ケーニグセグの1500馬力PHVスーパーカー、『レゲーラ』…ロズベルグがモナコで試す

ケーニグセグの1500馬力PHVスーパーカー、『レゲーラ』…ロズベルグがモナコで試す

元F1世界チャンピオンのニコ・ロズベルグ氏は5月22日、ケーニグセグ(Koenigsegg)のプラグインハイブリッド(PHV)スーパーカー、『 …

ケーニグセグの1500馬力PHVスーパーカー、『レゲーラ』…ロズベルグがモナコで試す | レスポンス(Response.jp)
元F1世界チャンピオンのニコ・ロズベルグ氏は5月22日、ケーニグセグ(Koenigsegg)のプラグインハイブリッド(PHV)スーパーカー、『レゲーラ』をテストした際の映像を公開した。

スーパーカーと過ごす極上のライフスタイル。千葉・木更津に賃貸ガレージハウス誕生!

スーパーカーと過ごす極上のライフスタイル。千葉・木更津に賃貸ガレージハウス誕生! 公開日 : 2021/05/26 09:55 最終更新日 : …

スーパーカーと過ごす極上のライフスタイル。千葉・木更津に賃貸ガレージハウス誕生! - GENROQ Web(ゲンロク ウェブ)
首都圏で9棟目のゴージャスなガレージハウス   念願のスーパースポーツ ...

第101回:スーパーカーの熱狂子供たちが夢中になった“未来のクルマ”

スーパーカーには明確な定義があるわけではない。大ざっぱに言えば、非現実的なデザインで未来の乗り物のようであり、レーシングカー顔負けの速 …

第101回:スーパーカーの熱狂 子供たちが夢中になった“未来のクルマ” - webCG
エキゾチックなスタイリングと浮世離れしたスペックにより、クルマ好きを熱狂させたスーパーカー。日本を席巻した一大ブームは、いかにして襲来し、去っていったのか。「カウンタック」をはじめとした、ブームの中核を担ったモデルとともに当時を振り返る。

ポルシェが新型ミッドシップスーパーカーを極秘開発中!? 謎のプロト車両を激写

ポルシェが新型ミッドシップスーパーカーを極秘開発中!? 謎のプロト車両を激写. 2021/05/25 08:32 レスポンス.

ポルシェが新型ミッドシップスーパーカーを極秘開発中!? 謎のプロト車両を激写(レスポンス) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
謎のポルシェ『718ケイマン』開発車両がニュルブルクリンクに出現、その姿をスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。ニュルブルクリンクで捉えた、この超ワイドな718ケイマンは、ボディに多数のデカール(転写シール)が貼られ、四輪...

2000万円台で手に入る! 穴場スーパーカー「ディアブロ」は今が買い時か!?

穴場スーパーカー「ディアブロ」は今が買い時か!? 2021/05/25 19:10 くるまのニュース1.

2000万円台で手に入る! 穴場スーパーカー「ディアブロ」は今が買い時か!?(くるまのニュース)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■「カウンタック」の後継として失敗が許されなかった「ディアブロ」 ランボルギーニが、新たな親会社であるクライスラーの傘下に収まったのは1987年4月のことだった。この頃すでにランボルギーニの開発部門では、1970年代から生産を続けてきた「カ...(ヘッドライン)

2000万円台で手に入る! 穴場スーパーカー「ディアブロ」は今が買い時か!?

穴場スーパーカー「ディアブロ」は今が買い時か!? 2021/05/25 19:10 くるまのニュース. 1/ …

2000万円台で手に入る! 穴場スーパーカー「ディアブロ」は今が買い時か!?(くるまのニュース)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■「カウンタック」の後継として失敗が許されなかった「ディアブロ」 ランボルギーニが、新たな親会社であるクライスラーの傘下に収まったのは1987年4月のことだった。この頃すでにランボルギーニの開発部門では、1970年代から生産を続けてきた「カ...(ヘッドライン)

背が高さがカッコイイ! イカしたハイト系モデル5選

スポーツカーやスーパーカーなどスピードとコーナリング性能に特化したモデルは、一般的なロー&ワイドなフォルムで見るからにも速そうな外観 …

背が高いのがカッコイイ! イカしたハイト系モデル5選
スポーツカーやスーパーカーなどスピードとコーナリング性能に特化したモデルは、一般的なロー&ワイドなフォルムで見るからにも速そうな外観デザインを採用しています。一方、全高が高くてもスタイリッシュなフォルムを実現したモデルも存在。そこで、スタイリッシュなハイト系モデルを、5車種ピックアップして紹介します。

仲間となら心が、倍、弾む ウラカン EVO クーペ、ウラカン EVO RWD スパイダーでツーリングへ

小さい頃はスーパーカー消しゴムで(オイルを塗って滑りを良くしたりして)競ったものだが、大人になった僕らには大恐竜の卵のように美しい、 …

仲間となら心が、倍、弾む── ウラカン EVO クーペ、ウラカン EVO RWD スパイダーでツーリングへ | GQ JAPAN
走行性はもちろん、外観も非の打ち所がないランボルギーニ・ウラカン EVO シリーズ。ならば、運転しながらだって眺めたいじゃないか!

2021新作 長年のパートナーシップによりさらなる高みへ。リシャール・ミル「RM 40-01 …

リシャール・ミルが、イギリスのラグジュアリーなスーパーカーメーカー、マクラーレン・オートモーティブとの5年目のパートナーシップにあたり、 …

リシャール・ミル(RICHARD MILLE) 2021新作 長年のパートナーシップによりさらなる高みへ。リシャール・ミル「RM 40-01 オートマティックトゥールビヨンマクラーレンスピードテール」 | ブランド腕時計の正規販売店紹介サイトGressive/グレッシブ
リシャール・ミル(RICHARD MILLE) 「2021新作 長年のパートナーシップによりさらなる高みへ。リシャール・ミル「RM 40-01 オートマティックトゥールビヨンマクラーレンスピードテール」」について詳しく紹介。正規販売店と腕時計の専門サイトGressive/グレッシブです。

「カーラッピング」って何?「全塗装」よりお得な「クルマの着せ替え」を実際にやってみた (1/3 …

施工ショップを依頼した決め手は、スーパーカーなどの高級車から痛車、レーシングカーまで手がけていること。つまり経験や実績に間違いがないと …

「カーラッピング」って何?「全塗装」よりお得な「クルマの着せ替え」を実際にやってみた
オールペン=全塗装に代わるエクステリアメイクの手法として注目のカーラッピング。ボディに好みのカラーや柄のラッピングシートを貼ることでガラリとイメージチェンジすることができる。しかし大きなメリットもあればデメリットもあり、その体験談をリポート
タイトルとURLをコピーしました