マツダ 丸本社長「言い訳なく利益出せる体質へ変革を」…今期営業利益は7.4倍増の 650億円を予想

マツダ 丸本社長「言い訳なく利益出せる体質へ変革を」…今期営業利益は7.4倍増の650億円を予想

マツダは5月14日、2021年3月期の連結決算をメディアとの電話会議によって発表した。コロナ禍で期中時点では赤字予想だったものの、営業利益は …

マツダ 丸本社長「言い訳なく利益出せる体質へ変革を」…今期営業利益は7.4倍増の650億円を予想 | レスポンス(Response.jp)
マツダは5月14日、2021年3月期の連結決算をメディアとの電話会議によって発表した。コロナ禍で期中時点では赤字予想だったものの、営業利益は前期比79.8%減の88億円と、黒字を確保した。減益は3期連続。

マツダCX-30用の【スリット入り】ブレーキローターが登場

ディスク面に施されたスポーティな6本のスリットが特徴のオートエクゼの「ストリートブレーキローター」。 マツダのディーラーオプションパーツを …

マツダCX-30用の【スリット入り】ブレーキローターが登場(Webモーターマガジン) - Yahoo!ニュース
マツダのディーラーオプションパーツを手がける「オートエクゼ」から、マツダ CX-30用の「ストリートブレーキローター」が登場した。

マツダ、2021年3月期決算説明会 営業利益は前年比80%減も88億円の黒字確保

マツダは5月14日、2021年3月期(2020年4月1日~2021年3月31日)の決算を発表。同日、通期決算説明会が電話会議(コンファレンス・コール)に …

マツダ、2021年3月期決算説明会 営業利益は前年比80%減も88億円の黒字確保
 マツダは5月14日、2021年3月期(2020年4月1日~2021年3月31日)の決算を発表。同日、通期決算説明会が電話会議(コンファレンス・コール)にて実施された。会議には代表取締役 社長兼CEOの丸本明氏、常務取締役員の藤本哲也氏と工藤秀俊氏の3名が出席した。

ホンダとマツダが決算 主力市場回復で明暗

自動車メーカーのホンダとマツダが14日、2020年度の決算を発表しました。ホンダの営業利益は前年比4.2%増の6602億円、マツダの …

ホンダとマツダが決算 主力市場回復で明暗|日テレNEWS24
自動車メーカーのホンダとマツダが14日、2020年度の決算を発表しました。ホンダの営業利益は前年比4.2%増の6602億円、マツダの営業利益は前年比79.8%減の88億円。主力市場の販売回復ができたかどうかで業績に明暗が分かれました。

マツダ、代表取締役会長の小飼雅道氏が退任 新たな役員人事内定

マツダは5月14日、同日開催の取締役会において、2021年6月24日開催予定の第155回定時株主総会および株主総会直後の取締役会終了後の役員人事を …

マツダ、代表取締役会長の小飼雅道氏が退任 新たな役員人事内定
 マツダは5月14日、同日開催の取締役会において、2021年6月24日開催予定の第155回定時株主総会および株主総会直後の取締役会終了後の役員人事を内定したと発表した。新たな役員体制で、同社代表取締役会長 小飼雅道氏の退任が明らかとなった。

マツダ、「足場固め」途上 業績は前期底打ち

マツダが本格的な成長に向けた「足場固め」とする期間が2022年3月期で終わる。高い利益率が見込める高性能の新車「ラージ商品」を来期投入する …

マツダ、「足場固め」途上 業績は前期底打ち
マツダが本格的な成長に向けた「足場固め」とする期間が2022年3月期で終わる。高い利益率が見込める高性能の新車「ラージ商品」を来期投入するのを皮切りに、中期経営計画の着地とする26年3月期には販売台数180万台(今期予想比3割増)、営業利益率5%以上(同3.1ポイント上昇)を目指す。一方、成長のカギを握る米国や中国市場...

マツダ、営業益88億円を確保—中国や米国での販売回復 2021年3月期決算

マツダは5月14日、2021年3月期(2020年4月~2021年3月)の連結決算を発表。下期での業績回復により、赤字となっていた営業損益/経常損益は黒字 …

マツダ、営業益88億円を確保---中国や米国での販売回復 2021年3月期決算 | レスポンス(Response.jp)
マツダは5月14日、2021年3月期(2020年4月~2021年3月)の連結決算を発表。下期での業績回復により、赤字となっていた営業損益/経常損益は黒字に転換した。

BRIEF-マツダ常務:半導体不足による影響は今期10万台の前提だが、7万台に抑える計画

マツダ常務:今期の世界販売計画は半導体不足による生産影響を反映済み. * マツダ常務:原材料価格高騰で今期営業利益には前年に比べ約600億円の …

BRIEF-マツダ常務:半導体不足による影響は今期10万台の前提だが、7万台に抑える計画
* マツダ常務:半導体不足による影響は今期10万台の前提だが、7万台に抑える計画 * マツダ常務:今期の世界販売計画は半導体不足による生産影響を反映済み * マツダ常務:原材料価格高騰で今期営業利益には前年に比べ約600億円の影響出ると想定

豊田合成、芦森工業に14%弱出資 マツダ・スズキに販売

芦森工業はマツダやスズキといった自動車メーカーと取引があり、新たな販路拡大にもつなげたい考え。 主力のエアバッグについては、工場の相互 …

豊田合成、芦森工業に14%弱出資 マツダ・スズキに販売
豊田合成は14日、自動車用のエアバッグやシートベルトを生産する芦森工業と資本業務提携すると発表した。芦森工業の発行済み株式数の14%弱に当たる83万4千株を取得する。取得金額は約8億5千万円。安全分野での自動車部品の一体開発と販路拡大を目指す。豊田合成は主にトヨタ自動車向けにエアバッグを開発して

小飼マツダ会長が退任

マツダは14日、小飼雅道会長が6月24日の株主総会後に退任し、後任に菖蒲田清孝専務が就任する人事を発表した。小飼氏は相談役に退く。

小飼マツダ会長が退任:時事ドットコム
マツダは14日、小飼雅道会長が6月24日の株主総会後に退任し、後任に菖蒲田清孝専務が就任する人事を発表した。小飼氏は相談役に退く。
タイトルとURLをコピーしました