新型トヨタ・タンドラまもなく登場!

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

新型トヨタ・タンドラまもなく登場!

トヨタ・タンドラは、日本未導入のフルサイズピックアップトラックだ。フルサイズSUVの「セコイア」とプラットフォームを共有する。 今回公開 …

新型トヨタ・タンドラまもなく登場!
5月18日、トヨタは、新型「タンドラ」の一部情報を発表した。

トヨタ自動車 半導体不足で国内2工場で最大8日間生産停止

トヨタ自動車は、新型コロナの影響で世界的に半導体が不足していることから、来月に国内の2つの工場を最大で8日間停止すると発表しました。

「404エラー」TBS NEWS 動画ニュースサイト
TBSの動画ニュースサイトTBS NEWSです。

ZFとモービルアイ、トヨタに初めて先進運転支援システムを供給

ZFとインテル傘下のモービルアイは5月18日、今後数年にわたり、トヨタの複数の車両向けに先進運転支援システム(ADAS)を開発すると発表した。

ZFとモービルアイ、トヨタに初めて先進運転支援システムを供給 | レスポンス(Response.jp)
ZFとインテル傘下のモービルアイは5月18日、今後数年にわたり、トヨタの複数の車両向けに先進運転支援システム(ADAS)を開発すると発表した。

トヨタが上場来高値、6年2カ月ぶり更新 業績期待強く

為替相場が円安に傾いたことも好感され、午後にかけて上昇幅を広げ3営業日続けての上昇となった。 終値は171円(2%)高の8819円。トヨタは22年3 …

トヨタが上場来高値、6年2カ月ぶり更新 業績期待強く
18日の東京株式市場でトヨタ自動車株が前日終値に比べ221円(2.6%)高の8869円まで買われ、2015年3月以来、約6年2カ月ぶりに上場来高値を更新した。2022年3月期の業績の伸びを期待した幅広い投資家の買いが入った。為替相場が円安に傾いたことも好感され、午後にかけて上昇幅を広げ3営業日続けての上昇となった。終値...

巨人トヨタがなぜ「中国メーカー」と組む? EV新シリーズ「bZ」に「BYD」が名を連ねるワケ

トヨタがついにEVに本気になった!? 2021年4月に行われた上海モーターショーで、自動車メーカー各社が新型EVを披露するなか、トヨタはスバルと …

巨人トヨタがなぜ「中国メーカー」と組む? EV新シリーズ「bZ」に「BYD」が名を連ねるワケ
トヨタが発表した電気自動車「bZ」シリーズ。トヨタ単独の開発ではなく、ダイハツやスバル、スズキとの共同でプロジェクトが進められる。そして、そのなかには中国の自動車メーカー「BYD」の存在も。過去に共同開発するという声明はあったが、なぜ中国企業とタッグを組むのだろうか?

峠に行かなくたって楽しめる! 新型トヨタGRヤリスRZ試乗記

タイヤはダンロップ製。 © Hiromitsu Yasui. toyota GR YRAIS GRヤリス ガズー・レーシング GAZOO ヴィッツ トヨタ自動車 WRC ホットハッチ.

峠に行かなくたって楽しめる!──新型トヨタGRヤリスRZ試乗記
トヨタの新しいホットハッチ「GRヤリス」は都会ではどうか? 小川フミオがリポートする。

トヨタ新型「クラウンヴェルファイア」大反響! クラウン名なぜ中国で急拡大? トヨタは高級 …

トヨタが誇る高級セダンとなる「クラウン」ですが、2021年4月に開催された上海モーターショー2021では、一汽トヨタからSUVの「クラウン …

トヨタ新型「クラウンヴェルファイア」大反響! クラウン名なぜ中国で急拡大? トヨタは高級ブランド化を狙うのか
2021年4月に開催された上海モーターショーで「クラウン」の名前が冠されたSUVとミニバンが登場しました。これまでの高級セダンというイメージとは大きく異なるクルマですが、クラウンを展開するトヨタは今後どのような展望を見据えているのでしょうか。

トヨタ社長がパナソニックに激怒した当然の理由、「問題2事業」押し付けの末路

豊田家肝いりのスマートシティーに距離を置くパナソニックの現実主義. 「豊田章男社長が怒るのも無理はない。トヨタ自動車は真面目にスマート …

トヨタ社長がパナソニックに激怒した当然の理由、「問題2事業」押し付けの末路
パナソニックとトヨタ自動車が住宅・電池事業の統合で夢見た「将来構想」が画餅になりつつある。とりわけ深刻なのが住宅だ。問題事業を押し付けられた豊田章男・トヨタ社長がパナソニックに激怒しているとされ、両社間の火種になりかねない事態に発展している。住宅事業を巡り繰り広げられる冷戦の実態に迫った。

18日の日経平均は急反発、トヨタは上場来高値

米株価指数先物がプラス圏で推移したことも買い安心感につながった。トヨタ自動車は上場来高値を更新した。

18日の日経平均は急反発、トヨタは上場来高値
東京株式市場で、日経平均は急反発。前日の米株は反落となったものの、日経平均は前日の大幅安の反動もあって朝方から幅広く買い戻しが活発化した。米株価指数先物がプラス圏で推移したことも買い安心感につながった。トヨタ自動車は上場来高値を更新した。

点検・トヨタ決算(中)グループ70社で400億円増

トヨタ自動車の2021年3月期連結決算(国際会計基準)は前の期と比べ営業減益ながら、純利益は10%の増益を確保した。要因の一つが「持ち分法 …

点検・トヨタ決算(中)グループ70社で400億円増
トヨタ自動車の2021年3月期連結決算(国際会計基準)は前の期と比べ営業減益ながら、純利益は10%の増益を確保した。要因の一つが「持ち分法適用会社」と呼ばれるグループ会社の業績の伸びだ。グループ外の取引や独自の事業も堅調で、トヨタの業績を押し上げた。連結決算では一般的に出資比率が50%を超す子会社は、売上高や営業損益を...
タイトルとURLをコピーしました