LOTUS JPS CLUBはロータス ヨーロッパから始まった関西のクラブです。

LOTUS JPS CLUB
LOTUS JPS CLUBはロータスヨーロッパから始まったクラブです
Midship Lotus Car Club
| HOME | Lotus_Map | Club | Car | Garage Life | Link | Pleasure| BBS | Profile | Meeting | Sale | Blog | Search |

LOTUS JPS CLUBは、ロータスヨーロパ、エスプリ、エリーゼ系、セヴン系などが中心のクラブです。
Member's Area

Marioさん、コブラ・デイトナ・クーペ納車式!!
(2012年8月18日)


マリオさんのデイトナクーペ、お披露目パーティーが奈良県生駒市にあるイタリアンレストランのガーデンテラスを貸切に盛大に開催された!

我々70年代の車に魅了された世代より少し先輩にあたるオーナー、マリオさんも60年代半ばにこのマシンに大きな影響を受けたに違いない・・・

今回購入された超ド級マシンを少しお勉強してみた・・・

以下 ウィキペディアから・・・

==行方不明になったプロトタイプ==


ロサンゼルスのファクトリーで最初に製造されたプロトタイプ”’CSX2287”’は、30年近くの間、行方知れずになっていた。

コレクター達は必死で探し回ったが、2001年に南カリフォルニアで突然発見されるまでは幻の存在であった。

CSX2287は、デイトナでデビュー、セブリングで勝利した後にヨーロッパに渡り、他の5台と共に転戦。

引退した後、ジム・ラッセルに4500ドルで売却された。ストリート用に最低限のモディファイを受け、
約1年後にビートルズとの関係で知られるフィル・スペクターに12500ドルで売られた。

フィルはロサンゼルスに乗り回していたが、車内は蒸し風呂のように熱く、レーシングカーそのもののスパルタンさに辟易としていた。

また、スピード違反を幾度と無く犯した為、弁護士から800ドルで部品取り車にすることを薦められる。

快適なストリーカーにするにはかなりコストがかかるとも言われており、フィルはついに所有を諦めることにした。

そしてボディガードのジョージ・ブランドに1000ドルで売却、これがその後のCSX2287の運命を決定づけることとなる。

ジョージは自分の娘、ドナ・オハラにCSX2287を譲渡。ドナは何度も手放そうとしたが、買い手はつかなかった。

1982年の離婚後にドナは隠遁生活に入り、車をレンタルガレージに隠した。

時を経るにつれて、車の買取を掛け合う者も現れたが、彼女は既に狂気じみており、車はもうないと答えて追い返した。

買取を試みた中には[[キャロル・シェルビー]]も含まれる。CSX2287は南カリフォルニアのどこかのガレージに隠されているという噂だけが囁かれ、
ドナが保管していると信じられてはいたが所在不明には違いなかった。2000年10月22日、ドナはロサンゼルス郊外の橋の下でガソリンを被って焼身自殺。

アナハイムのレンタルガレージから車両が発見された。ちなみにレンタル料金は滞納されていた。

ドナの母は希少車ディーラーのマーティン・アイアーズに300万ドルで売却したが、自殺直前に車両とレンタルガレージの鍵を譲られたとドナの幼馴染が主張、訴訟にまで発展した。

更にフィル・スペクターも、譲ったのではなく保管を依頼しただけと主張した。現在は完全にレストアされフィラデルフィアのコレクターが所有、

Simeone Foundation Automotive Museum に展示されている。

映像はyotubeより・・・http://youtu.be/-HCDvV364Wg

(以下マリオさんからのお話し・・・)

当時発売された6台のうち、2台はすでにクラッシュしているので、現存しているのは4台。その1台が、つい最近、オークションにかけられたそうです。

その時の落札価格が、な、な、なんと・・・約15億もの値段がつけられたそうです。

「シェルビー・コブラ・デイトナ・クーペ」のレプリカは、オリジナルの6台をはるかに上回る性能を持つと言われます

しかし、ここのご紹介するデイトナ・コブラは、キャロルシェルビーが、現在の技術を持って、再販した10台のうち9番目に製作されたホンモノだ。

もちろんそのパフォーマンスも当時のオリジナル、レプリカより断然こちらに軍配が上がる。

1号車は、ミハエル・シューマッハが購入されたそです。このシェルビー・デイトナは本来レーサーなので公道仕様ではありませんが、
公道用に、エアコンもカーステも灰皿までもが装備される快適なレーシングカーである。

ちなみに10台生産され、公道仕様は3台だけらしいです。

マリオさん、間違ってないかな〜?


主役の登場である、青空とこのボディカラーが
ぴったりマッチしてます


このリボンもコブラ納車式で使って下さいと、
シェルビーアメリカンより送られてきたそうです


除幕式です、チームアマンテのOさんが
お手伝いされています


皆でクラッカーを鳴らして盛大にお祝いです
お友達から花束も届きました


オーナーのマリオさんからのご挨拶です
車も大好き!もちろん安全運転にも気を配られる方です


乾杯の音頭はシェブロンのオーナー
チームアマンテ会長のOさんです

参加者で美味しい料理をいただきながら
車談義を楽しんでいます


司会を担当してくれたちびりんさんです
いつも協力的で本当に頼りになる方です、あるがとね!


リアのタイヤがシートのすぐ後ろにあります
ドアの後部がタイヤハウスですから


マリオさん、そして主治医のミツヤマモータースさんから
たくさんの景品をお預かりしてきました
http://www.mitsuyama.net/


シェルビーアメリカからの販売証明書・ワインなど5月に他界したキャロル・シェルビーさんの写真も、手前はもう一台の愛車アストンマーチンバンキッシュが・・・


こちらのレストラン、料理もサービスも最高です
コブラの爆音を聞きながら食べたピザは
最高に旨かったな〜、


料理は画像を撮り忘れてます・・・


マリオさん、ご馳走様でした!


今回の開場はこちら
http://www.lucesantlucia.com/



にゃんぱらりんさんのガレージ訪問!
(2012年8月18日)


JPSクラブ、エクシージS1オーナーの電脳侍さんのお兄ちゃんのガレージに訪問させていただきました

当日行われたお披露目会場から車で5分の場所に4柱にリフトを完備したお宅が出現? タイヤメーカーの倉庫?

ショップかな?  え〜〜っ! 表札があるやん・・・  このガレージはオーナーの好みを解りやすく作れれてるわ〜

バイクで言うとオフローダー!まさに泥んこ遊びが大〜イすき〜!な車のオーナーの秘密基地や〜〜!

強固なフレームのRS200を持ち上げるに相応しい強固なリフト!下段にはフォードシェラRSコスワース! 

ドンピシャやん!お兄さん的外してないやん!

で、RS200って滅多に見る事の出来ない貴重なグループBカー

その走りは こんな感じ→  http://youtu.be/iVhHtOQrsA0

FORD RS200はロードカーとして世界で180台(20台は競技用エボォリューション・モデル)が市販され17台が日本に上陸、

ギア製ボディーはF1設計者トニー・サウスゲートによるグラスファイバー、エンジンはコスワース・チューンのBDT8(BertDriveTurbo)で

水冷4気筒4バルブDOHCターボ、ボアストロークは86.0×77.6mmで 1803cc、圧縮比8.2:1、燃料供給はボッシュ EEC電子制御燃料噴射、

ターボはギャレット・エアリサー チ製T04、加給圧0.8バールで250HP/6500rpm、29.8mkg・4500rpm。エンジンを後部中央に縦 置きツインプレートのクラッチで一旦

プロペラシャフトを介して前に導かれ、1.043と減速されるトランスファ ーを経て、前37:後63のトルク配分で前後輪へ振り分けられるフルタイム4WD。

全長4000×全幅1765 ×全高1320mm、重量1180kg(前545/後635kg)、ホイールベース2530mm、トレッド前1502/ 後1497mm、タイアは225/50VR16

車両価格 1375万円


お披露目開場にシェラRSコスワースで参加されました


とにかくハンドルを外さないと降りて来ないお兄ちゃん!


ガレージにはエーモンのパーツが一杯!


それもそのはず、自作メーター、電装系はお手の物!


リアエンジンなのにミッションは前???勉強不足や〜


この強固なシャーシと下回り、まさにアスリートやね!

←Meeting のトップに戻ります

スポンサードリンク