到来F1ドライバーの夏休み&ざわつく移籍市場おさらい【SNSピックアップ今週のF1 界】

到来F1ドライバーの夏休み&ざわつく移籍市場おさらい【SNSピックアップ今週のF1界】

ここ3シーズンは3連戦が当たり前のようになり、過去のF1を知る人からすれば実に過密なスケジュールとなった。今年の7月も1ヶ月で4レースというタイトな …

到来F1ドライバーの夏休み&ざわつく移籍市場おさらい【SNSピックアップ今週のF1界】 | F1 | autosport web
 ここ3シーズンは3連戦が当たり前のようになり、過去のF1を知る人からすれば実に過密なスケジュールとなった。今年の7月も1ヶ月で4レースというタイトなカレンダーをすごし、待ち焦がれたサマーブレイクに突入した。しかし引退や移籍と慌ただしさはコース外で継続中。そんなF1界をSNSから紹介しよう。 ●ざわつく移籍市場おさらい

レッドブルF1、メルセデスPU部門のチーフエンジニアを引き抜き「新世代PU開発に向けて主要 …

レッドブル・パワートレインズ(RBPT)は、2026年以降の新世代F1パワーユニット(PU)の設計・製造を行う準備をするなかで、優れた人材の確保に努め、最近、 …

レッドブルF1、メルセデスPU部門のチーフエンジニアを引き抜き「新世代PU開発に向けて主要メンバーはすべて決定」 | F1 | autosport web
 レッドブル・パワートレインズ(RBPT)は、2026年以降の新世代F1パワーユニット(PU)の設計・製造を行う準備をするなかで、優れた人材の確保に努め、最近、メルセデスのエンジン部門、メルセデスAMGハイパフォーマンス・パワートレインズ(HPP)のチーフエンジニア、フィル・プリューの獲得に成功したということだ。

ベッテル引退”で加速した、2023年へ向けたF1ストーブリーグ。現在の各チーム契約状況をおさらい

F1の2022年シーズン前半戦最後のレースとなったハンガリーGPを挟むように、来シーズンに向けたストーブリーグが活発に動き始めた。本稿では、現時点での各 …

”ベッテル引退”で加速した、2023年へ向けたF1ストーブリーグ。現在の各チーム契約状況をおさらい
2023年シーズンに向けたドライバー移籍市場が、セバスチャン・ベッテルが今季限りでの引退を決断したしたことで加熱。現状の来季のドライバーラインアップを見ていこう。

ハースF1チーム、ミック・シューマッハとの夏休み中の契約交渉を中止 – F1-Gate.com

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュターナーは、ケビン・マグヌッセンとすでに契約を結んでいることもあり、2023年のドライバーラインナップを検討 …

ハースF1チーム、ミック・シューマッハとの夏休み中の契約交渉を中止
ハースF1チームは、8月の夏休み中のミック・シューマッハとのすべての契約交渉を中止したとドイツのRTLとntvが報じている。ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュターナーは、ケビン・マグヌッセンとすでに契約を結んでいることもあり、2023年のドライバーラインナップを検討する適切な時期として夏休みをあげていた。

メルセデスF1のラッセルが主張「レッドブルとフェラーリはレギュレーションの意図を尊重してい …

ポーポイズ現象対策のためのルール修正についてF1チームたちが水面下でFIAとの話し合いを続けているようだ。 F1ではいわゆる“ポーポイズ現象”問題に今後どう対応 …

メルセデスF1のラッセルが主張「レッドブルとフェラーリはレギュレーションの意図を尊重していない」(TopNews) - Yahoo!ニュース
F1ではいわゆる“ポーポイズ現象”問題に今後どう対応していくかについて「多くのロビー活動」が行われているという。 今年から導入された新技術レギュレーションによってF1マシンがグラウンドエフェクト効

レッドブルF1首脳 「フェラーリはほぼすべてを間違ってきた」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フェラーリはF1ワールドチャンピオンを賭けた戦いで「ほぼすべてを間違って …

レッドブルF1首脳 「フェラーリはほぼすべてを間違ってきた」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フェラーリはF1ワールドチャンピオンを賭けた戦いで「ほぼすべてを間違っている」と語る。フェラーリのF1マシンは、今年これまでのところレッドブルよりも間違いなく速かったが、シャルル・ルクレールは、現チャンピオンのマックス・フェルスタッペンにな80ポ...

ジョージ・ラッセル 「フェラーリとレッドブルは規則の意図に反している」 – F1-Gate.com

F1では、いわゆる“ポーパシング(ポーポイズ現象)”について何をすべきかを決定するため、「多くのロビー活動」がまだ行われている。メルセデスF1のチーム …

メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「フェラーリとレッドブルは規則の意図に反している」
F1では、いわゆる“ポーパシング(ポーポイズ現象)”について何をすべきかを決定するため、「多くのロビー活動」がまだ行われている。メルセデスF1のチーム代表あるトト・ヴォルフは、今年のグラウンドエフェクト規制への復帰によって引き起こされた空力バウンシングは、ドライバーの健康と安全を危険にさらすと述べている。

レッドブルF1の名参謀ハンナ・シュミッツが語る「レース戦略」と「状況判断」 – F1-Gate.com

F1ハンガリーGPでは、マックス・フェルスタッペンの逆転勝利の鍵を握ったレッドブル・レーシングの女性ストラテジストのハンナ・シュミッツが脚光を浴びた。

レッドブルF1の名参謀ハンナ・シュミッツが語る「レース戦略」と「状況判断」
F1ハンガリーGPでは、マックス・フェルスタッペンの逆転勝利の鍵を握ったレッドブル・レーシングの女性ストラテジストのハンナ・シュミッツが脚光を浴びた。予選でエンジントラブルに見舞われて10番グリッドからスタートすることになったマックス・フェルスタッペンは、11番手スタートとなったチームメイトのセルジオ・ペレスとともに中...

レッドブルF1代表、ポルシェとの交渉は「2026年F1レギュレーションが先決」

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、噂されるポルシェとのパートナーシップを進めるには、何よりもまず2026年のF1 …

レッドブルF1代表、ポルシェとの交渉は「2026年F1レギュレーションが先決」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、噂されるポルシェとのパートナーシップを進めるには、何よりもまず2026年のF1エンジンレギュレーションが確定しなければならないと語る。レッドブル・レーシングは、新しいF1エンジン規制が施行される2026年以降、ポルシェとパートナーシップを結ぶと予想...

レッドブルF1首脳 「アルファタウリもポルシェのF1エンジンを搭載」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ポルシェとの提携について最新情報を提供。アルファタウリもポルシェと共同で …

レッドブルF1首脳 「アルファタウリもポルシェのF1エンジンを搭載」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ポルシェとの提携について最新情報を提供。アルファタウリもポルシェと共同で開発する新しいF1パワーユニットを搭載したいと語った。レッドブルは、ポルシェとのコラボレーションについてすでに頻繁に声明を発表しており、まだ正式に発表はしていないものの、既成...
タイトルとURLをコピーしました