LOTUS JPS CLUBはロータス ヨーロッパから始まった関西のクラブです。

LOTUS JPS CLUB
LOTUS JPS CLUBはロータスヨーロッパから始まったクラブです
Midship Lotus Car Club
| HOME | Lotus_Map | Club | Car | Garage Life | Link | Pleasure| BBS | Profile | Meeting | Sale | Blog | Search |

LOTUS JPS CLUBは、ロータスヨーロパ、エスプリ、エリーゼ系、セヴン系などが中心のクラブです。
Member's Area
スポンサードリンク

LOTUS EUROPA 軍団!!
(2010年10月17日)


晴天に恵まれとても楽しい一日が過ごせました、参加者皆さん、見学に来ていただいた皆さん、ありがとうございました


天気も良いしなぜかワクワクして早起きしてしまいました
ドライブついでにいつものダムに立ち寄ってから会場のグリーンピア三木に到着!


自動販売機もPエリアには有りません!
缶コーヒー・お茶を用意!ただし1本50円ですよ!
仕入れは40円でした・・・?せこい
 


私より早い到着はsinoshinoさんでした
少しずつ台数が増えてきました
いい眺めだな〜、ヨーロッパは最高だ


1966年にデビューしたヨーロッパも生産されて45年
1975年に最終バージョンのスペシャルがラインオフするまでの9年間生産されました


全車両各オーナー好みにモディファイされたヨーロッパ
じっくりと観察するためリアのエンジンフードを各車大きく開けてお決まりのつっかえ棒の登場!


小さなお子さんも十数台のヨーロッパに大喜び
小学生の低学年かな・・・?それでもヨーロッパは覗き込まなくてはならない程の車高の低さ!


この季節にはたまらん色、柿?
鮮やかなオレンジ色はMさんのヨーロッパSP
食べたくなるほど美味しそうです


このHPを見てわざわざヨーロッパを見に来られた一般の方もおられました
好きな人にはたまらない光景なんでしょうね


リアレンズをクリアからノーマルに戻したTAKEさん
この方、アイデア満載なんでまた何か発明するのかな?
今はキカイダープロジェクトでも大活躍です


手前のS2は岡山から参加のO氏!


鮮やかなブルーメタはK氏のヨーロッパSP


仕事の都合で最後の到着したM氏のヨーロッパ


S1,S2の特徴!デビュー当時ブレッドバンと呼ばれたデザイン。エンジン・リッドのエアインテークは左右2つずつ備わる


S1同様ライトとライトの間にあるウインカーは取り外してあるヘッドライト周りのボディ形状も後のモデルとは異なりS1と見分けの付かない外観をもつO氏のS2


S2には左右のバーチカルフィン部分に“S2”のエンブレムが付くがオーナーの好みで外されています
まてよ、タイプ65なら付いてなかったような・・・?


最近エンジンのOHが完成!エンジンルームは綺麗!
すっきり!マフラーもワンオフで製作、ノーマルは左側に出口が、O氏の自作マフラーは右側が出口


なるほど、苦労したんやな〜、この取り回し
クーッ!泣けてくるわ〜、だから旧車はたまらん
けどO氏、不満なところに音がうるさいって書いてました


さてさてこのタイヤ!13インチはタイヤの選択が無いに等しい。通常サイズなら210位の太さがあるらしい
フェンダーに干渉しそう・・・してる?でもかっこええやん


O氏のS2の内装です、カーボンにインパネを交換
音響システムはサーキット走行を考えセンターコンソールの背面に取り外し自由に工夫されている、軽量化やね


こちらはフロントの足回り、Spaxのダンパー&サス
ホース類はシリコンホースに交換されていた


リアのダンパー&サスはAVOをチョイス、水色のサスがいい感じ、調整式のリアロワー・リンクも綺麗!
ピカールで磨いとんかな〜?


ここは熱もちそうやな〜、キャブとマフラーがくっついてる
手前と底に耐熱版、マフラーには耐熱布を綺麗に巻かれていた・・・ウエーバーもめちゃ綺麗!


エンジンフードにはキャブの熱&エンジンルームの熱を強制的に吸い上げるファンがちゃんと付けられていた
この辺はさすがオーナー歴20年のO氏やな〜


47GT風のサイドのエアインテーク!
このボディならこれは憧れのポイントやな!
内部にはネットも綺麗に付けられて美しい仕上がりです


ヨーロッパはフロントが軽い!
このタンクも車のバランスを取るには有効!
満タン30Lですがフロント加重は想像以上との事


こちらのガソリンキャップはダミーと言う事に・・・
ドアのオープナー、S2の初期までS1同様プッシュボタン式
O氏のブログはこちら


ラジエターにも工夫が、アルミ版で作られたシュラウドがラジエターに直接フレッシュエアーを送り込む室内にも多少ラジエターの熱を遮断する効果も有りそう


こちらはF91さんのヨーロッパTC
オーナー歴30年!私が購入時にはこの人探したんです
話し聞きたくて聞きたくて・・・・


空力パーツ満載のヨーロッパ、この車には実はよく乗せて頂いています、OH前の調子もOH後の調子も
そして夏にエアコン掛けて乗れる事も・・・羨ましい


こちらが空調システム?ワゴンRの物を流用
夏でも疲れないヨーロッパ!
これならデートもOKちがうんかな〜?


快適すぎるからこの車で魚釣に出掛ける事もある
そのお蔭でアーム類はサビサビや・・・
でも・・・鉄工所の社長なんだも〜ん!


リアの空力パーツ!それが結構有効なんです
ただメンテナンスが・・・全て外さないと・・・
次回は綺麗にアンダーカバーまで付けるのはどうかな?


見えるかな?コンプレッサーが有るの
エンジンもメチャ調子エエ!
自分のがスカスカに感じる〜  変えてよエンジン


ほらほら、誰か指差してるは・・・
コンプレッサー発見したんやな
少々の重量増しも仕方ないかな・・・最近の気候には


大阪から参加のM氏のヨーロッパ見た感じTC仕様、
SPの特徴であるピンストライプ,サイドシェルのシルバーのプレート、なども外される拘り


黒が多い中この色は紅葉にぴったし!
羽虫が寄ってくるらしい・・・?なぜ
ホイールはオリジナルアロイホィール履く


インパネはこちらもカーボン調に変更されていた
コンポは付かずヨーロッパを走らせる全ての音がミュージック代わり!大きなトラブルを未然に防ぐには○かも


エンジンルームはクリーナBOX以外はノーマルに近い
北米仕様のキャブ、ストロンバーグも懐かしい
ブレーキのサーボが2個付くのも安全基準クリアの為


スタビライザーはネジ式に変更され最低地上高を確保
車高を下げれば缶ジュースにも引っ掛かってしまうほど
フレーム内部に通すスタビも販売されている


ドライブシャフトが綺麗にメッキされています
リアブレーキはディスクに変更
じんわりと減速する感じが国産車ぽくてGood!


セルモーターはノンオリジナル
主治医のもとで販売されている強化タイプに変更
価格は確か56700円なり・・・私も代えよっかな


こちらは大阪から参加のH氏のヨーロッパSP
購入から間もなく20年、もしかするとこの車が私のヨーロッパだったかもしれません


同じタイミングで購入を考え入れ違いでこの車を見に行ったと言うエピソードのあるヨーロッパなんです
H氏、計画的衝動買いらしいですがほんとかな?


コクピットに整然と並ぶスイッチ類はノンオリジナル
センターのメーターにも注目!追加メーターがその気にさせられちゃいますよね!メーター多いと


エンジンルームにも工夫がトランクルームにはLOTUSのロゴが入ったカバーが付けられていた
今度トランク付けたら頂きですね!このネタは


フロントの足回り、サスとダンパーはKONIクラシックかな?
こちらはスタビを上部に変更したタイプ
これならコンビニだって入れそう?


キャブレターはデロルト!クリーナーBOXはアルミのボックスで自作されてました
それにしても器用だな〜


こちらのエンジンフード取り付けキットも自作品
ダンパー代わりに伸縮するステーを自作しブラケットと結合、よく考えてる・・・


こちらは三重県から参加のM氏、HNは忍たまさん
10数年ぶり、まずはおめでとう!
程度の良い本国仕様は貴重ですね


私と同じSSRのホィールにSタイヤを履く
最近Fブレーキに不満が有ったよですが試乗させていただいた結果不満ないやん!って事に


コクピットはインパネを交換されてます
本国仕様にはセンターの空調切り替えレバーが付いていないのも北米仕様との相違点!


いい焼け具合に変色してきたマフラー
これも複雑やな〜、取り回しが知恵の輪みたい
けど良い音してるねん!羨ましい


フロントの足回り、アームはチューブラー製に変更
ノーマルのコの字型アームより強固なパーツ
ステンのメッシュホースも見えますね


こちらは忍たまヨーロッパのリア足回り
マフラーの出口の形が特徴的
ミッションは336タイプが付く


姫路市から参加のTAKEさんのヨーロッパ
フロントのクリアレンズやサイドのマーカーレンズなど自作される器用な方です


リアには大きな狼ウィングが付く
画像では見えにくいですが赤いラインに★マークもきっちり29個有ります


内装も自分でレストアされてます
ノーマルの型紙などもお持ちなので自分で挑戦される方、相談してみては


オイルクーラーはこの位置!ヨーロッパの定番ですね
なぜかこの後ろ姿にも憧れましたよね
サスとダンパーはSPAX


真っ赤に塗られたヘッドカバー、
このタイプのマフラーを付けるとバッテリーはフロントへ移動が必要になります


ヘッドの弱点を克服!キャブなどの揺れでアルミのマニホールドが折れたりクラックが入ったり未然に対策されてる後があります


こちらはミッション様の冷却クーラーかな
プーリー、オルタネータはノンオリジナル
色々とモディファイされたヨーロッパです


こちらのマーカーレンズは姫路市から参加のマサさん
最近JPSのマーキングを入れてご満悦!
はじめは調子悪いな〜なんてNMに来られた


ヨーロッパも今では芦有やダム、加古川など各地のミーティングに積極的に参加されています
ホィールはフォーミラーワン、タイヤはこれからだ!


マサさんヨーロッパの内装です、ノーマルパーツはどんどん捨てて?しまうらしく後にオークションで高値が付いてるのを見てビックリ!大切にね


フロント足回り、これはKONIかな?
元色が何だか解るのもヨーロッパですよね〜
またカラーナンバーなどお知らせしますね!


こちらはリアの足回り!リアはディスク化され、あま〜い
サイドブレーキでの上り坂発進も安心。ディスク化はサイドが一番効果を発揮! ブレーキングに関しては?かな


こちらのヘッドは北米仕様のもの!キャブはスライドバルブツインキャブ!BENAUTOさんのかな?
確かクリーナー別で15〜16万円なり


オリジナルマフラーも化粧直し
ステンレスの板をくるっと回してるだけだけどこれが結構綺麗に仕上ってる!低価格バンザーイ


この色が気に入った!で購入を決断したのは大阪から参加にS氏、確かに私も当初ブルーメタを探していたのだ!縁あってJPSになったのだが


鮮やかですね!光の当たり具合で玉虫のようです
不満な点は全く無しと言うS氏のヨーロッパ
サーキットの狼の影響は大きいの〜


こちらも本国仕様の右ハンドル
こちらもBGMはウエーバー40の吸排気音でしょうか
そのうち色々付いていきますよ・・・


フロントの足回りはサスダンパーがAVOに
チューブラー製のアーム、メッシュブレーキホースに
サスと同色のスタビが目を引きます


リアは調整式のアームにAVOのダンパー&サスの組み合わせ。リアはノーマルのドラムブレーキ、亜鉛メッキのニューフレームもいいですね!


エンジンルームも綺麗です!ステンレスのガソリンタンク
プーリー、マフラーなどに加えクロスビームなどもノンオリジナルなステンレス製に交換されていた


一番今日の日を楽しみにしていたのは東灘区のM氏
今回は仕事の都合で午後からの参加・・・・
やっぱり今日は朝一やったな〜て思ったかな?


ここ最近で見掛けたヨーロッパでは非常に状態の良い車かな、細かなところもオーナーさんが少しずつモディファイされていますがベースが良い


フロントの足回り、SPAX以外はノーマル
飛び石などでの大きなダメージもなく何気に走らせている感じが良いですね


こちらはリアの足回り、ナット類やLOTUSの文字などもピンストライプに合わせてゴールドに塗られている、プラモデル感覚ですね


35年前からの憧れの車、ロータスヨーロッパSP
良いとところは全て、不満な点は特になしとアンケートに答えられただけあって子供の様にはしゃいでました


エンジンルームも非常に綺麗な状態
こんなの見るとまたレストアするか〜なんて思ってしまいますよね〜


後方スタイル、ななめ!が大好き
と言うオーナーさん、皆ヨーロッパのこの“かたち”に惚れ込んでしまいましたよね、確かにカッコいいです


限りなくオリジナルのブルーメタに近いヨーロッパはK氏のヨーロッパ、見た瞬間もしやスーパーカーと暮らす、に出ていたヨーロッパでは・・・?


その通り、以前から色々と雑誌など拝見する機会の多かった車両です。このブルーもオリジナルでは無いそうです
やっぱりアロイホィールが一番似合うのかな〜


足元左下にはエアコンのスイッチなど空調システムが付く
内装も非常に綺麗、試乗させていただいたが快適、各機関がとてもメンテナンスされた素晴らしい状態


ラジエターや空調システムなど全てこのカーボンのBOX内に収められいる。なんとも仕上がりの良いヨーロッパだ・・・素晴らしい!


結晶塗装されたヘッドカバー、水周りはシリコンホースでマフラーなどにも耐熱布が綺麗に巻かれている。
コンプレッサーのプーリーはノンオリジナルのものが付く


この状態でトランクなども問題無く付き、ちょっとしたドライブもパッセンジャーシートのナビと共に快適なドライブが楽しめそうな仕上がり具合


このシート、ヨーロッパのオーナーで一度は内装のレストアを考えた人なら一度はネットで見た事が有るはずだ、ABCの刺繍がヘッドレストにさりげに付いている


フロントの足回りはAVOにチューブラーウィッシュボーン
ボディのFRPの状態もかなり良さそう
なかなかこんなところ見ないからね〜、でも見てしまう


フレームに状態もGood,リンケージなどメッキを施しリアフォグも付く、なんだか雨の日はF1みたい
ロアアームはステンの調整付を装着


内装も綺麗の一言、左ハンドルだがセンターに空調レバーが付かないタイプのインパネが付く
センターコンソールは全て自作、恐れ入りました


こちらは純正のアロイホィール
自分でポリッシュ掛けてここまで仕上げました
ディスクローターは穴あきの物に変更されている


みどりちゃん、こちらは枚方のちびりんさんの愛車
こちらに来る途中はちょっとトラブル有ったけど無事にたどり着いて良かった〜


昼間に見るのは久しぶりですね〜相変わらず綺麗にされてました。ホィールはRSワタナベの14インチ
また整備がんばんないとね!


足回りもストロークしにくいように改良されてます
これならフルボトムする心配も有りませんね
スタビが赤、ここも緑でしょ〜!


リアの足回り、ミッションケースがゴールドに塗られています
オイル漏れも少なくコンディションはGood!
帰りは問題無く帰れたそうです、良かったですね


私のヨーロッパ、もっともっと綺麗にしたいな〜
コンディションももっとレベルアップしたいな〜
今回はヨーロッパ軍団!やって良かったです


情報交換や同じ趣味を持つ友人が増えるのも楽しみ
車の知識が上がるのも、20年経っても再発見が出来るのもこの車と仲間のお蔭です


一度に大金を掛け綺麗にするもよし、コツコツとプラモデル感覚で綺麗にしていくのもよし、今回の集まりで、又新たな課題が出来てしまいました


今回のヨーロッパ軍団、なぜこのネーミング?
画像を撮ってヨーロッパ軍団です、とコメントするつもりでしたがまたまた書ききれないくらいです


車好きでは私はこの人に脱帽です!
デロリアンクラブ西日本副会長のHさんです
いつもありがとう!


今日はどんな言い訳で来れたんかな〜
慌てて出て来たんかいつもよりホィールが汚れすぎ
またゆっくり遊ぼう!TTさん


今日はお近くと言う事でワンちゃんと参加してくれた
たにちゃん、ありがとね!
またNMも近いし気楽に遊びに来てな!


Aさん、久しぶりやんか!めっちゃ痩せてもて
Pも増車されたようですね!またゆっくり遊びましょうよ
身体には気を付けて!ありがと!


お侍さん、今日は家族全員参加でありがとう!
帰るのちょっと早かったみたいやけど美味しいもん食べに行っとったんかな〜、今日はありがとね


スーパーカーイベント以来のお付き合い
Hさんのデロリアン!こうして2台のデロが集まるのも珍しいね!今日はありがとう!


はみちゃん、相変わらず車ばっかり磨いとるな〜
綺麗過ぎるやん、乗ってるか?
Z2は修理出来た?また事務所寄ってな


Tamiさん、Kmakiちゃんいつもありがとう!今回は動画まで載せてくれて、会長がアップ遅いから助かる
今度はBBQかリエゾンやな、秋を楽しもう!


出た〜、この人現るところに珍車あり!
はっきり言ってKさんの拘り凄すぎ今回はこの画像以外にKさんコレクションを紹介するは!


NAKAさん、こう君、いつも参加してくれてありがとう!
妹が出来たせいかこう君逞しくなったね
ますます男三人はドライブに出やすくなる?かな


NAKAパパさん、いつもありがとうございます
お孫さんの誕生、おめでとうございます
次回はお孫さん二人と是非参加して下さい


JUNさん、久しぶりやんか〜、エスプリが日光に当たるの
釣りとの両立も大変やけど適当に楽しもう!
釣り竿折れたらしいけどそんなに大きな獲物やったんか?


HWKさんや、お昼ご飯の後におはよう!やねんから
でも今から行っても皆居ますか〜?と聞いてくるところが憎めないね!また夜あそぼうね


参加者も帰って・・・あれ!今頃クルマごそごそ触りよる
Kさんや、だいたい4時頃がこの方のお昼なんよ
そろそろランチの時間かな〜?


デロリアンのHさんとKさんは色々と話し込んでます
エスプリとの相違点の話、あーでもない、こーでもない
話題はつきません!


三台だけなんで並べましょうか!
やっぱりエスプリの全長が一番長いな〜
ヨーロッパ小さいね〜、    ワイワイガヤガヤ


気が付けばナイトミーティングの時間です
長老!夜の約束せんで良かったやろ〜!
夕方6時なんて大阪まで無理やは絶対!


足回りやコクピットなど画像とオーナーが間違ってたらすみません!
当日はOSSYさん(プロの写真家)も来ていただきかなり期待出来る画像が有ります・・・
有ると思います?が現時点ではまだ我が家に着いてません。
改めて画像は公開させていただくとしてとりあえず皆さんお待ちかねなんでこれでアップさせていただきます。
LOTUS,JPS,CLUB 会長 戎 和夫

←Meeting のトップに戻ります

スポンサードリンク