スバルが次期「XV」のデザインコンセプトカーを発表 – ウォーカープラス

スバルが次期「XV」のデザインコンセプトカーを発表 – ウォーカープラス

スバルが2016年ジュネーブ国際モーターショーで「SUBARU XV CONCEPT」を世界初公開した。 SUBARU…

スバルが次期「XV」のデザインコンセプトカーを発表|ウォーカープラス
スバルが2016年ジュネーブ国際モーターショーで「SUBARU XV CONCEPT」を世界初公開した。 SUBARU…

電気自動車ソルテラで初ドライブ。走り出しの瞬間からスムーズで素直、しかもワクワク感が満ち …

スバルではe-Subaru Global Platform(e-SGP)と呼ぶ基本骨格の開発は、初期段階から両社が知見を持ち寄り議論しながら進められたというが、そこはSUVに関しては …

電気自動車ソルテラで初ドライブ。走り出しの瞬間からスムーズで素直、しかもワクワク感が満ち溢れていた(Webモーターマガジン) - Yahoo!ニュース
トヨタと共同開発されたスバル初の量産電気自動車(BEV)ソルテラ。これまでは雪上でのテストドライブを伝えてきたが、今回はついに公道で試乗する機会を得た。ここではその印象を報告する。(Motor Ma

クルマの「整備・修理?」に熱中の一日をお届け〈前編〉|スバル360で素敵探検 大貴 誠の …

レディーバードが元気で安全に走り続けるために、自分でも手をかけて点検&修理。どうせやるなら楽しくやりましょう。【スバル360で素敵探検 大貴 誠の …

クルマの「整備・修理?」に熱中の一日をお届け〈前編〉|スバル360で素敵探検 大貴 誠のレディーバードの旅 第31回
レディーバードが元気で安全に走り続けるために、自分でも手をかけて点検&修理。どうせやるなら楽しくやりましょう。【スバル360で素敵探検 大貴 誠のレディーバードの旅 Vol.31 前編】 前回の尾道取材の帰り、山陽自動車道を走ってい・・・

歴代スバル「レガシィツーリングワゴン」のベストバイは? スポーツワゴンブームを牽引した5 …

… 年に登場した新型アウトバックまで、早くも7代目となったレガシィ。つねに進化をし続け、スバルのフラッグシップモデルに君臨してきたモデルだが、…

歴代スバル「レガシィツーリングワゴン」のベストバイは? スポーツワゴンブームを牽引した5世代を振り返る(Auto Messe Web) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
どのモデルも魅力に溢れていたレガシィツーリングワゴンの進化ぶり 初代が1989年に登場してから2021年に登場した新型アウトバックまで、早くも7代目となったレガシィ。つねに進化をし続け、スバルのフラッグシップモデルに君臨してきたモデルだが、...

スバル・サンバー 車検整備、サイドスリップ調整、ブレーキ交換 – AUTOCAR JAPAN

SEEの西城です。スバル・サンバー。塗装の終わったサンバーですが、試走とかするのに不便なのでとりあえず車検を先に通してきました。

スバル・サンバー 車検整備、サイドスリップ調整、ブレーキ交換 - AUTOCAR JAPAN
SEEの西城です。スバル・サンバー。塗装の終わったサンバーですが、試走とかするのに不便なのでとりあえず車検を先に通してきました。車検ではサイドスリップがNGでしたが調整したら問題無く通りました。 ブレーキフルード エンジ

ラグジュアリー感かギア感か? レガシィ アウトバックのグレード選びが悩ましい – Carview

スバル レガシィ アウトバックの詳細はこちら伝統の水平対向エンジン&シンメトリーレイアウトスバル「レガシィ アウトバック」は、スバルのフラッグシップ …

ラグジュアリー感かギア感か? レガシィ アウトバックのグレード選びが悩ましい(carview!) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
>>スバル レガシィ アウトバックの詳細はこちら伝統の水平対向エンジン&シンメトリーレイアウトスバル「レガシィ アウトバック」は、スバルのフラッグシップモデルと位置づけられているクロスオーバーSUV。北米では「アウトバック」という車名...

トヨタが7月に追加の生産調整、新型EV「bZ4X」のリコール対応 | 日経クロステック(xTECH)

注)bZ4Xの兄弟車であるSUBARU(スバル)の「ソルテラ」も、トヨタの元町工場で生産している。スバルも2022年6月23日に、ソルテラのリコールを国交省に …

トヨタが7月に追加の生産調整、新型EV「bZ4X」のリコール対応
 トヨタ自動車は2022年7月に、新たな生産調整(減産)を行う。同社の2022年7月11日の発表によると、一部車種のリコール(改修・無償修理)に伴う原因調査のため、元町工場(愛知県豊田市)の第1ラインにおける稼働停止期間を延長する。

ホンダが新型「シビックタイプR」全面刷新へ 6代目は普通に買える? 世界初公開前に動きアリ …

2017年のスバル「S208」(限定450台)、2018年のトヨタ「ヴィッツGRMN」(限定150台)、2019年のトヨタ「マークX“GRMN”」などは台数を大幅に上回る申込が殺到し …

ホンダが新型「シビックタイプR」全面刷新へ 6代目は普通に買える? 世界初公開前に動きアリ! 中古価格の高騰懸念も
2022年7月12日にホンダは、新型「シビックタイプR」に関する情報をホームページで先行公開。そして7月21日にワールドプレミアをおこないます。また販売店によれば同日から予約受注が始まるといいますが、すでに購入に関する問合せは多いようです。

夏休みの自由研究に!標高1000mの体験型アドベンチャー教育プログラム「Edventure … – PR TIMES

受付会場 :富士すばるランド 「Edventure Club」受付 (山梨県南都留郡富士 … ランド」は、富士スバルライン料金所手前にある富士山麓の広大な自然の中に …

夏休みの自由研究に!標高1,000mの体験型アドベンチャー教育プログラム「Edventure Club (エデュベンチャー・クラブ)」7月16日(土)より富士すばるランドを拠点に開校!
株式会社アミューズのプレスリリース(2022年7月13日 12時08分)夏休みの自由研究に!標高1,000mの体験型アドベンチャー教育プログラム7月16日(土)より富士すばるランドを拠点に開校!

電気自動車ソルテラで初ドライブ。走り出しの瞬間からスムーズで素直、しかもワクワク感が満ち …

トヨタと共同開発されたスバル初の量産電気自動車(BEV)ソルテラ。これまでは雪上でのテストドライブを伝えてきたが、今回はついに公道で試乗する機会を得 …

電気自動車ソルテラで初ドライブ。走り出しの瞬間からスムーズで素直、しかもワクワク感が満ち溢れていた(Webモーターマガジン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
トヨタと共同開発されたスバル初の量産電気自動車(BEV)ソルテラ。これまでは雪上でのテストドライブを伝えてきたが、今回はついに公道で試乗する機会を得た。ここではその印象を報告する。(Motor Magazine 2022年8月号より)トヨタ...
タイトルとURLをコピーしました