25年ぶり「ラガー」復活!? ダイハツ新型軽オフローダー、4ドアでジムニーに対抗

25年ぶり「ラガー」復活!? ダイハツ新型軽オフローダー、4ドアでジムニーに対抗

ダイハツは2019年に、コンパクト・クロスオーバーSUVとして『ロッキー』を復活。2020年にはロッキーの前身である『タフト』の名も復活させており …

25年ぶり「ラガー」復活!? ダイハツ新型軽オフローダー、4ドアでジムニーに対抗 | レスポンス(Response.jp)
ダイハツが開発を進めていると噂されている、新型軽オフローダーに関する情報をスクープサイト「Spyder7」が入手した。そのエクステリアを大予想する。

ダイハツ・トール|広い空間で家族も大満足!使い勝手も高レベル

トヨタ・ルーミーの兄弟車であるダイハツ・トール。広い空間で家族使いにも持ってこい。その居住空間は快適そのものだ。人気を秘密を見てみよう …

ダイハツ・トール|広い空間で家族も大満足!使い勝手も高レベル|Motor-Fan[モーターファン]
トヨタ・ルーミーの兄弟車であるダイハツ・トール。広い空間で家族使いにも持ってこい。その居住空間は快適そのものだ。人気を秘密を見てみよう。 レポート=渡辺陽一郎[本文]/工藤貴宏[写真解説] フォト=神村 聖 

ブームに埋もれなかった実力派! それでもダイハツ ミラ ジーノが“リストラ”の憂き目に遭った背景 …

それが、ダイハツ ミラ ジーノです。 1990年代半ばのレトロ調軽自動車ブームを受けてダイハツは1997年、当時のミラに丸形のヘッドランプやブラウン …

ブームに埋もれなかった実力派! それでもダイハツ ミラ ジーノが“リストラ”の憂き目に遭った背景【偉大な生産終了車】 - 自動車情報誌「ベストカー」
訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はダイハツ ミラ ジーノをご紹介。レトロカーブームに乗って登場も、たんなる便乗車に終わらない評価を受けた佳作。そんなジーノがしかし2代限りで消えた理由とは?

ブームに埋もれなかった実力派! それでもダイハツ ミラ ジーノが"リストラ"の憂き目に遭った背景 …

そして1999年に登場したのが、5代目ミラの追加グレードである「ミラ ジーノ」です。 ダイハツのかつての名車「コンパーノ」をモチーフにしたという …

ブームに埋もれなかった実力派! それでもダイハツ ミラ ジーノが"リストラ"の憂き目に遭った背景【偉大な生産終了車】(ベストカーWeb) - Yahoo!ニュース
  毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

トヨタ・ルーミー&ダイハツ・トール |じつはフィットよりノートより売れている。 本当に売れて …

だから、ルーミー/トール/ジャスティが現在の兄弟というわけだ。 このルーミー兄弟、とてもよく売れている。 トヨタ・ルーミー&タンク/ダイハツ …

トヨタ・ルーミー&ダイハツ・トール |じつはフィットよりノートより売れている。 本当に売れているコンパクトカーは? |Motor-Fan[モーターファン]
2020年の国内登録車のベストセラーは、トップがトヨタ・ヤリス、2位がライズ、3位がカローラとなっている。TOP10のなかで6位にいるのがトヨタ・ルーミーだ。どちらかと言えば地味な存在かもしれないが、ルーミー、とても売れているのである。

WHILLと全国カーディーラー16社が連携(ダイハツ/トヨタ/マツダ/ホンダ) 近距離モビリティを提案 …

株式会社ホンダカーズ神奈川北岡山ダイハツ販売株式会社長崎トヨペット株式会社鹿児島トヨタ自動車株式会社奈良トヨタ株式会社熊本トヨタ自動車 …

WHILLと全国カーディーラー16社が連携(ダイハツ/トヨタ/マツダ/ホンダ) 近距離モビリティを提案して免許返納を応援 SDGsの推進へ | ロボスタ - ロボット情報WEBマガジン
全国の自動車ディーラー16社、約250店舗がWHILL株式会社と連携し、6月1日より近距離モビリティ(次世代型電動車椅子)「WHILL Model C2」の販売やレンタルの提案に本格的に取り組む。

トヨタ、4月グローバル販売は93万2872台で過去最高を更新

4月のグローバル販売は、同社が85万9448台(前年同月比2.0倍)、ダイハツが6万2137台(同49.0%増)、日野自が1万1287 …

トヨタ、4月グローバル販売は93万2872台で過去最高を更新 - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス
 トヨタ自動車 は28日、21年4月の同社、ダイハツ工業および日野自動車(日野自) の販売、...
タイトルとURLをコピーしました