ファン・トゥ・ドライブを取り戻せ! “脱ハイスペック”スポーツカーのすすめ – webCG

ファン・トゥ・ドライブを取り戻せ! “脱ハイスペック”スポーツカーのすすめ – webCG

スーパーカーの世界では、エンジン+電気モーターのハイブリッドなら最高出力1000PSオーバー、フルバッテリーなら1500PSオーバーが常識のようになりそうで、今更 …

ファン・トゥ・ドライブを取り戻せ! “脱ハイスペック”スポーツカーのすすめ - webCG
スーパーカーやスポーツカーが、たゆまず高性能化を追求するのは当然のこと。しかし、相対的に運転の楽しみが減っていくのはなぜなのか? “負のスパイラル”を断ち切る方策について、西川 淳が熱く語る。

紅旗スーパーカー、イタリアで9月工場着工 – NNA ASIA・中国・自動車・二輪車

自動車情報サイトの第一電動網によると、自動車大手の中国第一汽車集団(吉林省長春市、一汽集団)は、紅旗ブランドのスーパーカー「紅旗S9」の量産化に …

紅旗スーパーカー、イタリアで9月工場着工 中国・自動車・二輪車
自動車情報サイトの第一電動網によると、自動車大手の中国第一汽車集団(吉林省長春市、一汽集団)は、紅旗ブランドのスーパーカー「紅旗S9」の量産化に着手する。イタリアの自動車エンジニアリング・設計業者、シ…

3億5000万円でランボルギーニ「ミウラ」が落札! 復刻「カウンタック」と同じ … – Auto Messe Web

今やランボルギーニ「ミウラ」は、国際クラシックカー・マーケットを象徴するモデルの … 伝説のスーパーカーはボディができる前から歓呼の声に包まれ誕生.

3億5000万円でランボルギーニ「ミウラ」が落札! 復刻「カウンタック」と同じプライスだった理由は「SV」の称号にあり | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
クラシック・ランボルギーニの中でも価格が高騰している「ミウラ」。そのなかでも「P400SV」が最も高額であるが、ついに3億円オーバーが当然のこととなった。最新オークションの結果と落札された個体のヒストリーを紹介する。

3億5000万円でランボルギーニ「ミウラ」が落札! 復刻「カウンタック」と同じプライスだった …

今やランボルギーニ「ミウラ」は、国際クラシックカー・マーケットを象徴するモデルの … 伝説のスーパーカーはボディができる前から歓呼の声に包まれ誕生 …

3億5000万円でランボルギーニ「ミウラ」が落札! 復刻「カウンタック」と同じプライスだった理由は「SV」の称号にあり(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 今やランボルギーニ「ミウラ」は、国際クラシックカー・マーケットを象徴するモデルのひとつ。この名作の価格の推移が、市場全体の盛衰をそのまま体現することも多い。

こんなパトカーに追いかけられたい! 初のフル電動ポリスカー「フォード F-150 ライトニング プロ …

No SUPERCAR, No LIFE! … 無敵のオフロードスポーツカー? … スーパーチャージャー搭載「ヘネシー ヴェノム 775 F-150」の開発完了 【動画】 …

こんなパトカーに追いかけられたい! 初のフル電動ポリスカー「フォード F-150 ライトニング プロ SSV」発表【動画】
フォードは電動商用ピックアップ「F-150 ライントニング プロ」をベースに開発された警察仕様「F-150 ライトニング プロ スペシャル サービス ビークル(SSV)」を発表した。警察仕様ヘビーデューティ・クロスシート、スチール製侵入防止プレート、ルーフマウント型LED警告灯など、様々な警察専用装備が採用されている。

【ニューモデル情報アップデート】AMG初のハイブリッド メルセデスAMG GT 63 S E …

2基のスーパーチャージャーは、4リッターV8へ目もくらむような量のエアを強引に … スタイルのあるブル、それがこのスーパーカーの短いバージョンだ。

【ニューモデル情報アップデート】AMG初のハイブリッド メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス 果たしてその性能は?(AUTO BILD JAPAN Web) - Yahoo!ニュース
フロントにガソリンエンジン、トランクにバッテリー、片軸に電動モーターを搭載。特に目新しいことはない。プラグインハイブリッド、だ。書類上では強力で、超高性能とされているが、実際にはバッテリーの弱体化で

2.0リッターターボの6速MTと4.0リッターNAの7速PDKで気持ちよく走れるのはどちら? ポルシェ …

No SUPERCAR, No LIFE! 検索したいキーワードを入力 … は言わば対極に位置する存在である。今回のPRカーは、これも初めて試すことになる7速PDKモデルだ。

2.0リッターターボの6速MTと4.0リッターNAの7速PDKで気持ちよく走れるのはどちら? ポルシェ718ボクスターT対718ケイマンGTS 4.0の同門対決
本格ミッドシップスポーツのお手本と言うべき存在の718シリーズ。911と同様にバリエーションが広く、モデルごとの個性が異なるのが魅力だ。300psのボクスターTと400psのケイマンGTS4.0を乗り比べ、その魅力と走りの違いを検証した。

GR86 オーナーじゃないとわからない!TOYOTA GR86 長期レポート AE86~GR86への道

そして、AE86に乗っていただけでレブスピード編集部に潜り込み、初代ヴィッツレースカーから180SX、S15、NA8などを所有。S15を売って86前期を購入。

GR86 オーナーじゃないとわからない!TOYOTA GR86 長期レポート AE86~GR86への道
トヨタとスバルが共同開発したFRスポーツ、86。フルモデルチェンジを受けてGR86となったわけだが、86といえば元祖AE86カローラ・レビン/スプリンター・トレノ。AE86、86KOUKI、そして最新のGR86に乗り換えた86マイスター、加茂新がオーナーだからこそわかるGR86の魅力を長期レポートします。

一世を風靡した「PDK」その歴史の深層とは? 執念の技術が結実した「素早いギヤチェンジへの …

No SUPERCAR, No LIFE! … これを受けて、新開発のPDKをグループCレーシングカー「956」に搭載、実際のレーストラックで試すことにった。

一世を風靡した「PDK」その歴史の深層とは? 執念の技術が結実した「素早いギヤチェンジへの飽くなき追求」の背後に、やはりあのエンジニアがいた
今から約40年前、エンジニアのライナー・ヴュースト(Rainer Wüst)はポルシェのデュアルクラッチ・トランスミッション(PDK:Porsche doppelkupplung)の開発に携わった。この先駆的なプロジェクトは時を経て、ポルシェの歴史に名を残す偉大なテクノロジーとして結実した。

「McLAREN ARTURA x MIYAVI」サーキットでコラボレーション – PR TIMES

イギリスのスーパーカーメーカーである マクラーレン・オートモーティブ は、シリーズ生産プラグインハイブリッド(PHEV) ARTURA の日本ローンチを記念し …

「McLAREN ARTURA x MIYAVI」サーキットでコラボレーション
マクラーレン ・オートモーティブリミテッド アジアのプレスリリース(2022年8月1日 10時18分)サーキットでコラボレーション
タイトルとURLをコピーしました