーロッパから始まったクラブです
Midship Lotus Car Club
| HOME | Lotus_Map | Club | Car | Garage Life | Link | Pleasure| BBS | Profile | Meeting | Sale | Blog | Search |

LOTUS JPS CLUBは、ロータスヨーロパ、エスプリ、エリーゼ系、セヴン系などが中心のクラブです。
Member's Area

スポンサードリンク

My Garage Life
(ロータスの改造、改良、修理日記)

ロータスエスプリのバルブクラッシュ!(その1)-3

Report:k氏
1← →2 3 →4


●加工に出していたヘッドが出来上がってきた。バルブは16本新品交換なので当然ナンバリングされている。
●加工メニューは
バルブガイド(含クリップ)IN・EX全交換(Lotus)
・バルブガイド内径仕上げ(INのみ、すき間1〜3/100mm)
・バルブシートリング最少カット&高さ合わせ
・ヘッド下面最少面研
●45度面の高さ揃えを含めてサービスノートどおりに最少シートカットしてもらった。機械研削なので擦り合わせの必要はないらしい。
●バルブとシートのアタリを確認してみると、さすがにアタリも幅も揃っている。アタリ面(45度)をシートカットしたにもかかわらず摺り合わせが必要だったりするのはひと昔前の話らしい。加工前はなぜか30度・60度面のカットが無かったが、仕上げ後はわずかに30度・60度面カットが追加されて戻ってきた。これでサービスノートどおりの形状のはずである。(45度シート研磨量を最少にするためにアタリ幅は少し狭くなった)
●ごく普通によくある30・45・60度の3面カットだが、最近のエンジンはこれに15・75度を加えた5面カットもあるらしい。
●バルブコンパウンドで摺り合わせを行うと、バルブフェイスアタリ部分に段付きが出来てしまうし、何よりバルブの高さが変わってしまう。
●バルブコンパウンドの代わりに青棒で叩きつけ摺り合せをした。45度面は鏡面のようになった。




バルブクリアランスの調整。元々入っていたシムは2.2mm前後だった。たぶんパーツリストにある範囲のちょうど中あたり、2.4mm前後が標準だと思う。
●全バルブを基準値のIN=0.15mm、EX=0.28mmに揃えたが、高さ合わせのおかげでシム厚は何と全て2.07mm〜2.15mmで収まった。
●元々入っていたシムの薄いもの数個は使い回し出来たが、エンジン稼働後叩かれて寸法が変わるらしいので、条件をそろえるために再使用はしなかった。このために購入したシムは20個だった。4つのバルブが計算どおりにはいかなかった。
●タペット・シムはロータスツインカムと共通部品である。



●ベルトスプロケとスラストワッシャを外せばカムシャフトをスラスト方向へスライドさせた状態で曲がりを測定できる。どのスライド位置でも軽く回るし、数値的にも問題なかった。

●フロントオイルシールはアッパーガスケットOHキットに含まれていたが全く問題なさそうなので交換しなかった。

●カムシャフトのスプロケボルト取り付けボルト穴は油圧ラインに貫通している。STDではシリコンガスケットでシールされていた。同様にシールして組み付けるが、ヘッド組み付け以降、カムを回転(IN・EXバルブ同士を接触させないために各90度以内)させるためにこのボルトにレンチを掛けてカムを回そうとするとボルトが回転しシールが内部剥離する(ボルトが規定トルク以上に締まる)。面倒だが以後のメンテを考え、エンジン車載後も使えるようスプロケ回しを作った。

●アライメント調整はカムシャフト/プーリー間にシムワッシャを使うなどして行えばいいと思う。

●エンドスラストクリアランス(規定値は0.03-0.20mm)の調整ははリヤ側のワッシャを交換して行うが、IN、EXで差はあるものの、規定範囲内なのでそのままにしておいた。

●エンドキャップのOリングは交換した。このOリングはキャブインシュレーターのOリングと同一品であるが、アッパーガスケットOHキットはキャブ仕様車のために10個同封されていた。

●IN、EXでエンドキャップを入れ替えてみたがスラスト量は変わらなかったので元どおりに組み付けた。



●ライナーは指定のロックタイト572(テーパー金属用嫌気性シール剤)を塗布し組み付けた。サービスノートに測定の指示はないが各ライナー上部の切り欠き隙間3ヵ所は0.2mmで揃っていた。



●本来の組み付け手順とは異なるが、この状態でライナーを固定した。
●このために厚さt=12mm!の強化アクリル板を切り出してクランプを製作した。
●ライナー抜け防止のためのみならクランプは2個で事足りるが、均一に固定するためクランプ5個で押さえつける。
●素材がプラスチックなのでブロック、ライナーにキズをつけたりすることはないと思う。
●隙間3か所にはシクネスゲージを挟んだままである。
●これでしっかり固定できたので、突き出し量を測定できる。サービスノートではダイヤルゲージで測定することになっているがストレートエッジとシクネスゲージを使った方が格段にやり易かった。



●ピストンピンはフルフローで暖めなくても、きついが、なんとか組むことが出来た。
●サークリップの合い口は元通りに真上にした。
●ピストンピン端面には刻印がある。これも元通りフロント側にくるように組む。
●コンロッドにはバカでかくFRONTの表示がある。製造時に小端部・大端部で寸法・重量合わせしているらしく機械研削跡がある。


●ライナーへの挿入は通常のピストンリングコンプレッサーは使わなかった。内径テーパーのピストン挿入専用SST(M社長の厚意で使わせてもらえた!)だが、当然、エスプリのエンジン専用で他のエンジンには使えない。
●使ってみると、かなり楽に早く、高精度な組み付けができる。精度が高いのでゆっくり挿入してもリングがライナーを通過したのが分からないほどである。
●また、リングの合い口が回転すること無く真っ直ぐに挿入される。
●なんと、ロータスツインカム用、フォード用、ルノー用まであった。さすがロータス専門ショップである。


●シール剤のはみ出した部分はガム状になっている。突くとかなりねばい。が爪を立てたりしない限り変形しそうにない。サンプルを熱湯に浸してみたが全く大丈夫そうだった。

バルブクラッシュ!(その1)トップ 2← 3 →4

←Garage_life のトップに戻ります

スポンサードリンク