ランボルギーニの新型スーパーカー、その詳細に迫る!正式発表は2023年が有力

ランボルギーニの新型スーパーカー、その詳細に迫る!正式発表は2023年が有力

まだ車名も確認できていないこの新型スーパーカーの詳細に迫る。 アヴェンタドールは、『カウンタック』の血統を受け継ぐフラッグシップ『ムルシェラゴ』の後継 …

ランボルギーニの新型スーパーカー、その詳細に迫る!正式発表は2023年が有力 | レスポンス(Response.jp)
ランボルギーニは現在、フラッグシップモデル『アヴェンタドール』後継モデルを開発中だが、その最新プロトタイプに初めて大接近、ディテールが見えてきた。

640馬力で最高時速325km/hの後輪駆動スーパーカー! ランボルギーニ「ウラカン テクニカ」が …

最高速度325km/hの後輪駆動スーパーカー. 伊アウトモビリ・ランボルギーニは2022年7月11日、「Huracan Tecnica(ウラカン テクニカ)」がサーキットと公道 …

640馬力で最高時速325km/hの後輪駆動スーパーカー! ランボルギーニ「ウラカン テクニカ」が公道デビュー(VAGUE) - Yahoo!ニュース
 伊アウトモビリ・ランボルギーニは2022年7月11日、「Huracan Tecnica(ウラカン テクニカ)」がサーキットと公道で初走行したと発表しました。

「スーパーカー」「ハイソカー」「デートカー」時代を彩った懐かしい自動車ブームの変遷を …

「スーパーカー」「ハイソカー」「デートカー」時代を彩った懐かしい自動車ブームの変遷を振り返る. 2022/07/17 01:11 Auto Messe Web.

「スーパーカー」「ハイソカー」「デートカー」時代を彩った懐かしい自動車ブームの変遷を振り返る(Auto Messe Web) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
いまなお語り継がれる大ブームを振り返る 趣味や日常的なものなど、さまざまなジャンルでブームが起こる。ヒット作と言ってもいいが、ブームとなるとより大きな社会現象で、クルマで言うと各社から同じジャンルやコンセプトのクルマたちが大挙して登場するこ...

「スーパーカー」「ハイソカー」「デートカー」時代を彩った懐かしい自動車ブームの変遷を …

現在では好みの多様化や、そもそものクルマ離れもあって、大きなブームはあまりないが、それでもSUVブームやコンパクトカーブーム、シャコ上げなど、小さな …

「スーパーカー」「ハイソカー」「デートカー」時代を彩った懐かしい自動車ブームの変遷を振り返る(Auto Messe Web)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
いまなお語り継がれる大ブームを振り返る 趣味や日常的なものなど、さまざまなジャンルでブームが起こる。ヒット作と言ってもいいが、ブームとなるとより大きな社会現象で、クルマで言うと各社から同じジャンルやコンセプトのクルマたちが大挙して登場するこ...(ヘッドライン)

640馬力で最高時速325km/hの後輪駆動スーパーカー! ランボルギーニ「ウラカン テクニカ」が …

最高速度325km/hの後輪駆動スーパーカー 伊アウトモビリ・ランボルギーニは2022年7月11日、「Huracan Tecnica(ウラカン テクニカ)」がサーキットと公道で …

640馬力で最高時速325km/hの後輪駆動スーパーカー! ランボルギーニ「ウラカン テクニカ」が公道デビュー|au Webポータル
au Webポータル

GT-R スープラ LC500… 2ペダル専用でも、いやむしろ2ペダルだからこそ絶対楽しいクルマ8選!

【画像ギャラリー】スーパーカーからピュアEVまで!! ATで運転が楽しいクルマをギャラリーでクイックチェック!!(13枚)画像ギャラリー …

GT-R スープラ LC500… 2ペダル専用でも、いやむしろ2ペダルだからこそ絶対楽しいクルマ8選! - 自動車情報誌「ベストカー」
日本車に限らないが、いまどきのクルマは2ペダルのみで3ペダルの設定のないクルマがほとんど。自動車評論家 斎藤 聡氏が、そんな2ペダル専用車の中から特に走りの楽しいクルマを8台厳選・解説!! #GT-R #LC #スープラ #ホンダe #RAV4 #ノートオーラ

最高速度400km/h超の電動ハイパーカー! 【世界の(マニアックな)自動車オールアルバム】Vol.1

オーストリアの新興ハイパーカーメーカー「デウス・オートモビルズ」 · クロアチアのハイパーEVメーカー「リマック・アウトモビリ」 …

東欧発、最高速度400km/h超の電動ハイパーカー! 【世界の(マニアックな)自動車オールアルバム】Vol.1
世界には、日本でもよく知られている大手メーカー以外にも数多くの自動車メーカーがある。シティコミューターやスポーツカー、SUVなどジャンルは多彩で、近年はEVを開発し自動車産業への参入を目指す新興メーカーが続々と誕生している。 「世界の(マニアックな)自動車オールアルバム」1回目の今回は、大手メーカーのない国から、電動ハ...

奇抜すぎるオープンカー 20選 あえて他と違う道を選んだ「変わり者」たち – Yahoo!ニュース

スーパーヨットに燃料とジンを補給しながら、ローラースケートのようなクルマで太陽の降り注ぐマリーナをクルージングするのは魅力的な展望だろう。屋根も …

奇抜すぎるオープンカー 20選 あえて他と違う道を選んだ「変わり者」たち(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
コンバーチブル(オープンカー)は一般的に、2人乗りのスポーツカーと4人乗りのドロップトップの2種類に大別される。マツダ・ロードスター、ポルシェ911カブリオレ、メルセデス・ベンツEクラス・カブリオレ

2022年版 加速性能ランキング 1位は大阪発? 0-97km/h加速3.0秒以下のバケモノたち

そして、ハイブリッド車のケーニグセグ・レゲーラ、ハードコアなマクラーレン765LT、ランボルギーニ・アヴェンタドールなど、血の通ったスーパーカーも勢ぞろい …

2022年版 加速性能ランキング 1位は大阪発? 0-97km/h加速3.0秒以下のバケモノたち - AUTOCAR JAPAN
0-97km/h(または0-100km/h)加速タイムが3.0秒を切る市販車をランキング形式で紹介。同タイムのモデルは同率で並べました。世界で最も加速がいいクルマは、意外にも日本車でした。

BMWのLMDh規定用ハイブリッド・パワートレイン完成! 7月末にイタリアでシェイクダウン

No SUPERCAR, No LIFE! … BMW M モータースポーツは、LMDh規定新型プロトタイプレーシングカー「BMW M ハイブリッド V8」のハイブリッド・パワートレイン …

BMWのLMDh規定用ハイブリッド・パワートレイン完成! 7月末にイタリアでシェイクダウン
BMW M モータースポーツは、LMDh規定新型プロトタイプレーシングカー「BMW M ハイブリッド V8」のハイブリッド・パワートレインが完成し、シェイクダウンを7月末に行うことを明らかにした。BMW M ハイブリッド V8は、2023年シーズンのIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権参戦を目指して開発が続けられ...
タイトルとURLをコピーしました