「アテンザ」の名を捨てたマツダの旗艦 MAZDA6はどこに向かうのか

「アテンザ」の名を捨てたマツダの旗艦 MAZDA6はどこに向かうのか

マツダのフラッグシップ(旗艦)モデルといえば、MAZDA(マツダ)6が挙げられる。マツダブランド伝統のセダン「カペラ」が2002年に「 …

「アテンザ」の名を捨てたマツダの旗艦 MAZDA6はどこに向かうのか - 自動車情報誌「ベストカー」
マツダのフラッグシップモデルであるMAZDA6。マツダ6はすでに次期型の開発と発売が予告されているが、国産セダン超逆風の中で勝算はあるのか。現行マツダ6のポジションはどこなのか...マツダを愛するがゆえに厳しい指摘をしてきたジャーナリストに伺った。

マツダ快勝の流れを変えたコーション。燃費モードで追いつくのは「不可能だった」とジャービス

マツダ・モータースポーツでハリー・ティンクネルとともにIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権を戦うオリバー・ジャービスは、5月16日に行 …

マツダ快勝の流れを変えたコーション。燃費モードで追いつくのは「不可能だった」とジャービス | ル・マン/WEC | autosport web
 マツダ・モータースポーツでハリー・ティンクネルとともにIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権を戦うオリバー・ジャービスは、5月16日に行われた第3戦ミド・オハイオの決勝レースがグリーンのまま進み"燃料節約コンテスト"にならなければ55号車マツダRT24-Pが「間違いなく」勝利を手にしていただろう、と考えている。

マツダにも「タイプR」があった! 実はパンチの効いた名車「ランティス」の功績 (1/2ページ)

他メーカーとは違うバブル期の独自路線. マツダと言えば、今でこそプレミアムなブランドとして名を馳せている、というか、実際のクルマを見て …

マツダにも「タイプR」があった! 実はパンチの効いた名車「ランティス」の功績
バブル崩壊後の1993年に誕生した「マツダ・ランティス」。4ドアクーペという個性的スタイルと2L V6エンジンを搭載したパワーユニット。スポーツカーとしての性能を十分備えていたにも関わらず、支持率はイマイチだった。生まれる時代が早過ぎたのか、個性が強すぎたのか。ランティスの功績を今一度振り返る

山口・YOODSのロボット用3Dカメラ マツダが工場採用

画像処理システムのYOODS(ユーズ、山口市)が開発した産業用ロボット向け3次元計測(3D)カメラがマツダのエンジン工場で採用された。産業用 …

山口・YOODSのロボット用3Dカメラ マツダが工場採用
画像処理システムのYOODS(ユーズ、山口市)が開発した産業用ロボット向け3次元計測(3D)カメラがマツダのエンジン工場で採用された。産業用ロボットに、目に相当するカメラ(視覚センサー)を取り付け、状況に応じた動きをさせる試みは広がりつつあるが、実際の生産ラインへの導入はあまり進んでいない。ユーズの原田寛社長はこれを契...

ロードスター・パーティレースⅢ 西日本 NDシリーズ Rd.1

原山に加えてマツダで専務執行役員を務める130号車・廣瀬一郎も欠場したため、23台がタイムアタックに出撃した。事実上のアタック1周目にまず最 …

ロードスター・パーティレースⅢ 西日本 NDシリーズ Rd.1 | レポート | マツダグラスルーツカテゴリー | ブリヂストンモータースポーツ
ブリヂストンがタイヤ供給するマツダグラスルーツカテゴリーレポート「ロードスター・パーティレースⅢ 西日本 NDシリーズ Rd.1」

【試乗レポート マツダ 改良新型CX-8 】マイナーチェンジで装備充実、高級感も大幅アップ

フラッグシップとして磨き上げようというマツダの意気込みがヒシヒシと伝わってくる。 そして「エクスクルーシブモード」の2列目は、単に広いだけ …

【試乗レポート マツダ 改良新型CX-8 】マイナーチェンジで装備充実、高級感も大幅アップ
【試乗レポート マツダ 改良新型CX-8 】マイナーチェンジで装備充実、高級感も大幅アップ グーマガジンは中古車情報など車業界の情報が盛りだくさん!

マツダがEV比率25%引き上げの正念場

マツダは14日、 2030年に生産する車両に占めるEV(電気自動車)の比率を25%程度に引き上げると明らかにしました。マツダといえばこれ …

マツダがEV比率25%引き上げの正念場
マツダは14日、 2030年に生産する車両に占めるEV(電気自動車)の比率を25%程度に引き上げると明らかにしました。マツダといえばこれまで、かたくななまでに理想の内燃機関を追求しつづけてきたことで知られます。脱炭素化に向けた取り組みが強く求められるなか、マツ

ADR主要銘柄(日本)-みずほ、住友鉱山が上昇、INPEX、マツダが下落

ADR主要銘柄(日本)-みずほ、住友鉱山が上昇、INPEX、マツダが下落. トレーダーズ・ウェブ – 5/19 07:15. ツイート · LINEで送る. 5月18日 …

ADR主要銘柄(日本)-みずほ、住友鉱山が上昇、INPEX、マツダが下落 - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス
ADR主要銘柄(日本)-みずほ、住友鉱山が上昇、INPEX、マツダが下落...

マツダが敵地でポールから快走も終盤に失速。WTRアキュラが2勝目飾る/IMSA第3戦

マツダが敵地でポールから快走も終盤に失速。WTRアキュラが2勝目飾る/IMSA第3戦. 2021/05/18 20:56 AUTOSPORT web. 1/1. PrevNext.

マツダが敵地でポールから快走も終盤に失速。WTRアキュラが2勝目飾る/IMSA第3戦(AUTOSPORT web)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
 5月16日、アメリカ・オハイオ州のミド・オハイオ・スポーツカーコースでIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第3戦の決勝レースが行われ、ウェイン・テイラー・レーシング(WTR)の10号車アキュラARX-05(リッキー・テイラー/フィリ...(ヘッドライン)

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入 …

ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。 ざっくりまとめ. -「モデルベース開発」をいち早く導入できたのは、マツダが「貧乏」だっ …

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは? (2021年5月18日) - エキサイトニュース
100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェ...
タイトルとURLをコピーしました