クラッシュによるパーツのダメージを発見できなかったフェラーリF1、点検の手順 見直しへ

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

クラッシュによるパーツのダメージを発見できなかったフェラーリF1、点検の手順見直しへ

フェラーリは、2021年F1第5戦モナコGPで、シャルル・ルクレールをスタート直前に発覚したトラブルによってリタイアさせなければならなかった …

クラッシュによるパーツのダメージを発見できなかったフェラーリF1、点検の手順見直しへ | F1 | autosport web
 フェラーリは、2021年F1第5戦モナコGPで、シャルル・ルクレールをスタート直前に発覚したトラブルによってリタイアさせなければならなかったことを受け、事故などの際のパーツ点検の手順を見直すことを決めた。

昇華した跳ね馬。フェラーリ ポルトフィーノ Mの売れる文法

そもそもフェラーリが、人気や知名度という点で業界の頂点に立ち続けるのは、そのヘリテージを活かしたブランディングもさることながら、世界 …

昇華した跳ね馬。フェラーリ ポルトフィーノ Mの売れる文法
フェラーリでも屈指の人気モデル、ポルトフィーノが大きな進化を果たし、最新型「ポルトフィーノM」へとアップデートされた。そもそもフェラーリが、人気や知名度という点で業界の頂点に立ち続けるのは、そのヘリテージを活かしたブランディングもさることな

レッドブルは採用情報をオープンにし過ぎているとフェラーリのボス

ホンダが2021年限りでF1活動から撤退することを受け、レッドブルでは2022年以降自分たちでF1エンジンの製造を続けていくことになっており、 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ダニエル・リカルド、フェラーリF1移籍の「本格交渉はなかった」

ダニエル・リカルドは、何年にもわかってフェラーリF1への移籍が噂されてきたが、実現には至らなかった。リカルドは過去にチームと話はしたが …

ダニエル・リカルド、フェラーリF1移籍の「本格交渉はなかった」
ダニエル・リカルドは、何年にもわかってフェラーリF1への移籍が噂されてきたが、実現には至らなかった。リカルドは過去にチームと話はしたが決して優先事項ではなかったと明かす。2019年にレッドブルからルノーに移籍したダニエル・リカルドは、2年間の契約期間を終了し、今年マクラーレンに移籍。現在、ランド・ノリスとチームを組んで...

フェラーリ「BB」の元ネタ発見! ピニンファリーナの名車がイタリアの国立博物館に集結

フェラーリ「BB」の元ネタ発見! ピニンファリーナの名車がイタリアの国立博物館に集結. 2021/05/29 17:40 くるまのニュース.

フェラーリ「BB」の元ネタ発見! ピニンファリーナの名車がイタリアの国立博物館に集結(くるまのニュース)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■クルマ好きなら生涯一度は訪れたいミュージアム イタリアのみならず、ヨーロッパを代表する自動車ミュージアムのひとつであるイタリア・トリノの「MAUTO」こと国立自動車博物館では、2021年5月20日から9月12日まで、名門カロッツェリア「ピ...(ヘッドライン)

【F1第5戦無線レビュー(1)】「どうしてまだ後ろなんだよ!」2台に先行され、ハミルトンの …

2年ぶりの開催となったモナコGP。伝統の1戦でポールポジションを獲得したのはモナコ出身のシャルル・ルクレール(フェラーリ)だったが、 …

【F1第5戦無線レビュー(1)】「どうしてまだ後ろなんだよ!」2台に先行され、ハミルトンの怒りは収まらず | F1 | autosport web
 2年ぶりの開催となったモナコGP。伝統の1戦でポールポジションを獲得したのはモナコ出身のシャルル・ルクレール(フェラーリ)だったが、トラブルによりレースを走ることは叶わなかった。一方先頭からスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が快走し、7番手スタートのルイス・ハミルトン(メルセデス)は序盤から...

イタリアが7発快勝で26戦無敗、チーム束ねたベルナルデスキ「サッカーを楽しめているとき …

同34分にはフェラーリがセットプレーのこぼれ球を押し込み、2ー0と点差を広げた。 前半を2ー0で折り返すと、後半はゴールラッシュ。途中出場のFW …

イタリアが7発快勝で26戦無敗、チーム束ねたベルナルデスキ「サッカーを楽しめているとき、真価が発揮される」 (2021年5月29日) - エキサイトニュース
イタリア代表は28日、国際親善試合でサン・マリノ代表と対戦し、7ー0で快勝。公式戦26試合無敗を継続させており、データサイト『opta』によると、1935年から39年にビットリオ・ポッツォ監督が成し遂...

【F1第5戦無線レビュー(1)】「どうしてまだ後ろなんだよ!」2台に先行され、ハミルトンの怒りは …

モナコGP決勝レースは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)の悲劇から始まった。グリッドに向かうレコノサンスラップの最中に、ルクレールは無線 …

【F1第5戦無線レビュー(1)】「どうしてまだ後ろなんだよ!」2台に先行され、ハミルトンの怒りは収まらず(2021年5月30日)|BIGLOBEニュース
2年ぶりの開催となったモナコGP。伝統の1戦でポールポジションを獲得したのはモナコ出身のシャルル・ルクレール(フェラーリ)だったが、トラブルによりレースを走ることは叶わなかっ…|BIGLOBEニュース
タイトルとURLをコピーしました