モナコGP、ホンダエンジン搭載車が29年ぶり優勝

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

モナコGP、ホンダエンジン搭載車が29年ぶり優勝

エンジンを中心とするパワーユニット供給元としてのF1活動を今季で終えるホンダはモナコ通算7勝目を挙げた。 ポールポジション(PP)の …

ページが見つかりませんでした : 読売新聞オンライン

2代目もヒット確実!ホンダ「ヴェゼル」はデザイン、使い勝手、装備がすべて良し

ホンダの大ヒットモデル「ヴェゼル」が2代目へと進化した。流行りのコンパクトSUVであることに加え、広く使い勝手のいい車内&荷室が好評を博 …

2代目もヒット確実!ホンダ「ヴェゼル」はデザイン、使い勝手、装備がすべて良し | &GP
ホンダの大ヒットSUV「ヴェゼル」が2世代目へと進化。広く使い勝手のいい車内&荷室が好評を博した初代の美点はそのままに、新型はハイセンスなデザインと充実の先進装備をプラスし、魅力に磨きを掛けている。そんな新型ヴェゼルの魅力をご紹介しよう。

フェルスタッペンがモナコ初制覇。ホンダとしては1992年セナ以来のモナコ優勝【順位結果】F1第 …

2021年F1第5戦モナコGPの決勝が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがモナコ初優勝を飾り、ホンダエンジンとしては1992 …

【順位結果】F1第5戦モナコGP決勝 | F1 | autosport web
 2021年F1第5戦モナコGPの決勝が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがモナコ初優勝を飾り、ホンダエンジンとしては1992年アイルトン・セナ以来のモナコ制覇となった。チームメイトのセルジオ・ペレスは4位、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6位、角田裕毅は16位完走を果たしている。 ■2...

「電動化100%」宣言のホンダ新社長は、失われた“らしさ”を取り戻せるか

ホンダが4月1日付で社長を交代した。新社長に就いた三部敏宏氏は、就任会見で「電動化100%」「死亡事故ゼロ」などの壮大な目標を発表。

「電動化100%」宣言のホンダ新社長は、失われた“らしさ”を取り戻せるか
ホンダが4月1日付で社長を交代した。新社長に就いた三部敏宏氏は、就任会見で「電動化100%」などの壮大な目標を発表。夢のあるビジョンをぶち上げる姿は、米テスラのイーロン・マスクCEOを彷彿(ほうふつ)とさせた。だが現在のホンダには、官僚的な縦割り体制などの課題が山積だ。三部新社長はこれらを解消し、“ホンダ神話”と称され...

ホンダF1、フロントロウ確保も「ポールの可能性を赤旗に阻まれ、フラストレーションが溜まる …

2021年F1モナコGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、セルジオ・ペレスは9番手だった。スクーデリア・ …

ホンダF1、フロントロウ確保も「ポールの可能性を赤旗に阻まれ、フラストレーションが溜まる結果」と田辺TD/第5戦予選 | F1 | autosport web
 2021年F1モナコGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、セルジオ・ペレスは9番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6番手、角田裕毅は16番手という結果だった。

ホンダがF1モナコGP制覇 1992年セナ以来7回目

自動車のF1シリーズ第5戦、モナコ・グランプリ(GP)は23日、モンテカルロ市街地コースで決勝が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・ …

ホンダがF1モナコGP制覇 1992年セナ以来7回目:朝日新聞デジタル
 自動車のF1シリーズ第5戦、モナコ・グランプリ(GP)は23日、モンテカルロ市街地コースで決勝が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)がモナコ初優勝を遂げた。3戦ぶりの今…

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ソニーとホンダが買い優勢

東京 24日 ロイター] – <08:45> 寄り前の板状況、ソニーとホンダが買い優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、ソニーグループ …

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ソニーとホンダが買い優勢
<08:45> 寄り前の板状況、ソニーとホンダが買い優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、ソニーグループ 、ホンダ が買い優勢、ト ヨタ自動車 、キヤノン 、東京エレクトロン 、ソフトバンクグループ が売 り買い拮抗。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック は買い優勢。 メガバンクでは、三菱UF...

ホンダF1:2021年 第5戦 F1モナコGP 予選レポート

F1モナコGPの予選では、ホンダF1パワーユニット勢3台がQ3進出を果たした一方、赤旗中断により終了となり、マックス・フェルスタッペンがポール …

ホンダF1:2021年 第5戦 F1モナコGP 予選レポート
F1モナコGPの予選では、ホンダF1パワーユニット勢3台がQ3進出を果たした一方、赤旗中断により終了となり、マックス・フェルスタッペンがポールポジション獲得のチャンスを逃すなど、やや不満の残る幕切れとなった。Q1では、多くのドライバーがコース上に留まって連続周回を行ったことから、目まぐるしく順位が入れ替わる展開となった...

「ホンダレジェンド(自動運転レベル3)」世界初のレベル3は間違いなく偉大な一歩(岡崎五朗 …

しかしホンダから登場したホンダセンシングエリートはさらに上の自動運転レベル3を市販車として世界で初めて実現。果たして何が違うのか、+350万 …

【試乗記】「ホンダレジェンド(自動運転レベル3)」世界初のレベル3は間違いなく偉大な一歩(岡崎五朗レポート) | カルモマガジン
先進的な運転支援機能である自動運転レベル2はすでにテスラのPSD、日産のプロパイロット2.0、スバルのアイサイトXなどが採用しています。しかしホンダから登場したホンダセンシングエリートはさらに上の自動運転レベル3を市販車として世界で初めて実現。果たして何が違うのか、+350万円の価値はあるのか。岡崎五朗さんのレポートを...

トヨタの水素エンジン車が24時間耐久レース「完走」、ホンダはF1モナコGPで29年ぶり「優勝 …

きょうの朝日などが伝えているが、世界三大自動車レースの一つ、モナコGPでホンダ・エンジン搭載車の優勝は、マクラーレン・ホンダの …

トヨタの水素エンジン車が24時間耐久レース「完走」、ホンダはF1モナコGPで29年ぶり「優勝」[新聞ウォッチ] | レスポンス(Response.jp)
ウェブサイトはともかく、紙媒体にも自動車レース関連のニュースが取り上げられるのは珍しいが、富士スピードウェイで開かれた「24時間耐久レース」に、トヨタ自動車が開発中の水素エンジン車が初出場し、完走を果たしたという。
タイトルとURLをコピーしました