スズキが全長4m以下「超小型SUV」発表! 新型「エスプレッソ」刷新! オシ顔デザ インで印市場 …

スズキが全長4m以下「超小型SUV」発表! 新型「エスプレッソ」刷新! オシ顔デザインで印市場 …

2022年7月18日にスズキのインド法人となるマルチ・スズキは、新型「S-PRESSO(エスプレッソ)」を発表しました。

スズキが全長4m以下「超小型SUV」発表! 新型「エスプレッソ」刷新! オシ顔デザインで印市場の若者需要を狙う
2022年7月18日にスズキのインド法人となるマルチ・スズキは、新型「S-PRESSO(エスプレッソ)」を発表しました。

スズキ、インドで新型SUV発表 トヨタが現地生産 – 日本経済新聞

スズキは、インドで発売する新型の多目的スポーツ車(SUV)「グランドビターラ」を発表した。外観は車体前部から後部にかかるラインを強調した。

スズキ、インドで新型SUV発表 トヨタが現地生産
スズキは、インドで発売する新型の多目的スポーツ車(SUV)「グランドビターラ」を発表した。外観は車体前部から後部にかかるラインを強調した。インド国内でSUV人気が高まる中、トヨタ自動車からのOEM(相手先ブランドによる生産)供給を通じてラインアップを追加し、中高所得者の需要を取り込む。車体の大きさは全長4メートル35セ...

【世界陸上】リレー侍 サニ代役はスズキの鈴木「最大のパフォーマンスを」 – Yahoo!ニュース

陸上・世界選手権第7日(2022年7月21日 米オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド) 男子400メートルリレーにエントリーしているサニブラウン(タンブル …

【世界陸上】リレー侍 サニ代役はスズキの鈴木「最大のパフォーマンスを」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
 ◇陸上・世界選手権第7日(2022年7月21日 米オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)  男子400メートルリレーにエントリーしているサニブラウン(タンブルウィードTC)が、22日(日本時

スズキが新型SUV「グランドビターラ」を約7年ぶりにインド市場に投入 | clicccar.com

トヨタとの協業により、グローバルでの車両のOEM相互供給で復活 スズキ(マルチ・スズキ・インディア社)は、主力市場のインドで新型SUVのグランドビターラ …

スズキが新型SUV「グランドビターラ」を約7年ぶりにインド市場に投入 | clicccar.com
■トヨタとの協業により、グローバルでの車両のOEM相互供給で復活 スズキ(マルチ・スズキ・インディア社)は、主力市場のインドで新型SUVのグランドビターラを発表しました。グランドビターラは、エスクードの海外版として1997年に初代が誕生し、2代目は2005年に発売され、2015年に販売を終えていました。

インドで1位のスズキ「5位のトヨタ」と提携の訳 | トレンド | 東洋経済オンライン

さる2022年6月24日、トヨタとスズキはインドにおける両社の協業を発表。7月20日に新型SUV「グランドビターラ」を公開した。この新型SUVはスズキが開発した …

インドで1位のスズキ「5位のトヨタ」と提携の訳 | トレンド
さる2022年6月24日、トヨタとスズキはインドにおける両社の協業を発表。7月20日に新型SUV「グランドビターラ」を公開した。この新型SUVはスズキが開発したもので、インドのトヨタ・キルロスカ・モーターで8月より…

スズキがマイクロプラスチック回収装置を搭載した船外機の生産を開始。スズキクリーン …

スズキはこのほど、中型船外機5機種に世界初のマイクロプラスチック回収装置を標準装備し、7月から生産開始したことを発表した。今後は北米、欧州などの主要 …

スズキがマイクロプラスチック回収装置を搭載した船外機の生産を開始。スズキクリーンオーシャンプロジェクトを推進
スズキはこのほど、中型船外機5機種に世界初のマイクロプラスチック回収装置を標準装備し、7月から生産開始したことを発表した。今後は北米、欧州などの主要市場を含めた全世界へ順次出荷していく。

〈動画〉スズキKATANA 試乗インプレッション 最新技術がKATANAをさらに研ぎ澄ます!!

新規排ガス規制にも対応しつつ、乗り味は各種のアシスト機能でよりなめらかかつ上質なものとなり、大屋ライターも納得の仕上がりだ。 【’22 SUZUKI KATANA】□ …

〈動画〉スズキKATANA 試乗インプレッション 最新技術がKATANAをさらに研ぎ澄ます!!
カタナは滅びぬ。何度でも蘇るさ! ’19年に復活した新世紀の”KATANA”が、’22年の最新技術によりさらに鍛え上げられてモデルチェンジを果たした。極上砥石の名はSIRS(スズキインテリジェ

スズキKATANA 試乗インプレッション 最新技術がKATANAをさらに研ぎ澄ます!! – YouTube

極上砥石の名はSIRS(スズキインテリジェントライドシステム)。 … 【’22 SUZUKI KATANA】□水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 150ps/11000rpm …

スズキKATANA 試乗インプレッション 最新技術がKATANAをさらに研ぎ澄ます!!
カタナは滅びぬ。何度でも蘇るさ! '19年に復活した新世紀の"KATANA"が、'22年の最新技術によりさらに鍛え上げられてモデルチェンジを果たした。極上砥石の名はSIRS(スズキインテリジェントライドシステム)。電子制御スロットルを皮切りに、3段階+オフから5段階+オフに細分化されたトラクションコントロール/発...

船外機にマイクロプラスチック回収装置を搭載、スズキが7月より生産開始

スズキは、中型船外機5機種に、世界初のマイクロプラスチック回収装置を標準装備し、7月より生産を開始。北米、欧州などの主要市場を含めた全世界へ順次出荷 …

船外機にマイクロプラスチック回収装置を搭載、スズキが7月より生産開始 | レスポンス(Response.jp)
スズキは、中型船外機5機種に、世界初のマイクロプラスチック回収装置を標準装備し、7月より生産を開始。北米、欧州などの主要市場を含めた全世界へ順次出荷していく。

【材料】スズキが反発、マイクロプラスチック回収装置を搭載した船外機の生産を開始 – かぶたん

スズキ<7269>は反発。同社はこの日、世界初のマイクロプラスチック回収装置を標準装備した中型船外機5機種の生産を開始し、今後北米など主要市場を …

スズキが反発、マイクロプラスチック回収装置を搭載した船外機の生産を開始 | 個別株 - 株探ニュース
 スズキ<7269>は反発。同社はこの日、世界初のマイクロプラスチック回収装置を標準装備した中型船外機5機種の生産を開始し、今後北米など主要市場を含めた全世界へ順次出荷すると発表しており、これが好感されている・・・。
タイトルとURLをコピーしました