アルファタウリF1、ベルギーFP1でローソンを起用へ。若手ドライバー支援規則の一 環で

アルファタウリF1、ベルギーFP1でローソンを起用へ。若手ドライバー支援規則の一環で

autosport web Premiumが登場。 詳細を見る. F1 ニュース. 投稿日: 2022.08.04 12: …

アルファタウリF1、ベルギーFP1でローソンを起用へ。若手ドライバー支援規則の一環で | F1 | autosport web
 アルファタウリ代表のフランツ・トストが、次戦ベルギーGPの金曜フリープラクティス1で、レッドブルジュニアドライバーのリアム・ローソンを走らせる予定であると明かした。 F1は、F1昇格を目指すドライバーたちにF1マシンで走行する機会を与えるための規定として、金曜プラクティスでの走行について以下のように定めている。

インディカードライバーにF1走行のチャンスを与え続けるマクラーレン。リカルドは「シートには …

マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、チームがパト・オワードとコルトン・ハータというふたりの若いインディカードライバーにF1テストの機会を提供した …

インディカードライバーにF1走行のチャンスを与え続けるマクラーレン。リカルドは「シートには直結しない」と主張 | F1 | autosport web
 マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、チームがパト・オワードとコルトン・ハータというふたりの若いインディカードライバーにF1テストの機会を提供したことは、自分の契約には一切影響しないと語った。また、7月にリカルドが、現契約期間に変更はなく、2023年にチームにとどまるという声明を発表したことについて、チーム代表はそ...

アロンソを失ったアルピーヌF1、交渉決裂の理由は契約年数と明かす「年齢による衰えを予想し

アルピーヌF1チームのオットマー・サフナウアー代表は、フェルナンド・アロンソとの契約交渉がまとまらなかった理由について語り、チームは彼の年齢を心配し …

アロンソを失ったアルピーヌF1、交渉決裂の理由は契約年数と明かす「年齢による衰えを予想し、複数年は提示できなかった」 | F1 | autosport web
 アルピーヌF1チームのオットマー・サフナウアー代表は、フェルナンド・アロンソとの契約交渉がまとまらなかった理由について語り、チームは彼の年齢を心配して2023年のみの契約を希望したが、アロンソはより長期的にF1で走れる保証を得たいという強い希望を持っていたと明かした。

夢ではなく、必然だった。日本で頂点を極めた本山哲のF1挑戦【F1“テスト”経験者の追憶】

F1参戦こそ叶わなかったものの、テストドライブなどでF1を経験したドライバーは数多くいる。今回はジョーダンとルノーでのF1ドライブ経験を持つ本山哲に当時 …

夢ではなく、必然だった。日本で頂点を極めた本山哲のF1挑戦【F1“テスト”経験者の追憶】
F1参戦こそ叶わなかったものの、テストドライブなどでF1を経験したドライバーは数多くいる。今回はジョーダンとルノーでのF1ドライブ経験を持つ本山哲に当時を振り返ってもらった。

マックス・フェルスタッペン 「FIAはF1ドライバーをアマチュア扱いしている」

現F1ワールオチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、FIA(国際自動車連盟)のドライバーとトラックリミットの扱いついて批判した。

マックス・フェルスタッペン 「FIAはF1ドライバーをアマチュア扱いしている」
現F1ワールオチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、FIA(国際自動車連盟)のドライバーとトラックリミットの扱いついて批判した。今年、FIAは、トラックリミットを非常に厳格に取り締まり、ドライバーが白線を超えた場合はラップタイムを削除している。

F1移籍市場:フェルナンド・アロンソがメルセデスF1エンジンで走る意味

フェルナンド・アロンソが2023年にアストンマーティンF1に移籍し、メルセデスのF1エンジンを搭載することには大きな意味があるとSky Sports F1のテッド・ …

F1移籍市場:フェルナンド・アロンソがメルセデスF1エンジンで走る意味
フェルナンド・アロンソが2023年にアストンマーティンF1に移籍し、メルセデスのF1エンジンを搭載することには大きな意味があるとSky Sports F1のテッド・クラヴィッツは考察。ルイス・ハミルトンがF1引退を決した際のバックアップ要因とさえ考えている。2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、...

レッドブルF1代表 「フェラーリとのより良い戦いなど望んでいない」

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今年のF1タイトル争いでフェラーリがもっと良い戦いを繰り広げてくれることを望む …

レッドブルF1代表 「フェラーリとのより良い戦いなど望んでいない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今年のF1タイトル争いでフェラーリがもっと良い戦いを繰り広げてくれることを望むようなことは「1オンスもない」と語った。マックス フェルスタッペンがF1ハンガリーGPで10番グリッドから驚異的な反撃勝利を収めたことで、フェルスタッペンは一見難攻不落の...

アンドレッティの2024年F1参戦開始はかなり厳しい状況に – Yahoo!ニュース

2024年からのF1参入を目指しているアメリカのマイケル・アンドレッティだが、実際のところ、それが実現するのはかなり難しい状況にあるようだ。 1978年のF1 …

アンドレッティの2024年F1参戦開始はかなり厳しい状況に(TopNews) - Yahoo!ニュース
2024年からのF1参入を目指しているアメリカのマイケル・アンドレッティだが、実際のところ、それが実現するのはかなり難しい状況にあるようだ。 1978年のF1チャンピオンであるマリオ・アンドレッテ

レッドブルF1代表 「ポルシェと契約はDNAを失うものであってはならない」

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ポルシェと契約を結ぶことになっても、チームのDNAは保持する必要があると語る。

レッドブルF1代表 「ポルシェと契約はDNAを失うものであってはならない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ポルシェと契約を結ぶことになっても、チームのDNAは保持する必要があると語る。レッドブル・レーシングは、新しいF1エンジン規制が施行される2026年以降、ポルシェとパートナーシップを結ぶと予想されている。

英専門メディアがF1前半戦の全ドライバーをランク付け! フェルスタッペン、角田裕毅、ガスリー

2022年のF1世界選手権は全22戦中の13レースを終えたところで、1か月間のサマーブレイクに突入している。 シーズン開幕前には、新レギュレーションの施行 …

英専門メディアがF1前半戦の全ドライバーをランク付け! フェルスタッペン、角田裕毅、ガスリー、ルクレールらの評価は?(THE DIGEST) - Yahoo!ニュース
 2022年のF1世界選手権は全22戦中の13レースを終えたところで、1か月間のサマーブレイクに突入している。  シーズン開幕前には、新レギュレーションの施行によってこれまでの勢力構図に変化が生ま
タイトルとURLをコピーしました