貴重な爆イケ顔をチラ見せ!? ホンダ新型SUV「プロローグ」米の公式動画でデザイン を早くも披露

貴重な爆イケ顔をチラ見せ!? ホンダ新型SUV「プロローグ」米の公式動画でデザインを早くも披露

米国ホンダが2022年7月27日に公式YouTubeに公開した動画のなかで、新型EV「プロローグ」のデザインの一部が早くも公開されています。

貴重な爆イケ顔をチラ見せ!? ホンダ新型SUV「プロローグ」米の公式動画でデザインを早くも披露
米国ホンダが2022年7月27日に公式YouTubeに公開した動画のなかで、新型EV「プロローグ」のデザインの一部が早くも公開されています。

貴重な爆イケ顔をチラ見せ!? ホンダ新型SUV「プロローグ」米の公式動画でデザインを早くも披露

米国ホンダは、2022年7年27日(現地時間)にSUVタイプの新型EV「プロローグ」のデザイン工程を収めたビデオを公式YouTubeチャンネルで公開しました。

貴重な爆イケ顔をチラ見せ!? ホンダ新型SUV「プロローグ」米の公式動画でデザインを早くも披露(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 米国ホンダは、2022年7年27日(現地時間)にSUVタイプの新型EV「プロローグ」のデザイン工程を収めたビデオを公式YouTubeチャンネルで公開しました。貴重なクレイモデルも映像に収められてい

ホンダ、アルファタウリを買収してF1再参戦!?久々にぶったまげた【タキ井上の帰ってきた …

確かに今もホンダは、レッドブルF1とアルファタウリF1に対し、同社が開発・製造し … タウリF1買収は、ホンダ本体ではなく連結子会社である株式会社ホンダ …

ホンダ、アルファタウリを買収してF1再参戦!?久々にぶったまげた【タキ井上の帰ってきたブラックフラッグ】(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース
※質問はツイッターに #帰ってきたブラックフラッグ をつけて投稿してください

速く繊細で懐が深い 新型ホンダ・シビック・タイプR いち早く第6世代の助手席へ同乗

ホンダの山本氏も、走行前のプレゼンテーションで同様の話をしていた。 「これまでのタイプRと比較して、大きく進化したといえるのがシャシー剛性と操縦特性。

速く繊細で懐が深い 新型ホンダ・シビック・タイプR いち早く第6世代の助手席へ同乗(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
「運転は難しくありませんよ」。きついシケインへ真新しいシビック・タイプRを侵入させながら、テストドライバーのティアゴ・モンテイロ氏がつぶやく。

ホンダが新型3列SUV「BR-V」を連投! 大型グリル強調した爆イケ顔 尼で約344万円から

ホンダのタイ法人が、新型「BR-V」を2022年8月に現地に導入します。どんな仕様の3列シートSUVが登場するのでしょうか。

ホンダが新型3列SUV「BR-V」を連投! 大型グリル強調した爆イケ顔 尼で約344万円から
ホンダのタイ法人が、新型「BR-V」を2022年8月に現地に導入します。どんな仕様の3列シートSUVが登場するのでしょうか。

ホンダ、ヴェゼルの上位グレード「PLaY」 8月から期間限定で受注再開

ホンダは、国内の主力SUV「ヴェゼル」の上位グレード「PLaY(プレイ)」の受注を8月から期間限定で再開する。再開期間は8月25日~9月8日。

ホンダ、ヴェゼルの上位グレード「PLaY」 8月から期間限定で受注再開|自動車メーカー|紙面記事
ホンダは、国内の主力SUV「ヴェゼル」の上位グレード「PLaY(プレイ)」の受注を8月から期間限定で再開する。再開期間は8月25日~9月8日。PLaYは、2021年10月から受注停止が続いており、再…

世界初の量産4気筒車「ホンダCB750フォア」の全開エキゾーストサウンド!(ヤングマシン映像 …

名車はどんな音を奏でるのか? 世界初の量産4気筒車「ホンダCB750フォア」の走りとサウンドを映像でお届けします。

世界初の量産4気筒車「ホンダCB750フォア」の全開エキゾーストサウンド!(ヤングマシン映像アーカイブ)
名車はどんな音を奏でるのか? 世界初の量産4気筒車「ホンダCB750フォア」の走りとサウンドを映像でお届けします。

ホンダ新型スポーツツアラー「NT1100」 大柄ボディと快適装備に軽快な走りまでパッケージした1台

ホンダ新型「NT1100」は、2022年3月17日に新発売となった大型スポーツアラーです。排気量1082㏄の直列2気筒エンジンはクラッチ操作を必要としないDCTを搭載 …

ホンダ新型スポーツツアラー「NT1100」 大柄ボディと快適装備に軽快な走りまでパッケージした1台
ホンダ新型「NT1100」は、2022年3月17日に新発売となった大型スポーツアラーです。排気量1082㏄の直列2気筒エンジンはクラッチ操作を必要としないDCTを搭載しています。一体どのような乗り味なのでしょうか。

超高速オーバルはホンダのアルドゥソが制覇。トヨタ、ルノーと3ブランドが表彰台に/STC2000 …

海外レース他 | 超高速オーバルはホンダのアルドゥソが制覇。トヨタ、. 「南米最速、最高峰のFFツーリングカー選手権」ことスーパーTC2000(STC2000)の第7 …

超高速オーバルはホンダのアルドゥソが制覇。トヨタ、ルノーと3ブランドが表彰台に/STC2000第7戦 | 海外レース他 | autosport web
「南米最速、最高峰のFFツーリングカー選手権」ことスーパーTC2000(STC2000)の第7戦が、7月23~24日にサンタフェ州ラファエラに位置する超高速トラックで争われた。 恒例の土曜スプリントこそ新生アクシオン・エナジー・スポーツSTC2000のエース、リオネル・ペーニャ(ルノー・フルーエンスGT)が制したものの...

「ちょっ…なんでこの車にこの車名?!」ホンダ党なら思わず唸ったホンダ車たち【推し車】

「水中メガネ」の異名を持つガラスハッチが印象的だった軽スペシャリティカーの名車、初代Zの名を14年ぶりに復活させた2代目は、初代と全く脈絡のない軽SUV。

「ちょっ…なんでこの車にこの車名?!」ホンダ党なら思わず唸ったホンダ車たち【推し車】 (2022年7月29日) - エキサイトニュース
自動車メーカーが新型車に与える車名は、慎重に検討して決められたものだとは思いますが、時には「なぜわざわざこの車名にした?!」と絶句してしまったり、モデル末期の頃には車名を思い出すのも難しくなり、その後...
タイトルとURLをコピーしました