【F1分析】ハミルトンがアンダーカットできず、オーバーカットを許したこれだけ の理由

【F1分析】ハミルトンがアンダーカットできず、オーバーカットを許したこれだけの理由

メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、先日行なわれたモナコGPで7位と大惨敗を喫した。抜きにくいモナコのコースで、前を行くマシンよりも前に …

【F1分析】ハミルトンがアンダーカットできず、オーバーカットを許したこれだけの理由
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1モナコGPでアンダーカット作戦を成功させることができず、逆にオーバーカットを許してしまったことで、7位に終わった。その原因をラップタイムの推移から紐解く。

メルセデスF1代表、予選で赤旗の原因を作ったドライバーの最速タイムを抹消する規則を支持

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ウォルフは、予選で赤旗の原因を作ったドライバーの最速ラップを抹消するルールをF1に採用することを …

メルセデスF1代表、予選で赤旗の原因を作ったドライバーの最速タイムを抹消する規則を支持 | F1 | autosport web
 メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ウォルフは、予選で赤旗の原因を作ったドライバーの最速ラップを抹消するルールをF1に採用することを支持しており、そうしたレギュレーションによってクラッシュが意図的であったか否かについての憶測を止めることができるだろうとしている。

【SNS特集】F1第5戦モナコGP:テニス女王とスパイダーマンも登場。角田&ガスリーのキャット …

青山ではホンダF1通算80勝をお祝いする素晴らしい展示。 今日の青山通りはいい天気です☼. マックス選手、優勝おめでとうございます また # …

【SNS特集】F1第5戦モナコGP:テニス女王とスパイダーマンも登場。角田&ガスリーのキャットウォーク | F1 | autosport web
 前戦スペインGP終了時点で今季最大の14ポイント差となっていたルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンだが、ポイントリーダー争いが一気に逆転。レッドブル・ホンダ&フェルスタッペンの優勝は、アイルトン・セナがナイジェル・マンセルの猛追をしのぎ切ったあの1992年以来、29年ぶりとなるホンダF1のモナコでの勝利だっ...

フェラーリF1が18インチウエットタイヤテストを実施。メルセデスはクラッシュによる出費が響き …

F1タイヤサプライヤーのピレリが、2021年6回目となる2022年用18インチF1タイヤ開発テストを開始した。フランスのポール・リカールでの今回の …

フェラーリF1が18インチウエットタイヤテストを実施。メルセデスはクラッシュによる出費が響き参加を断念 | F1 | autosport web
 F1タイヤサプライヤーのピレリが、2021年6回目となる2022年用18インチF1タイヤ開発テストを開始した。フランスのポール・リカールでの今回のウエットタイヤテストは、元々はメルセデスが担当する予定だったが、同チームが参加を取りやめたため、代わってフェラーリが走行した。

F1モナコGPの結果に「曲がるウイング」は関係なかったとメルセデスのボス

バクーで開催される今季のF1第6戦アゼルバイジャンGP(6月6日決勝)においてレッドブルの“曲がるウイング”に対して正式抗議する可能性を示唆し …

F1モナコGPの結果に「曲がるウイング」は関係なかったとメルセデスのボス - TopNews
TopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。

一転…フェラーリ、ルクレールのF1モナコでのDNSの原因は予選クラッシュ

予選から決勝までにチームが修復に掛けられる時間は限られていた。土曜の予選は現地16時に終了するが、F1にはパルクフェルメ・ルールがある。これ …

一転…フェラーリ、ルクレールのF1モナコでのDNSの原因は予選クラッシュ | F1ニュース速報/解説【Formula1-Data】
シャルル・ルクレールの母国モナコGPポール・トゥ・ウインの夢を阻んだ原因が、前日の予選で発生したクラッシュにあった事が分かった。フェラーリの調べによると左リアのホイールハブにクラックが確認された。

ウイング監視強化の決定を受け、フェラーリF1はリヤウイングを再設計へ「ラップタイムへの影響 …

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、FIAがF1のフレキシブルウイングを取り締まる決定をしたことを受け、2021年型 …

ウイング監視強化の決定を受け、フェラーリF1はリヤウイングを再設計へ「ラップタイムへの影響はわずか」 | F1 | autosport web
 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、FIAがF1のフレキシブルウイングを取り締まる決定をしたことを受け、2021年型マシン『SF21』のリヤウイングを再設計する必要があると述べている。

アルピーヌF1、オコンはメルセデスに返さない? 契約延長向け話し合いスタート

サクヒールGPでは表彰台も獲得し、2年目の今シーズンも新たにチームメイトとなった2度のF1王者であるフェルナンド・アロンソを上回るなど好結果を …

アルピーヌF1、エステバン・オコンはメルセデスに“返さない”? 契約延長向け話し合いスタート
アルピーヌF1は既に2021年以降のエステバン・オコンとの契約について話し合いを始めていることを明らかにした。

メルセデスF1 「アンダーカットしかハミルトンに勝算はなかった」

メルセデスF1は、F1モナコGPでルイス・ハミルトンにリスクを冒してアンダーカットを試みさせることしか勝算はなかったと考えている。 土曜日の …

メルセデスF1 「アンダーカットしかハミルトンに勝算はなかった」 / F1モナコGP 決勝
メルセデスF1は、F1モナコGPでルイス・ハミルトンにリスクを冒してアンダーカットを試みさせることしか勝算はなかったと考えている。土曜日の予選でルイス・ハミルトンが7番手に沈んだ後、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、戦略面でリクスを犯すことをいとわないと語っていた。

元FIA会長マックス・モズレーが死去。モータースポーツの安全性向上を通し、社会に多大な貢献

FIAの活動範囲を広げられたこと、F1の安全性を高められたこと、強い意志あっての大きなお仕事を成し遂げられた方ですね。 お悔み申し上げ …

元FIA会長マックス・モズレーが死去。モータースポーツの安全性向上を通し、社会に多大な貢献 | F1 | autosport web
 かつて国際自動車連盟FIAで会長を務めたマックス・モズレーが2021年5月に死去したことが発表された。81歳だった。 モズレーは1993年から2009年にFIA会長を務め、レースでの安全性向上だけでなく一般の交通安全にも大きく貢献したことで知られる。
タイトルとURLをコピーしました