F1、大クラッシュを受け2023年のロールバーのテスト強化へ。FIAは事故の分析を完了

F1、大クラッシュを受け2023年のロールバーのテスト強化へ。FIAは事故の分析を完了

FIAは、F1イギリスGPで発生した周冠宇(アルファロメオ)の大クラッシュを受け、2023年からマシンのロールバーに関する要件を強化することを発表した。

F1、大クラッシュを受け2023年のロールバーのテスト強化へ。FIAは事故の分析を完了
FIAは、F1イギリスGPで発生した周冠宇(アルファロメオ)の大クラッシュを受け、2023年からマシンのロールバーに関する要件を強化することを発表した。

F1関係者たちが、観客席で起きた嫌がらせ行為に激怒「モータースポーツイベントから永久追放す …

F1オーストリアGPの週末、観客の一部が他の観客に悪質な嫌がらせ行為を行っていたことが明らかになり、フォーミュラ・ワン・グループ、F1チーム、ドライバー …

F1関係者たちが、観客席で起きた嫌がらせ行為に激怒「モータースポーツイベントから永久追放すべき」とベッテル | F1 | autosport web
 F1オーストリアGPの週末、観客の一部が他の観客に悪質な嫌がらせ行為を行っていたことが明らかになり、フォーミュラ・ワン・グループ、F1チーム、ドライバーたちが、強い非難の声を上げている。問題行為を行った人々に対しては、今後モータースポーツイベントへの参加を禁止するべきだという意見も出ている。

【動画】ペレスの術中にハマるフェルスタッペン。レッドブルF1のふたりが『YES or NOゲーム …

レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがチームの公式YouTubeに登場し、シンプルな会話ゲームで対決したふたりは、熾烈な争いを …

【動画】ペレスの術中にハマるフェルスタッペン。レッドブルF1のふたりが『YES or NOゲーム』に挑戦 | F1 | autosport web
 レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがチームの公式YouTubeに登場し、シンプルな会話ゲームで対決したふたりは、熾烈な争いを繰り広げた。 今回フェルスタッペンとペレスが挑戦するのは『YES or NOゲーム』だ。相手の質問に『Yes』と『No』を使わずに答えるという単純なルールの遊びだが、こ...

【渡辺康治HRC社長インタビュー後編】2025年末までのサポートに関する契約は今後締結へ …

ホンダの首脳陣が、2022年F1第11戦オーストリアGPが開催されたレッドブルリンクを訪れた。その目的は、レッドブルへの表敬訪問だ。レッドブルリンクを訪れた …

【渡辺康治HRC社長インタビュー後編】2025年末までのサポートに関する契約は今後締結へ「ある程度活動を続けられる」 | F1 | autosport web
 ホンダの首脳陣が、2022年F1第11戦オーストリアGPが開催されたレッドブルリンクを訪れた。その目的は、レッドブルへの表敬訪問だ。レッドブルリンクを訪れたメンバーのひとりであるHRCの渡辺康治社長は、ホンダの将来について様々な噂が流れてはいるものの、すぐにF1に復帰するという議論はしていないと認めた。だがレッドブル...

F1、ポーパシングとフレキシフロアを制限する計画を固守 – F1-Gate.com

2022年F1マシンに導入されたグラウンドエフェクトの空力の結果として、特にメルセデスF1チームはバウンシングを制御することに苦戦。一方でそこまで影響を受け …

F1、ポーパシングとフレキシフロアを制限する計画を固守
FIA(国際自動車連盟)は、2022年のF1ベルギーグランプリを皮切りに、ポーパシング(ポーポイズ現象)とフレキシフロアを制限する計画を固守している。2022年F1マシンに導入されたグラウンドエフェクトの空力の結果として、特にメルセデスF1チームはバウンシングを制御することに苦戦。一方でそこまで影響を受けていないチーム...

FIA、ポーパシング軽減のための 2023年 F1レギュレーション変更案を発表。フレキシブルフロアの …

FIAは、F1マシンのポーパシング/バウンシング(縦揺れ)軽減のための対策を検討するなかで、2023年の技術レギュレーションへの変更プランを提示した。2022 …

FIA、ポーパシング軽減のための2023年F1レギュレーション変更案を発表。フレキシブルフロアの検査を厳格化(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 FIAは、F1マシンのポーパシング/バウンシング(縦揺れ)軽減のための対策を検討するなかで、2023年の技術レギュレーションへの変更プランを提示した。2022年については、ベルギーGPから有効とな

ミック・シューマッハ 「もうどのF1ドライバーとのバトルも恐れていない」

F1オーストラリアグランプリでルイス・ハミルトンと戦ったミック・シューマッハは、“本当に特別”だと称するバトルから貴重な教訓を学んだと語る。

ミック・シューマッハ 「もうどのF1ドライバーとのバトルも恐れていない」
F1オーストラリアグランプリでルイス・ハミルトンと戦ったミック・シューマッハは、“本当に特別”だと称するバトルから貴重な教訓を学んだと語る。F1初ポイントを獲得したシルバーストンのレース後半でのバトルに続き、ミック・シューマッハはオーストリアでもルイス・ハミルトンとバトルを展開した。

レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「フェルスタッペンとの間に嫉妬はない」 – F1-Gate.com

… 満足していると感じているとたる。セルジオ・ペレスは、F1グリッドのベテランであり、2011年にF1デビューし、10年後にレッドブル・レーシングへと移籍した。

レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「フェルスタッペンとの間に嫉妬はない」
セルジオ・ペレスは、過去のチームメイトの中には嫉妬するドライバーもいたが、レッドブル・レーシングでのマックス・フェルスタッペンとの関係は、お互いの成功に満足していると感じているとたる。セルジオ・ペレスは、F1グリッドのベテランであり、2011年にF1デビューし、10年後にレッドブル・レーシングへと移籍した。

ルイス・ハミルトン、F1ファンに発煙筒の環境への影響を提起 – F1-Gate.com

ルイス・ハミルトンは、F1オーストリアグランプリで大量の発煙筒が使用されたことを受け、F1 … その結果、煙のなかをF1マシンが走行するイメージが生まれた。

ルイス・ハミルトン、F1ファンに発煙筒の環境への影響を提起
ルイス・ハミルトンは、F1オーストリアグランプリで大量の発煙筒が使用されたことを受け、F1ファンに環境への影響を提起した。レッドブルリンクでは、マックス・フェルスタッペンをサポートする“オレンジアーミ”に加えて、多くのF1ファンがレースの開始時と終了時にオレンジ色の発煙筒を焚いた。その結果、煙のなかをF1マシンが走行す...

ファンの問題行動にF1ドライバーが流石に苦言……「”時と場合”があるし

F1では最近、過激なファンの行動が問題視されているが、ダニエル・リカルド(マクラーレン)も、行き過ぎた行動は受け入れられるモノではなく、ドライバーも …

ファンの問題行動にF1ドライバーが流石に苦言……「”時と場合”があるし、別の領域に入ってしまっている」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 F1では最近、過激なファンの行動が問題視されているが、ダニエル・リカルド(マクラーレン)も、行き過ぎた行動は受け入れられるモノではなく、ドライバーも人間であることを忘れてしまっていると指摘した。
タイトルとURLをコピーしました