モナコで”覚醒”のフェラーリ。しかし今後の低速コースでは、レッドブルやメル セデスに及ばない?

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

モナコで”覚醒”のフェラーリ。しかし今後の低速コースでは、レッドブルやメルセデスに及ばない?

フェラーリはモナコGPで印象的な活躍を見せた。シャルル・ルクレールが予選でポールポジションを獲得、チームメイトのカルロス・サインツJr.も予選 …

モナコで”覚醒”のフェラーリ。しかし今後の低速コースでは、レッドブルやメルセデスに及ばない?
フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、モナコでの速さを発揮したものの、今後やってくる低速コースでもメルセデスやレッドブルに挑戦できることを意味するわけではないと語る。

クラッシュによるパーツのダメージを発見できなかったフェラーリF1、点検の手順見直しへ

フェラーリは、2021年F1第5戦モナコGPで、シャルル・ルクレールをスタート直前に発覚したトラブル… 続きを読む · メルセデスF1代表、予選で赤旗 …

クラッシュによるパーツのダメージを発見できなかったフェラーリF1、点検の手順見直しへ | SPREAD
フェラーリは、2021年F1第5戦モナコGPで、シャルル・ルクレールをスタート直前に発覚したトラブル...

ジャン・トッド 「私が加入した頃のフェラーリF1の状況は酷かった」

過去数年低迷していたフェラーリF1だが、今季は優勝こそ争えないものの、復調の兆しを見せている。そして、先週末のF1モナコGPでは、シャルル・ …

ジャン・トッド 「私が加入した頃のフェラーリF1の状況は酷かった」
FIA(国際自動車連盟)の会長を務めるジャン・トッドが、フェラーリF1の現状と段階的な改善について意見を述べた。ジャン・トッドは、1994年から2007年まで13年間フェラーリF1のチーム代表を務め、テクニカルディレクターにロス・ブラウン、デザイナーにロリー・パーン、そして、ドライバーにミハエル・シューマッハを擁し、コ...

フェラーリ「BB」の元ネタ発見! ピニンファリーナの名車がイタリアの国立博物館に集結

フェラーリ「BB」の元ネタ発見! ピニンファリーナの名車がイタリアの国立博物館に集結. 2021/05/29 17:40 くるまのニュース …

フェラーリ「BB」の元ネタ発見! ピニンファリーナの名車がイタリアの国立博物館に集結(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■クルマ好きなら生涯一度は訪れたいミュージアム イタリアのみならず、ヨーロッパを代表する自動車ミュージアムのひとつであるイタリア・トリノの「MAUTO」こと国立自動車博物館では、2021年5月20日から9月12日まで、名門カロッツェリア「ピ...

【中野信治のF1分析/第5戦】3勝分に値するフェルスタッペンのモナコ初優勝。復調フェラーリと …

話題と期待の高い今シーズンのF1を、元F1ドライバーでホンダの若手ドライバー育成を担当する中野信治氏が解説。第5戦はフェラーリの復調ぶりと2 …

【中野信治のF1分析/第5戦】3勝分に値するフェルスタッペンのモナコ初優勝。復調フェラーリと低迷メルセデスを推察 | F1 | autosport web
 2021年F1シーズンも序盤を終え、早くもタイトル候補が絞られてきました。ホンダF1の最終年、そして日本のレース界期待の角田裕毅のF1デビューシーズン、メルセデス&ルイス・ハミルトンの連覇を止めるのはどのチームなのか……話題と期待の高い今シーズンのF1を、元F1ドライバーでホンダの若手ドライバー育成を担当する中野信治...

ユヴェントス、F1フェラーリの元代表が新CEOに就任へ

すでにマッシミリアーノ・アッレグリ監督を復帰させているが、新たなCEOも決まったようだ。 『Tuttosport』によれば、F1フェラーリの元代表である …

ユヴェントス、F1フェラーリの元代表が新CEOに就任へ
失意のシーズンとなったことでアンドレア・ピルロ監督を1年で解任したユヴェントス。 すでにマッシミリアーノ・アッレグリ監督を復帰させているが、新たなCEOも決まったようだ。 『Tuttosport』によれば、F1フェラーリの元代…

【F1第5戦無線レビュー(1)】「どうしてまだ後ろなんだよ!」2台に先行され、ハミルトンの …

マシ:フィニート(おしまい)かフェラーリ:そうだマシ:残念だ いっさいの私情を挟まずにレース運営に徹するマシの口から、思わず“I’m sorry to …

【F1第5戦無線レビュー(1)】「どうしてまだ後ろなんだよ!」2台に先行され、ハミルトンの怒りは収まらず(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 2年ぶりの開催となったモナコGP。伝統の1戦でポールポジションを獲得したのはモナコ出身のシャルル・ルクレール(フェラーリ)だったが、トラブルによりレースを走ることは叶わなかった。一方先頭からスター

「小海30周年」でシーズンインしたヒストリックカーイベント

手前の2台、1947年のチシタリア202SCと1949年のフェラーリ166は最近、日本に来たばかりのニューカマーだ。 © Junichi OKUMURA. COPPA DI …

https://www.gqjapan.jp/cars/article/20210530-coppadi-koumi-2021

ジョニー小野さん 水道橋博士の運転手と3業種の会社社長も兼務で貧乏脱出?【役者・芸人「貧乏 …

だから私はゴキブリとフェラーリのバーターでその事務所に所属できたんです(笑い)。 車はゴキブリ養殖を始める頃に「フェラーリはローンで買える …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ランボルギーニ電動化はスーパーカーの危機⁉︎ 脳天に響く劇的サウンドの今後はどうなる

フェラーリは年間30万台未満1万台以上なので、07年に対して45%減。ランボルギーニは年間1万台未満なので、個別にEUと交渉することになる。

ランボルギーニ電動化はスーパーカーの危機⁉︎ 脳天に響く劇的サウンドの今後はどうなる - 自動車情報誌「ベストカー」
ランボルギーニが2023年から24年にかけて、ラインナップをすべて電動化するという衝撃的なニュースが入った。欧州の厳しい規制は他メーカーも電動化に舵を切らざるを得ない。スーパーカーの排気音はもう聴けなくなってしまうのか
タイトルとURLをコピーしました