80年代車再発見 1990年式・マツダ・サバンナRX-7 GT-X (1990/MAZDA SAVANNA RX-7 GT-X)

80年代車再発見 1990年式・マツダ・サバンナRX-7 GT-X (1990/MAZDA SAVANNA RX-7 GT-X)

初代RX-7であるSA22Cが発売された時、日本は空前のスーパーカーブームにわいていた。排ガス規制によりスポーツカーが冬の時代へ突入していたから余計にRX-7 …

80年代車再発見 1990年式・マツダ・サバンナRX-7 GT-X (1990/MAZDA SAVANNA RX-7 GT-X)(MotorFan) - Yahoo!ニュース
初代RX-7であるSA22Cが発売された時、日本は空前のスーパーカーブームにわいていた。排ガス規制によりスポーツカーが冬の時代へ突入していたから余計にRX-7の存在は輝いていた。小さな2ドアクーペに

「マツダの名車」を紹介! あなたが好きなのはどれ? – Yahoo!ニュース

○ユーノスロードスター. マツダを代表する車種といえば「ロードスター」が有名ですよね。マツダが誇るライトウェイトスポーツカーで、オープンカーなので風 …

「マツダの名車」を紹介! あなたが好きなのはどれ?(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
 2020年に創立100周年を迎えたマツダ。広島に本社を構えており、地元である広島はもちろん、世界でも高い評価を得ている自動車メーカーです。

マツダ「CX-60」開発者が明かす、こだわりと重視したポイント(ニュースイッチ)

排気量2500cc直列4気筒ガソリンエンジンによるマツダ初のプラグインハイブリッド車(PHV)は、アクセルを踏むとエンジンとモーターが同調し、楽器を奏でるような …

マツダ「CX-60」開発者が明かす、こだわりと重視したポイント(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
 CX―60は、今後のマツダの一時代を築いていくラージ商品群の一番手として、ブランド価値経営が新しいステージに入る役割を担うミッドサイズスポーツ多目的車(SUV)だ。ブランドを高め、顧客の期待を超え

マツダ新型ロードスター「990S」、重量1トン切り「軽さは正義」体現のスポーツカー

世界で一番売れている2人乗り小型オープンスポーツカーといえば、マツダ ロードスターだ。2016年には生産累計100万台を突破し、今なお世界一のギネス世界 …

マツダ新型ロードスター「990S」、重量1トン切り「軽さは正義」体現のスポーツカー
世界で一番売れている2人乗り小型オープンスポーツカーといえば、マツダ ロードスターだ。2016年には生産累計100万台を突破し、今なお世界一のギネス世界記録を更新し続けている。2015年に登場した現行4代目(ND型)ロードスターは、翌年にはリトラクタブルハードトップのRFを追加。そして2018年にはマイナーチェンジを実...

マツダ・ロードスター990S(前編) – webCG

マツダが、いや日本が誇るオープントップスポーツ「ロードスター」。商品改良を受けた最新型はどんなクルマへと進化したのか。「さらに軽快な走りを追求 …

マツダ・ロードスター990S(前編) - webCG
マツダが、いや日本が誇るオープントップスポーツ「ロードスター」。商品改良を受けた最新型はどんなクルマへと進化したのか。「さらに軽快な走りを追求した」という「ロードスター990S」を相手に、谷口信輝が確かめる。

「マツダの名車」10選! あなたが好きなのはどれ?【人気投票実施中】 – ねとらぼ

マツダを代表する車種といえば「ロードスター」が有名ですよね。マツダが誇るライトウェイトスポーツカーで、オープンカーなので風を感じながら人馬一体の走りを …

「マツダの名車」10選! あなたが好きなのはどれ?【人気投票実施中】(1/4) | ねとらぼ調査隊
 2020年に創立100周年を迎えたマツダ。広島に本社を構えており、地元である広島はもちろん、世界でも高い評価を得ている自動車メーカーです。 ということで、本記事ではマツダの名車を紹介していきます。ユーノスロードスター画像:マツダ マツダを代表する車種といえば「ロードスター」が有名です…

マツダ「CX-60」開発者が明かす、こだわりと重視したポイント – ニュースイッチ

排気量2500cc直列4気筒ガソリンエンジンによるマツダ初のプラグインハイブリッド車(PHV)は、アクセルを踏むとエンジンとモーターが同調し、楽器を …

マツダ「CX-60」開発者が明かす、こだわりと重視したポイント|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、マツダ「CX-60」開発者が明かす、こだわりと重視したポイントのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

「ミズノ」と「マツダ」が運転用シューズを共同開発 異業種をつなぐ“人間中心のモノづくり” – WWD

「ミズノ(MIZUNO)」は、自動車メーカーのマツダと共同開発した運転用シューズ“マツダ/ミズノ ドライビングシューズ”(税込3万5200〜3万9600円)を発表した …

「ミズノ」と「マツダ」が運転用シューズを共同開発 異業種をつなぐ“人間中心のモノづくり” - WWDJAPAN
「ミズノ(MIZUNO)」は、自動車メーカーのマツダと共同開発した運転用シューズ“マツダ/ミズノ ドライビングシューズ”(税込3万5200〜3万9600円)を発表した。ペダルの踏み込みなどの動作をサポートし、軽快で安定した運転体験を提供する。クラウドファンディングサービス「マクアケ(MAKUAKE)」で1000足限定で...

このご時世に直6・ディーゼル・FRを新規開発って本気か!? 将来の「勝ち組感」が見えるマツダの …

逆張りという表現は失礼かもしれないが、マツダがあえて2020年代にFRプラットフォームと直列6気筒エンジンを新たに生み出したことは「2%戦略」からすれば正解と …

このご時世に直6・ディーゼル・FRを新規開発って本気か!? 将来の「勝ち組感」が見えるマツダの巧妙な2%戦略とは(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 マツダが、2022年9月の発売をアナウンスしたCX-60は、エンジンを縦置きにするFRレイアウトの新プラットフォームを採用したことが最大のトピックスとなっている。しかも、縦置きを前提に「直列6気筒

マツダの北米向けSUV「CX-50」を国内でスクープ!カモフラ付きでもカッコいい – エキサイト

CX-50の開発車両を国内でスクープ画像提供:ケンイチ様/Twitter2022年7月20日、マツダの北米市場向けSUV「CX-50」が輸送されているところを目撃されました。

マツダの北米向けSUV「CX-50」を国内でスクープ!カモフラ付きでもカッコいい (2022年7月22日) - エキサイトニュース
CX-50の開発車両を国内でスクープ画像提供:ケンイチ様/Twitter2022年7月20日、マツダの北米市場向けSUV「CX-50」が輸送されているところを目撃されました。マツダCX-50CX-50...
タイトルとURLをコピーしました