ユーロカップNo1「セントラルサーキット」 / 25
01/02/11
第一コーナーの立ち上がり。山本氏のコルチナが追いついてきた

25
後半、水温が上がり、油圧が下がってきた。さすがにタイヤもズルズルで
そうこうしている内に1回コースアウト(。>_<。)
そうなってからは、早くチェッカーフラッグ振ってくれ〜って叫んでました。
(当然、途中で止まる気なんてさらさら無い!)
その後、3〜4周してチェッカー。無事我が人生初のレースを終了しました。
決勝中のベストラップは1分55秒938。トップから2週遅れの8ラップ。
それでも、タイムアタックよりは、約4秒ほど良くなってました。
しかし、ヨーロッパも何とか、私の乱暴な扱いに耐えてくれました。良かった良かった。
ともかくサーキット走行がこんなに楽しいとは、これは病みつきになるのは間違いなし!(笑)