スバル「レヴォーグ」の独自戦略 SUVでないのになぜ好調?

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

スバル「レヴォーグ」の独自戦略 SUVでないのになぜ好調?

2020年10月にモデルチェンジをしたSUBARU(スバル)のワゴン車「レヴォーグ」が好調だ。月販計画台数2200台に対して、21年3月末までに累計2 …

スバル「レヴォーグ」の独自戦略 SUVでないのになぜ好調?
2020年10月にモデルチェンジをしたSUBARU(スバル)のワゴン車「レヴォーグ」が好調だ。月販計画台数2200台に対して、21年3月末までに累計2万2000台を販売している。最新の運転支援システム「アイサイトX」がよく注目されるが、売れる理由はそれだけなのか。SUBARUに刷新の狙いを聞いた。

スバル 中村社長「通期で100万台販売をやり切る」…今期営業利益はほぼ倍増の2000億円を予想

SUBARU(スバル)は5月11日、2021年3月期の連結決算をメディアとの電話会議などで発表した。コロナ禍や半導体不足による国内外の減産影響 …

スバル 中村社長「通期で100万台販売をやり切る」…今期営業利益はほぼ倍増の2000億円を予想 | レスポンス(Response.jp)
SUBARU(スバル)は5月11日、2021年3月期の連結決算をメディアとの電話会議などで発表した。コロナ禍や半導体不足による国内外の減産影響により、営業利益は前期比51.3%減の1025億円と、2期ぶりの減益になった。

スバルの新型EV、その名は『ソルテラ』—2022年年央までに発売へ

SUBARU(スバル)は5月11日、2022年発売に向けて開発を進める新型電気自動車(EV)の名称を『SOLTERRA(ソルテラ)』に決定したと発表 …

スバルの新型EV、その名は『ソルテラ』---2022年年央までに発売へ | レスポンス(Response.jp)
SUBARU(スバル)は5月11日、2022年発売に向けて開発を進める新型電気自動車(EV)の名称を『SOLTERRA(ソルテラ)』に決定したと発表した。

スバル、新型EV「ソルテラ」を2022年発売 トヨタと共同開発した「e-SUBARU GLOBAL …

スバルでは、同社のSUVラインアップ「アセント」「アウトバック」「フォレスター」「SUBARU XV」に加わる新たな選択肢として、2022年年央まで …

スバル、新型EV「ソルテラ」を2022年発売 トヨタと共同開発した「e-SUBARU GLOBAL PLATFORM」採用
 スバルは5月11日、2022年の発売に向けて開発を進める新型EV(電気自動車)の名称を「ソルテラ(SOLTERRA)」に決定したと発表した。ソルテラは、スバルがトヨタ自動車と共同開発を進めるSUVモデルのEVで、日本、米国・カナダ、欧州、中国等で、2022年年央までに発売予定としている。

「イギリスの名門」が本気を出し過ぎた! 「スバルの軽」ベースのスポーツカー「P2」とは

スバルとタッグを組み、スバル・レガシィを皮切りにインプレッサでのタイトル連覇を遂行したWRCでの大活躍の経緯もあり、プロドライブとスバル …

「イギリスの名門」が本気を出し過ぎた! 「スバルの軽」ベースのスポーツカー「P2」とは(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 イギリスの名門レーシングチームであるプロドライブは、レースやラリーで得たノウハウを活かし、コンプリートカーを製造しているメーカーでも知られる。初代インプレッサをベースとしたプロドライブP1はまさに

【スバル新サービス】「おうちで商談 なんでも相談 オンライン商談」全国で開始

スバルは、2021年5月10日、「おうちで商談 なんでも相談 オンライン商談」を全国で開始しました。 コメント. タップで画像を拡大 …

【スバル新サービス】「おうちで商談 なんでも相談 オンライン商談」全国で開始 | AUTOCAR JAPAN
スバルは、2021年5月10日、「おうちで商談 なんでも相談 オンライン商談」を全国で開始しました。

スバル最終利益、半減の765億円 21年3月期

SUBARU(スバル)が11日発表した2021年3月期連結決算は、最終利益が前期比49.9%減の765億円だった。新型コロナウイルス …

スバル最終利益、半減の765億円 21年3月期
SUBARU(スバル)が11日発表した2021年3月期連結決算は、最終利益が前期比49.9%減の765億円だった。新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだ需要が北…

UPDATE 1-SUBARU、トヨタと共同開発したEVを来年央に世界で発売

スバルはこの日、2021年3月期決算と中期経営計画の進捗に関する会見を開き、その中で新型EVについて公表した。 中村知美社長は会見で「この …

SUBARU、トヨタと共同開発したEVを来年央に世界で発売
SUBARU(スバル)は11日、トヨタ自動車と共同開発した電気自動車(EV)を2022年央に発売すると発表した。新型EVはスポーツ多目的車(SUV)で、車名は「SOLTERRA(ソルテラ)」。日本、米国、欧州、中国などに投入する。ソルテラはスバルとして初めて世界で展開するEVモデルとなる。

スバル最終益、半減の765億円

SUBARU(スバル)が11日発表した2021年3月期連結決算は、最終(当期)利益が前期比49・9%減の765億円だった。新型コロナ …

スバル最終益、半減の765億円 | 毎日新聞
 SUBARU(スバル)が11日発表した2021年3月期連結決算は、最終(当期)利益が前期比49・9%減の765億円だった。新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだ需要が北米を中心に回復したが、上半期のマイナス影響を補いきれなかった。半導体不足による減産も響いた。

スバルの新型アウトバックが発表され、新型BRZが来ないと嘆いていたイギリス人が安堵

昨年、新型スバル BRZが発表された。しかし、私たちが愛着を感じていた矢先、このクルマがイギリスに上陸する可能性は低いことがわかったので …

スバルの新型アウトバックが発表され、新型BRZが来ないと嘆いていたイギリス人が安堵 | トップギア・ジャパン Top Gear JAPAN
昨年、新型スバル BRZが発表された。しかし、私たちが愛着を感じていた矢先、このクルマがイギリスに上陸する可能性は低いことがわかったのである。 しかし、この新型アウトバックは、スバルがまだ英国でクルマを売りたいと考えていることを証明している。アウトバックは、オフロードに対応したエステートカーで、フロントには洒落にならな...
タイトルとURLをコピーしました