スズキ、軽四輪車の国内累計販売台数2500万台達成—スズライトから65年

スズキ、軽四輪車の国内累計販売台数2500万台達成—スズライトから65年

スズキは1955年10月に日本初の量産軽四輪車『スズライト』を発売。以来、1970年に『ジムニー』、1979年に『アルト』、1993年に『ワゴンR』など …

スズキ、軽四輪車の国内累計販売台数2500万台達成---スズライトから65年 | レスポンス(Response.jp)
スズキは、4月末時点で軽四輪車の国内累計販売台数2500万台を達成したと発表した。

スズキ エスクードはコンセプトモデルをそのまま市販していた! 2013年に登場したiV-4は …

今巻き起こっているコンパクトSUVブームのはるか昔、1989年にデビューしたのがスズキ 初代エスクードだ。当時のSUVといえば大型モデルしか …

スズキ エスクードはコンセプトモデルをそのまま市販していた! 2013年に登場したiV-4はエスクードそっくりの超かっこいいデキだった|フォトギャラリー【MOTA】
今巻き起こっているコンパクトSUVブームのはるか昔、1989年にデビューしたのがスズキ 初代エスクードだ。当時のSUVといえば大型モデルしかなく、コンパクトで都会的なデザインであったために瞬く間に大ヒットとなった名車である。現行モデルは2015年に登場したのだが、その2年前に開催された東京モーターショー2013でコンセ...

【予算200万円のプチバン選び】スズキ ソリオとトヨタ ルーミーをガチ比較! ランニングコストは …

ホンダ N-BOXなどの軽自動車では物足りず、かといって大型ミニバンは少し大きすぎる……と考えている人にピッタリなのがスズキ ソリオやトヨタ …

【予算200万円のプチバン選び】スズキ ソリオとトヨタ ルーミーをガチ比較! ランニングコストは僅差でソリオに軍配も、長距離運転が多いならルーミーがオススメ|グレード比較【MOTA】
ホンダ N-BOXなどの軽自動車では物足りず、かといって大型ミニバンは少し大きすぎる……と考えている人にピッタリなのがスズキ ソリオやトヨタ ルーミーなどのプチバンだ。都内でも扱いやすい5ナンバーサイズでありながら、車内の広さはミニバン並とちょうどいいサイズなのだった。今回はプチバン市場で大人気を博しているスズキ ソリ...

聖地はレトロ駅舎 スズキ「隼」ライダーが集うローカル鉄道

スズキの人気オートバイ「隼(Hayabusa)」と同名の縁。今年の大型連休(GW)中には3代目ラッピング列車の運行も始まった。一方で …

聖地はレトロ駅舎 スズキ「隼」ライダーが集うローカル鉄道
「ライダーの聖地」とされるローカル線の駅が鳥取県にある。八頭(やず)町から若桜(わかさ)町までを走る第三セクター「若桜鉄道」の隼駅(八頭町)だ。スズキの人気オー…

ハンドル「円」じゃなくていいの? 変形ハンドル増 もはやジョイスティックに

たとえばスズキは「スイフト」で採用しているD型ハンドルを「スポーティさの表現」と説明しています。ひざ上からハンドルまでのスペースが広がる …

ハンドル「円」じゃなくていいの? 変形ハンドル増 もはやジョイスティックに | 乗りものニュース
近年増えている「変形ハンドル」のクルマ、その傾向はますます強まり、トヨタが発表しているEVなどはゲーム機のそれに近くなっています。ハンドルは「円」である必要がなくなっているようです。

「くうねるあそぶ」キャンプで一番重要なのは「寝る」だからマットにこだわる【スズキ …

吾輩はスズキ・ジムニーである。1986年の生まれで、型式はM-JA71Cだ。金属のルーフもエアコンもない。4WD、2WDを手動で切り替えるパート …

「くうねるあそぶ」キャンプで一番重要なのは「寝る」だからマットにこだわる【スズキ・ジムニーでアウトドアへ 】|軽-RV系|Motor-Fan[モーターファン]
アウトドアでもっとも大事なのは「寝る」。そこで重要なのはマット。ウレタンタイプ、エアタイプ、いろいろあるけれど、ここは手抜きせずに考えて試しておく必要がある。 TEXT & PHOTO◎伊倉道男(IKURA Michio)

ウチクル!?第74話「スズキ スイフトスポーツ(ZC32S)がこんなに可愛いわけがない!?」クルマ …

スズキ スイフトスポーツ(ZC32S/2011年12月13日発売) 満を持して2代目にフルモデルチェンジされたスイフトスポーツは、先代のイメージを …

ウチクル!?第74話「スズキ スイフトスポーツ(ZC32S)がこんなに可愛いわけがない!?」クルマ擬人化マンガ(Webモーターマガジン)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
クルマ擬人化マンガ「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」…略して「ウチクル!?」の第74話。2011年11月、標準モデルから1年以上を経過して登場したスイフトのフラグシップモデル「スイフトスポーツ(ZC32S)」が今回の主人公。漫画...(ヘッドライン)

【無料】サーキットをVR体験してストレス解消!スズキ純正(←海外)の『スマホアプリ』が臨場 …

スズキのグローバルサイト「SUZUKI MOTORCYCLE GLOBAL SALON」はご存知でしょうか?海外サイトですが、面白いコンテンツが目白押しで、 …

【無料】サーキットをVR体験してストレス解消!スズキ純正(←海外)の『スマホアプリ』が臨場感ありすぎっ!?【寝ても覚めてもスズキのバイク!/VR体験 サーキット 編】(webオートバイ) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
スズキのグローバルサイト「SUZUKI MOTORCYCLE GLOBAL SALON」はご存知でしょうか?海外サイトですが、面白いコンテンツが目白押しで、スマホアプリと3Dゴーグルがあれば大迫力のバーチャル・サーキット走行体験ができちゃい...

新型ジムニー オープンはハイブリッド!? 2013年登場のスズキ「X-LANDER(エックス …

スズキ「ジムニー」は、小さいながらも本格的な悪路走破性を備え、日本のみならず世界中の道なき道で活躍する四輪駆動車だ。 [続きを読む]. 関連記事.

新型ジムニー オープンはハイブリッド!? 2013年登場のスズキ「X-LANDER(エックス・ランダー)」のデザインは今でもアリ!(MOTA)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
2018年にフルモデルチェンジした現行型ジムニーだが、そこからさかのぼること5年前の2013年に、次世代ジムニーを提案するコンセプトカーが登場していた。結果として新型ジムニーとは全く異なる未来的なデザインだったが、今あらためて振り返るとこれ...(ヘッドライン)

ウチクル!?第74話「スズキ スイフトスポーツ(ZC32S)がこんなに可愛いわけがない!?」クルマ …

第74話「スズキ スイフトスポーツ(ZC32S)がこんなに可愛いわけがない!?」クルマ擬人化マンガ. 2021/05/12 12:00 Webモーターマガジン. 1/6.

ウチクル!?第74話「スズキ スイフトスポーツ(ZC32S)がこんなに可愛いわけがない!?」クルマ擬人化マンガ(Webモーターマガジン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
クルマ擬人化マンガ「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」…略して「ウチクル!?」の第74話。2011年11月、標準モデルから1年以上を経過して登場したスイフトのフラグシップモデル「スイフトスポーツ(ZC32S)」が今回の主人公。漫画...

【無料】サーキットをVR体験してストレス解消!スズキ純正(←海外)の『スマホアプリ』が臨場 …

スズキのグローバルサイト「SUZUKI MOTORCYCLE GLOBAL SALON」はご存知でしょうか?海外サイトですが、面白いコンテンツが目白押しで、 …

【無料】サーキットをVR体験してストレス解消!スズキ純正(←海外)の『スマホアプリ』が臨場感ありすぎっ!?【寝ても覚めてもスズキのバイク!/VR体験 サーキット 編】 - スズキのバイク!- 新車情報や最新ニュースをお届けします
スズキのグローバルサイト「SUZUKI MOTORCYCLE GLOBAL SALON」はご存知でしょうか?海外サイトですが、面白いコンテンツが目白押しで、スマホアプリと3Dゴーグルがあれば大迫力のバーチャル・サーキット走行体験ができちゃいます!

高揚感のある加速を実現! スズキからストリートバイク新型「GSX-S1000」が登場 | MonoMax …

スズキは、ストリートバイク「GSX-S1000」を全面改良。2021年6月より欧州をはじめ世界各国で順次販売を開始します。

高揚感のある加速を実現! スズキからストリートバイク新型「GSX-S1000」が登場 | MonoMax(モノマックス)/宝島社の雑誌MonoMaxの公式サイト
スズキは、ストリートバイク「GSX-S1000」を全面改良。2021年6月より欧州をはじめ世界各国で順次販売を開始します。
タイトルとURLをコピーしました