増益のトヨタに二つの追い風、加速する脱炭素の独自戦略

増益のトヨタに二つの追い風、加速する脱炭素の独自戦略

トヨタ自動車が、収益力の高さをみせた。12日発表した2021年3月期決算は、売上高が前年比8・9%減った一方、純利益は10・3%増加。新型コロナ …

増益のトヨタに二つの追い風、加速する脱炭素の独自戦略:朝日新聞デジタル
 トヨタ自動車が、収益力の高さをみせた。12日発表した2021年3月期決算は、売上高が前年比8・9%減った一方、純利益は10・3%増加。新型コロナで一時は世界中の工場が止まり販売も激減したが、そこから…

トヨタは未来のハイテク巨人か

EV戦略ではGMやVWほどの派手さはないが、技術では先を行く面も. トヨタの「RAV4」プラグイン・ハイブリッド.

トヨタは未来のハイテク巨人か
 トヨタの自己改造が重要な幾つかの点で他に抜きんでているという現実に、投資家は気づかされることになるかもしれない。

トヨタ純利益2.2兆円 コロナ禍でも米中で急回復

トヨタ自動車が12日発表した、3月までの1年間の決算となる2021年3月期決算(国際会計基準)は、売上高が前年比8・9%減の27兆2145億円、最終 …

トヨタ純利益2.2兆円 コロナ禍でも米中で急回復:朝日新聞デジタル
 トヨタ自動車が12日発表した、3月までの1年間の決算となる2021年3月期決算(国際会計基準)は、売上高が前年比8・9%減の27兆2145億円、最終的なもうけを示す純利益は10・3%増の2兆2452…

ホットストック:トヨタが下げ渋る、まとまったロットの売り消化 実需買いも

東京 13日 ロイター] – トヨタが下げ渋る展開。前日は好決算を手掛かりに逆行高となったのに対し、今日は全体の地合い悪化に抗し切れず下押した …

トヨタが下げ渋る、まとまったロットの売り消化 実需買いも
トヨタが下げ渋る展開。前日は好決算を手掛かりに逆行高となったのに対し、今日は全体の地合い悪化に抗し切れず下押したものの、板状況をみると、まとまったロットの売りが消化されている。実需筋とみられる買いが断続的に入ることで底堅さが増している。

五輪開催めぐり高まる不満、スポンサーのトヨタが「心痛める」

東京オリンピック・パラリンピックの主要スポンサーであるトヨタが国民の高まる不安に懸念を示した/PHILIP FONG/AFP/AFP via Getty Images.

五輪開催めぐり高まる不満、スポンサーのトヨタが「心痛める」
東京オリンピック・パラリンピックの開催をめぐって国民の不満が選手に向けられていることについて、トップスポンサーのトヨタ自動車役員が「心を痛めている」と発言した。

【新しい未来が見える】トヨタ・ミライへ英国試乗 一新しつつ安価に 航続距離643km

水素を燃料に電気モーターで走るトヨタ製のサルーン、ミライ。手頃な英国価格で、市場を拡大する可能性はあると英国編集部は評価します。

【新しい未来が見える】トヨタ・ミライへ英国試乗 一新しつつ安価に 航続距離643km | AUTOCAR JAPAN
水素を燃料に電気モーターで走るトヨタ製のサルーン、ミライ。手頃な英国価格で、市場を拡大する可能性はあると英国編集部は評価します。

斬新デザインのトヨタ新型「bZ4X」と違いは何? スバル新型「ソルテラ」に求める「らしさ」とは …

スバルとトヨタは、以前から共同でEVの開発を進めていますが、2021年4月19日に開催された上海モーターショーでは、トヨタが電動車のフルライン …

斬新デザインのトヨタ新型「bZ4X」と違いは何? スバル新型「ソルテラ」に求める「らしさ」とはどんなもの?(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 昨今、世界中の自動車メーカーが電気自動車(EV)を発表するなかで、スバルは開発を進めるSUVタイプの新型EVの名称を「SOLTERRA(ソルテラ)」に決定したことを発表しました。

トヨタ、30年にEV・FCV販売200万台目標…「トップランナーであり続ける」

トヨタ自動車は12日、2030年に、走行時に二酸化炭素を排出しない電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)の新車を、計200万台販売 …

トヨタ、30年にEV・FCV販売200万台目標…「トップランナーであり続ける」 : 経済 : ニュース
トヨタ自動車は12日、2030年に、走行時に二酸化炭素を排出しない電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)の新車を、計200万台販売する目標を示した。ハイブリッド車(HV)を含む電動車全体の目標販売台数は、800万台と

トヨタの3月販売台数6.4%増が日産17.4%増よりも「価値ある実績増」なワケ

トヨタ、ホンダ、日産、スズキは前年実績を超えた一方で、マツダは唯一、前年実績に届かなかった。しかし、「マツダが不調」と断定するのは早計だ …

トヨタの3月販売台数6.4%増が日産17.4%増よりも「価値ある実績増」なワケ
コロナ禍から企業が復活するのは一体、いつになるのだろうか。上場100社超、30業界を上回る月次業績データをつぶさに見ると、企業の再起力において明暗がはっきりと分かれている。前年同期と比べた月次業績データの推移から、6つの天気図で各社がいま置かれた状況を明らかにする。今回は、2021年3月度の自動車編だ。

【異変】新車の国内販売 トップ3にスズキ/ダイハツ 理由はトヨタの「すき間」

1位のトヨタは昔から変わらないが、2位のスズキ、3位のダイハツは新しい動向だ。 両社とも軽自動車を中心に扱うメーカーだから、軽自動車販売比率 …

【異変】新車の国内販売 トップ3にスズキ/ダイハツ 理由はトヨタの「すき間」(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎) editor:Taro Ueno(上野太朗)

「心痛む」と五輪スポンサーのトヨタ幹部、選手に出場辞退求める声 | bizble(ビズブル)

[東京12日ロイター]-東京五輪・パラリンピックの最上位スポンサーの1社であるトヨタ自動車の幹部は12日、国民から選手個人に出場辞退などを …

https://bizble.asahi.com/articles/2021051200086.html
タイトルとURLをコピーしました