フェラーリ、既に来季マシン開発に“90%から95%”移行済み。今季の3位争いより 将来の躍進を優先

フェラーリ、既に来季マシン開発に“90%から95%”移行済み。今季の3位争いより将来の躍進を優先

フェラーリのF1スポーティングディレクターであるローレン・メキーズは、チームが2022年マシンの開発に「90%から95%移行した」と語って …

フェラーリ、既に来季マシン開発に“90%から95%”移行済み。マクラーレンとの3位争いよりも将来の躍進を優先
フェラーリのF1スポーティングディレクターであるローレン・メキーズは、チームが2022年マシンの開発に「90%から95%移行した」と語っており、今季マクラーレンを倒すために来季向けの開発を妥協することはないと語った。

ランボが目指したのはフェラーリではなくロールスだった!? 「エスパーダ」再評価【THE CAR】

彼の野望は、フェラーリを超える高級かつ豪華なGT=グランツーリズモメーカーになること、であった。いわばそれは、イタリア版ベントレーで …

ランボが目指したのはフェラーリではなくロールスだった!? 「エスパーダ」再評価【THE CAR】(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
Writer:西川淳 Photographer:神村聖  フェルッチオは、成功したビジネスマンであり、才能あるエンジニアであり、そして熱心なカーガイであった。彼がマラネッロへの対抗心も露にスポーツ

ランボが目指したのはフェラーリではなくロールスだった!? 「エスパーダ」再評価【THE CAR】

2シーターのスーパーカーで名高いランボルギーニだが、創始者フェルッチオが本来目指したのは、フェラーリを超える高級かつ豪華なGTだった。その …

ランボが目指したのはフェラーリではなくロールスだった!? 「エスパーダ」再評価【THE CAR】 | VAGUE | ヴァーグ
2シーターのスーパーカーで名高いランボルギーニだが、創始者フェルッチオが本来目指したのは、フェラーリを超える高級かつ豪華なGTだった。そのフェルッチオの夢を形にしたのが、「エスパーダ」だったのかもしれない。

C・ロナウドがフェラーリで爆走 F1ドライバーと競演に海外注目「子供のように楽しんだ」

フェラーリ本社訪問時の動画が公開、ロナウドが運転席に座りサーキットに出る姿も… ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、 …

C・ロナウドがフェラーリで爆走 F1ドライバーと競演に海外注目「子供のように楽しんだ」

日本限定フェラーリが3億!? 1億の限定GT-Rも! 一度は観てみたい“億”超えスーパーカー3選

フェラーリ J50は、日本の顧客向けにフェラーリのデザインスタジオがいちから専用にデザインした、何から何まで完全に日本専用のモデルなのだ。

日本限定フェラーリが3億!? 1億の限定GT-Rも! 一度は観てみたい“億”超えスーパーカー3選|フォトギャラリー【MOTA】
日本では200万円も出せば、大人4人がしっかり乗れて実用的な軽自動車やコンパクトカーが手に入る。それはそれで素晴らしいことだが、いっぽうで3億円以上する日本限定の特別なフェラーリや、日本が誇るGT-Rの1億円の限定車など、夢のまた夢のような価格のスーパーカーも存在している。その違いは一体どこにあるのだろう! ステイホー...

ライバルは「ミウラ」! フェラーリ「デイトナ」のオープンモデルは3億円!?

フェラーリ不遇の時代に誕生した「デイトナ」 現在のフェラーリの経営状況を見る限り、フェラーリの歴史は常に順風満帆なものであったようにも …

ライバルは「ミウラ」! フェラーリ「デイトナ」のオープンモデルは3億円!?(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■フェラーリ不遇の時代に誕生した「デイトナ」 現在のフェラーリの経営状況を見る限り、フェラーリの歴史は常に順風満帆なものであったようにも思えるが、実は彼らにも不遇の時代があった。 それは一般的に想像される1970年代の石油危機を理由としたも...

【F1第4戦無線レビュー(1)】「どうしてリカルドのラップタイムを言うの?」噛み合わなかった …

上位を走るフェラーリでは戦略を巡ってチームとドライバーのやり取りがうまく … フェラーリ:リカルドは24秒5だルクレール:どうしてリカルドの …

【F1第4戦無線レビュー(1)】「どうしてリカルドのラップタイムを言うの?」噛み合わなかったルクレールとエンジニア(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 2021年F1第4戦スペインGPの決勝。バルセロナ-カタロニア・サーキットはタイヤに厳しいコースであり、序盤から各車タイヤに苦しんでいた。上位を走るフェラーリでは戦略を巡ってチームとドライバーのや

【燦然と輝くフラッグシップ】アルファ・ロメオ・ジュリアGTAmへ試乗 500台限定 前編

… ゴードン・マレー, アルヴィス, フェラーリ, フィアット, アバルト, マセラティ, ランチア, アルファ・ロメオ, ランボルギーニ, ピレリ, MOMO, ルノー …

【燦然と輝くフラッグシップ】アルファ・ロメオ・ジュリアGTAmへ試乗 500台限定 前編 | AUTOCAR JAPAN
アルファ・ロメオというブランドと、GTAという肩書の見事な復活だと絶賛する英国編集部。スポーツサルーンとして白眉の仕上がりなようです。
タイトルとURLをコピーしました