フェラーリ、F1モナコGPでのルクレール車のドライブシャフト故障は「予選のクラッ シュが原因 …

フェラーリ、F1モナコGPでのルクレール車のドライブシャフト故障は「予選のクラッシュが原因 …

フェラーリはこれを決勝スタートまでに修復できないと判断し、ルクレールの出走を断念することを決めた。 motorsport.comの調べによると、 …

フェラーリ、F1モナコGPでのルクレール車のドライブシャフト故障は「予選のクラッシュが原因」と断定
フェラーリは、F1モナコGPでシャルル・ルクレールのマシンのドライブシャフトが破損したことについて、予選でのクラッシュが原因であると考えているようだ。

【フェラーリ】ルクレールのギアボックスを交換していてもあのトラブルは発生していただろうと …

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットが、先週末に行われたF1モナコGP予選でクラッシュしたシャルル・ルクレールのF1マシン …

【フェラーリ】ルクレールのギアボックスを交換していてもあのトラブルは発生していただろうとチーム代表 - TopNews
TopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。

出来過ぎのフェラーリ!? 家族で楽しめてオープンにもなる!

昨年9月に発表された、フェラーリの2+2モデル「ポルトフィーノM」が日本 … もっとも低速域でフェラーリらしい“快音”を求めるのは遠い過去の話 …

出来過ぎのフェラーリ!? 家族で楽しめてオープンにもなる!(octane.jp) - Yahoo!ニュース
昨年9月に発表された、フェラーリの2+2モデル「ポルトフィーノM」が日本上陸を果たし、ついに試乗する機会を得た。語尾に記された“M”は、2017年秋にデビューしたポルトフィーノのマイナーチェンジ版と

フェラーリF1が18インチウエットタイヤテストを実施。メルセデスはクラッシュによる出費が響き …

… 今回のウエットタイヤテストは、元々はメルセデスが担当する予定だったが、同チームが参加を取りやめたため、代わってフェラーリが走行した。

フェラーリF1が18インチウエットタイヤテストを実施。メルセデスはクラッシュによる出費が響き参加を断念 | F1 | autosport web
 F1タイヤサプライヤーのピレリが、2021年6回目となる2022年用18インチF1タイヤ開発テストを開始した。フランスのポール・リカールでの今回のウエットタイヤテストは、元々はメルセデスが担当する予定だったが、同チームが参加を取りやめたため、代わってフェラーリが走行した。

ウイング監視強化の決定を受け、フェラーリF1はリヤウイングを再設計へ「ラップタイムへの影響 …

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、FIAがF1のフレキシブルウイングを取り締まる決定をしたことを受け、2021年型 …

ウイング監視強化の決定を受け、フェラーリF1はリヤウイングを再設計へ「ラップタイムへの影響はわずか」 | F1 | autosport web
 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、FIAがF1のフレキシブルウイングを取り締まる決定をしたことを受け、2021年型マシン『SF21』のリヤウイングを再設計する必要があると述べている。

グランプリのうわさ話:ルクレールの決勝レースを奪ったフェラーリに厳しい声

… 戦SUGOまとめ WRC第4戦ポルトガルまとめ. > F1ニュース記事一覧 > グランプリのうわさ話:ルクレールの決勝レースを奪ったフェラーリに厳しい …

グランプリのうわさ話:ルクレールの決勝レースを奪ったフェラーリに厳しい声 | F1 | autosport web
 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フェラーリ「ポルトフィーノM」を横浜で試乗! 歴代モデルとの大きな違いとは

フェラーリの2+2GTスパイダー「ポルトフィーノ」の改良版「ポルトフィーノM」に、スーパーカー大王の山崎元裕氏が試乗。横浜・みなとみらい …

フェラーリ「ポルトフィーノM」を横浜で試乗! 歴代モデルとの大きな違いとは | VAGUE | ヴァーグ
フェラーリの2+2GTスパイダー「ポルトフィーノ」の改良版「ポルトフィーノM」に、スーパーカー大王の山崎元裕氏が試乗。横浜・みなとみらいエリアでのファーストインプレッションをお届けしよう。

フェラーリF1、レース後にバルテリ・ボッタスのホイール取り外しに協力

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、フェラーリF1が、F1モナコGPでバルテリ・ボッタスがリタイアする原因となったマシンから …

フェラーリF1、レース後にバルテリ・ボッタスのホイール取り外しに協力 / F1モナコGP
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、フェラーリF1が、F1モナコGPでバルテリ・ボッタスがリタイアする原因となったマシンから外れなくなったホイールを取り外すのを手伝おうとしてくれたことを明かした。F1モナコGPでは、バルテリ・ボッタスのホイールをメルセデスのメカニックが外せないという奇妙な光景が見られた...

マセラティ・ギブリとクアトロポルテにトロフェオ登場 フェラーリ製造のV8を積むスポーツ・セダン

エンジンはフェラーリのマラネロ工場で製造される3.8リッターV8ツインターボで、最高出力は580ps/6250rpm、最大トルクは730Nm/2250-5250rpm …

マセラティ・ギブリとクアトロポルテにトロフェオ登場 フェラーリ製造のV8を積むスポーツ・セダン(ENGINE WEB) - Yahoo!ニュース
マセラティのハイパフォーマンス・グレードである「トロフェオ」がギブリとクアトロポルテに設定される。既存のレヴァンテ・トロフェオと合わせ、「トロフェオ・コレクション」を構成することになった。

フェラーリF1代表 「2022年の空力コンセプトは1か月以内に定義される」

フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットが、2022年F1マシンの開発における進捗状況を語った。 F1は、2022年に完全に新しい次 …

フェラーリF1代表 「2022年の空力コンセプトは1か月以内に定義される」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットが、2022年F1マシンの開発における進捗状況を語った。F1は、2022年に完全に新しい次世代F1マシンを導入する。フェラーリF1は、2022年をターゲットにしていることを明言しており、すでに“90%~95%”のリソースを新車の開発に振り分けていることを明らかにして...
タイトルとURLをコピーしました