LOTUS JPS CLUBはロータス ヨーロッパから始まった関西のクラブです。

LOTUS JPS CLUB
LOTUS JPS CLUBはロータスヨーロッパから始まったクラブです
Midship Lotus Car Club
| HOME | Lotus_Map | Club | Car | Garage Life | Link | Pleasure| BBS | Profile | Meeting | Sale | Blog | Search |

LOTUS JPS CLUBは、ロータスヨーロパ、エスプリ、エリーゼ系、セヴン系などが中心のクラブです。
Member's Area

イタリアンで食事会!&TTさん、Tamiさん、お誕生日おめでとう&Tipoオーバーヒートミーティング2010!!
(2010年7月17日・18日)

今年もお世話になったダイニング シューフルールさん。
URLは→ http://www.geocities.jp/choufleur2009/

お料理はシェフにお任せ、好みのドリンクでロータス談義?を楽しんでいます。

オードブルは明石蛸と明石鯛のカルパチョ、サーモンのディル入りからしソースは絶品です。

2品目はコールドビーフとプロシュートのサラダ
Parmigiano Reggianoが素材との愛称抜群!
料理の味を引き立てます。

明石鯛のアクアパッツァです、白身魚や貝類をトマトやオリーブで煮込んだイタリアの代表的な煮込み料理です。

アクアパッツァの煮汁はバケットと共に食します。
アクアパッツァとはイタリア語で『風変わりな水』と言う意味を持ちます、ソースは飲み干しましょう。

チキンのトマトソースキノコ添えです。チキンの上のチーズとバジルが香りと食感を演出します、ソースも旨いです。

バジルをベースとしたソース、ジェノベーゼと烏賊のパスタです、アルデンテに茹で上がったパスタが最高です。

デザートはバニラアイスと紅茶のアイスです。コーンフレークの食感が楽しめるデザートでした。

Tipo,OHMま暑さとの戦い・・・出来るだけたくさんの車を画像に納めるつもりで出発・・・。

しかし暑くて熱くて・・・
駐車場からピットに行くのも大変です・・・。

ピットまでの通り道・・・気になる車をパチリ!
後期型の117クーペも美しい。

こちらも綺麗にレストアされたS800です。
バックランプ点いてたけど大丈夫だったかな?

こちらはシビックRS,まさにイメージカラーのオレンジです・・・、大切にされてますね。

セリカ1600GT、スポイラーやフォグランプが時代を感じさせます、通称ダルマセリカ。

好きだな〜、ランチァは派手派手ラリー仕様が良く似合いますね、マッドガードも決まってます。

いいな〜、ナローです、この辺を見るとホットします。
内装も素晴らしいコンディションでした。

ジェミニZZ−Rの後期型です!延期は丸目2灯。
ホイールもカンパヨーロです。

当時のナンバープレートのままです。軽でも白ナンバーだったのですね。

T-REXです、テールレンズはエリーゼ?それともエンッオかな?

83年製ムーンクラフトスペシャルグッピーです。グループC2クラスに参戦していたマシンですね。

写真は1989年のロータス101。ロータス101は中嶋悟、ネルソン・ピケがドライブしたマシン。

フェラーリトロフィーのスタート前です。良い排気音でした。

アルピーヌのルマンです。とても綺麗な車でした。

岡山のジュゴンさんのエスプリS3。87年かな?とても綺麗なブルーです。

こちらのエク1はEASTさん!出走準備中。暑いのにお疲れ様でした。

全塗装が完成したTAKAさんのエスプリ。芝生のグリーンとのマッチングが最高ですね。

ヒロトさんのロータスエクセルです。ここならちょうど山口との中間地点ですね。

アルピーヌA310です・・・しぶい!ラリー仕様の補助灯等を含め8つのライトがついてます。

ロータスエランのエンジンルーム。とても綺麗、密かにチューニングされてました。

27レビン、トレノの3兄弟です、懐かしいホイール。3台ともとても綺麗な状態でした。

いいな〜ファミリア、画像は70年代の2代目。100PSのロータリーエンジン搭載。

510のブルーバードです、67年から72年に生産。日産の中級車モデルの代表的存在。

←Meeting のトップに戻ります