LOTUS JPS CLUBはロータス ヨーロッパから始まった関西のクラブです。

LOTUS JPS CLUB
LOTUS JPS CLUBはロータスヨーロッパから始まったクラブです
Midship Lotus Car Club
| HOME | Lotus_Map | Club | Car | Garage Life | Link | Pleasure| BBS | Profile | Meeting | Sale | Blog | Search |

LOTUS JPS CLUBは、ロータスヨーロパ、エスプリ、エリーゼ系、セヴン系などが中心のクラブです。
Member's Area
スポンサードリンク

リエゾンクラシックカーフェスティバル2008
(晴天に恵まれ楽しい一日が過ごせました)

1990年式、F40・・・改めてカメラを向けると1980mmの車幅に圧倒されます

幸いにもオーナーのFくんにエンジンフードを開けるお手伝いをさせて頂きました

とても一人では大変な重さに意外性を感じます

全長4430mm、車両重量は1235kg、ホイールはFが8J×17・Rが13J×17インチ

タイヤサイズはFが245/40/17 Rが335/35/17、最高出力は478PS/7000rpm

巨大なカウルを開けると超高速機のメカニズムの大半が見て取れます

巨大なBEHR製のインタークーラーが輝かしく光ってます

1974年式、ランボルギーニシルエット!

昨年このイベントで初めて見る事が出来ました。

今年もお目に掛かれて幸せです

このホイール、LP500Sの物に大変似てますがLP500はOZ製、

ランボルギーニブラボ、そしてLP400Sに使われたリボルバータイプのホイール

なんですね!じっくりと見ておかないと

コクピットはウラッコ、ジャルパとも違ったデザインですね

ミッションレバー前の2つの空調出口は2車と共通する感じです

エンジンスペックは型式…水冷式V型8気筒DOHC・総排気量…2996cc

最高出力…260ps/7500rpm・最大トルク…28.0

ボディサイズは全長・全幅・全高…4405・1755・1115mm・車両重量…1240kg

こちらはMさんの1965年式、ロータスエランシリーズ3です

シリーズ1は62年発売で1498cc、100ps 64年のS2そして65年から68年まで

生産されたモデル L4,DOHC1558CC ,105PS

ルノーR8 ゴルディーニ、1964年から1970年生産された車です

名高いエンジニア、アメデ・ゴルディーニがエンジンを中心にチューンした高性能モデル。量産車初の4輪ディスクブレーキ装備というマニアックな事実もあります。

アルピーヌA110、1974年式、ボディーの特徴はドアノブがプッシュボタンでメッキパーツになっている事です。

以降のモデルはコストダウンのためかトリム等のメッキパーツは

有りません外観ではこの年代がマニアに一番好まれているようです

アルファロメオ1300GTAです・・・もっとじっくり見たかったな〜

ロータスでも有名なショップ、山本自動車の社長が乗っておられました。

綾部まで見に行こうかな・・

ポルシェカレラRSです・・・憧れの車ですね〜

ナロー時代(フェンダー幅が狭い)の. ナナサンカレラRS 2.7です。 通称ダックテール

我々の世代ではナチス軍、早瀬左近のマシンですね

こちらはポルシェは1967年にデビューした911のツーリングモデル911Tです。

当時911Sも有りましたがTとSとではどこが違うのでしょうか?

画像に収めずにはおられません!赤の246ディーノ・・・

隣に73カレラ!とても綺麗なディーノ246GT

こちらのディーノは1969年式、65年にパリショーでプロトタイプがデビュー

その時はV8エンジンを搭載されてました。68年に206GTがV6エンジンを搭載して

生産を開始、総生産台数は2700台

ミッドにエンジンを搭載するジネッタ・G12。オリジナルのG12は1966年に登場し

50台ほど造られたそうです。それにしても低いな〜

デビン・アルファスペシャル・フランキーニ1957年式

う〜ん・・・勉強不足です・・・詳細が解りません    ごめんなさい

こちらはMGBトゥアラーとジェンセンヒーレーですね

子供の頃は充分カメラ小僧の被写体でした、懐かしいです

1961年、ジュネーブショーにて華々しいデビューを飾ったジャガーE-Type

美しいボディラインのみならず、当時としては夢のような最高時速も240キロ

1958年式、ポルシェ356A

356バリエーションはクーペとカブリオレ、ロードスターの3種です!

イタリア・ギア社のジウジアーロのデザインでデビューした117クーペ

68年から72年までハンドメイドで生産された話は有名ですね

セリカLB2000GTです!子供の頃に親父に乗ってもらいたかった憧れの車です

その夢は叶わず親父はパブリカに乗ってました・・・とほほほ

Tさんのセリカ1600LTです・・・

このバンパーはなぜ吸収バンパーになっているのか?

2000LBなら後に大型吸収バンパーが付きましたよね

1968年式、IさんのSR311です、これはローウィンドウモデルかな?

確か67年初期に生産された貴重なモデルがありましたね

内装もとても綺麗です!なかなか市場に出ないモデルだけに貴重です

サーキットの狼では日本一ゼロヨンの速い車で紹介されてます

1973年式、VWポルシェ914、ワーゲンポルシェと言われる由来は
ポルシェとフォルクスワーゲンが共同で開発し販売した事から、エンジンは1.7と1.8リッター、ポルシェチューンの2リッターが、また排気量2リッターの911用6気筒エンジンの中から選ぶ事が出来た

こちらはKさんの1974年式914−2.0S、1970年から75年末までに生産される

75年11月よりスポーツクーペ924にバトンタッチ!

全長411cm 全幅166cm 全高126cm 1970cc 車重980kg 

1960年代から現代までのスーパー7が並びます

カラーリングも各車楽しめます。

ヒラリヒラリと六甲のコーナーを駆けてました

オペル1900GTです。ボンネットのモッコリの下の何があるのかな?

ライトを上げると個性的なんですよね〜

画像が無くてすみません

ジャガーDタイプです・・・自分で撮って褒めるのもおかしいけど

なんとなく運転してる気分になれないかな〜と思って

乗ってみたいですね

今年はJPSクラブのメンバーと参加させていただきました

来年はもっとたくさんのメンバーと遊びたいです

私のヨーロッパ!今回も無事に完走してね!

ちびりんさんの73年式ヨーロッパ、奥様と参加です

今回のイベントに向けて色々とモディファイしたんだよね〜

姫路から参加のまささん、こちらも73年式のヨーロッパSP

来週は小豆島のイベントへ!レポートヨロシクお願いします

Yさんのヨーロッパ、73年式の本国仕様!

なかなか程度の良い本国仕様はお目に掛かれませんが驚くほど程度良かったです

今年もご一緒出来ました!Uさんの67年式S1です

今年は去年より暑くない?年々厳しくなりますが頑張りましょうね!

こちらはKさんの92年式エスプリHWです

最も頼りになる私のメカ先生でもあります・・・

87年式エスプリターボに乗るIさんご夫婦です

ジュジのモデルでこの車ほど綺麗な固体を探すのも大変ですね!

ヨーロッパS1,エラン+2、そしてエランS3の2台

すべて66年、67年、68年式nロータスです

NAOKIさんのフェラーリ348GTB、1994年式です

エクシージから乗り換えて有意義な一日になって良かったです

フェラーリ308GTSです、328も308もデザインが大好きです

コクピットも最高なんですよね〜

こちらは大変お世話になったKさんの93年式348tbです

348の前期モデルになりますね!有難うございました

360モデナ!このモデルになると大きくなりますね

でもこんな車でゆったり安心して走りたいな〜憧れます

F91さんの弟さんのポルシェスピードスターです

ローウィンドウとターボの車幅が強烈ですね

550マナレロです!六甲北から裏六甲に入るまでの登りで

見えなくなってしまいました・・・早い!

フェラーリF355です!この色は珍しいですね

赤が多い中この色も気に入ってしまいました

フェラーリモンディアルは91年式ですね!

北神戸線でミラーにフェラーリが写るとカン高いエクゾーストで抜いてくれ〜と

思ってしまいますよね!期待通りでした、有難うございました

う、ううううウルフじゃ〜、今月号のROSSOを見て病気再発!

このステッカーを見たらまた熱が出そうになります

89年式のアニバーサリー、オーナーはSさん

赤いボディーカラーに内装ベージュはいいですね〜

教習所の上り坂発進の坂道も役に立ちますね!

こんなアングルで画像を収める事が出来ました!

Sさん、いつもありがとうございます

ポルシェスピードスターもこの角度から!

モッコりしてるこのスタイルがたまりませんね!

クーッ!これはまたそそられるな〜

ルノーサンクターボです、濃霧の峠をかっ飛ばしたくなりますね!

こちらは66年式ロータスエランS3 SEですね!

とても綺麗なエランです

ルノーサンクターボ2です、横幅が1750mm、長さが3664mm

小さいボディだけど鬼のブリスターフェンダーが凄まじいのよね〜

C10系のスカイラインGT-Rいまさらコメントいらないですよね・・・

シブイ!男の車・・・て感じ

こちらは『愛のスカイライン』C110系ですね

生産台数197台の貴重な車です

こちらはジネッタG15です。

1968年から市販されたG15は、サンビーム(ヒルマン)・インプの875ccの

エンジンをリアに搭載しています。

1953年式のシトロエン11CVトラクション アバン

詳細が解らなくてすみません

これはサリーンですね!モデルが解りませんが

大パワーのモンスターマシンですね!

このアングルもシブイですね〜

76年から80年の間に51台しか生産されませんでした。

ここに1台有るんですね〜、すごいです

最新のランボルギーニガヤルド!

雨の日も高速コーナー何キロでクリア出来るのかな・・・?

MG,MIDGET1500とBMW3.0CSのツーショット!

当時よく見かけたMGのイメージカラーがこの色でしたね

トヨタスポーツ800とホンダS800Mのツーショット!

ホンダS800の0〜400mは16.9秒。 最高速度は160km/h

かっこいい!BMW2002アルピナ

02ターボとも違うのか・・・?なぞだ・・・・

SさんのアニバーサリーとBさんのパンテーラ!

毎年ご家族で参加されててとても楽しそう・・・

うちの奥さんと子供も来年は連れて来ようかな・・・その時はヨロシク!

カーボンモノコックの目が見えますよね〜、塗装してるボディもよく見ると

網目がうっすらと見えます。ここに座らせてもらってありがとう!

ドライバーズミーティングも終わりいよいよスタートです!

スタッフ、ギャラリーに見送られてスタートする瞬間は気持ちいいです

ノーズを持ち上げ加速するランボルギーニシルエット!いい音だ〜

ポルシェ911Tは独特なエクゾーストを響かせダッシュします!

ペタンコのノーズはS1の証し!SPよりはるかに軽いボディは鋭い加速です!

まささんのヨーロッパ!

風吹裕也ばりのリアウィングがダウンフォースをかせぎます?

ほんまか〜、ダウンフォースほんまにかせげるか〜

YさんのヨーロッパSP,念願かなってやっと手に入れた本国仕様です!

これから存分にロータスライフを楽しんで下さい!

そろそろ私達も準備しなければ!

最後までスタートするシーンを撮る事も大事ですね!

自分のスタートシーンが有れば記念になるな

スタート直前のちびりんさん夫妻!とても楽しそうです!

Uさん、排気ガスごめんね!エコにも気を配らないとね・・・

チエックポイントを通過して早速一休みするロータスプレーヤー!

なにやらワイワイ車の話で盛り上がってます・・・?

その横をBさんのパンテーラが爆音で通過する・・・

のんびりしてる場合では無い!出発です

Sさんのアニバーサリーを70年代を代表する国産GT-R軍団が猛追する!

おっと!後ろからポルシェ944!そしてFくんのフォーティーがグングン迫ってくるぞ〜

ロータスプレーヤーはかわされたのか・・・・?

ポルシェをかわしたF君が後ろにピッタリとつく!お手柔らかにね・・・

なんせ1600CCのおもちゃなんだから・・・

ゴールは目前バトルの結果はいかに・・・

ゴールです!鼻差でF40に負けてしまいました〜

なんてね!ここはフルフラの駐車場です

Bさんのパンテーラの後姿です!途中のコンビニに停まってましたが

一般のお客さんの注目の的でしたね!

このスリーショットたまりません・・・今夜は夢に出てきそうです・・・・

素通り出来ませんでした!パチリ・・・

356とエランのツーショットも見逃せません

ジャガーEタイプ、センター出しのマフラーがかっこいいですね!

テールレンズはジャガー、アルファと共通なんですね!

お昼ごはんはバーベキューです!

このイベントの楽しみの一つですね

神戸牛&地元の野菜です、天辺にラードを置いて焼いてみました

旨かったです

もしや、シルエットのテールランプとパンテーラは同じかも?

と思って確認しました!まったくの別物でした・・・

ワタナベが定番のなかでハヤシレーシングシのホイールがキマッテますね

メンバーはお土産を買ったり思い思いに休憩時間を楽しみます

BMW3.0CSは2985cc、180PS,最大トルクは26.0kg車両重量1400kg

後に3.0CSより軽量なモデル3.0CSLを発売、約200kg軽い1200kg

Tさんの328GTB、めっちゃ綺麗、 内装もビックリするほど綺麗です!

ホィール中央が膨らんでるので後期型の328GTBです

348のツーショット!右がKさんの初期型348、左がNAOKIさんの後期型

セッティングして頂いたF井さん、有難うございます

初期型はサイドのエアーインテークの下が黒く塗装されています

Kさんの348は同色に塗装されています

ホィール&タイヤもパンパンで決まってます

エンジンフード上が黒く塗装されていれば初期型の348

マフラーはワンオフのスペシャルマフラーです

こちらは後期型の塗装されていない348です

こちらはクライスジークのマフラーが付いてます

この角度から見るとフェンダーからライトにかけてのノーズが低いのが解ります

どのヨーロッパとも違うS1特有のフロントマスク、テールレンズも貴重品です

車の大きさが違いますね!低さではヨーロッパの方が低いですね

ジェット戦闘機とセスナ!こんな感じでしょうか・・・

えっ!グライダーって・・・紙飛行機とか

ちびりんさんのヨーロッパの内装です!奥様がミシン縫いを何回もやり直してくれた

そうです!じっくりとお気に入りの内装に仕上げて下さいね

Yさんのヨーロッパの内装です!この車の内装にはビックリです

オリジナルで大変綺麗な状態を保たれてます、大切にして下さいね

S1のコクピットです!ヨーロッパの中で最もスパルタンなコクピット!

シートも固定式!ドライバーを包み込むようなポジションです

Yさんのエンジンルームです。オリジナルの鋳物のようなマフラーです

トランクは以外に荷物が入るんですよね

ちびりんさんのヨーロッパは最近車高を落としました・・・

当初はタイヤが半分ほど隠れるくらいまで低かったそうです

さぁ!そろそろ折り返しのスタートです!

わずかな段差ですが慎重にならなければならないF40

またまた休憩中のロータスの皆さんです

スペシャルマフラーのエキゾーストがこだまするKさんの348

毎年JUNさんご夫婦がゴールを見学に来てくれてます!

いつもありがとう、来年は一緒に走ろうね

初参加のIさんご夫婦とKさん、お疲れ様でした

また来年も楽しみましょうね

ラリー結果の発表です!JPSからまささん、HW/Kさん、Yさんが景品をゲット!

お友達のFくん、アニバのSさん、エランのMさんの見事に入賞!

ご無理をお願いして画像をたくさん撮らせて頂いたOさんが第一位!

皆さんおめでとうございます

第9回のリエゾンも終わりました

開催して頂いたスタッフ皆さんお疲れ様でした&有難うございます

来年は第10回の節目の年、今から楽しみにしいてます

 

今回は画像が多くアップするのに時間が掛ってしまいすみません!

画像など削除ご希望の方がおられましたらお手数ですがご一報願います。

またコメント、車の仕様など間違えも有るかも知れませんがお許し下さい

今回のレポートは長かったけど最後まで読んでくれてありがとう!

←Meeting のトップに戻ります

スポンサードリンク