ホンダ新型車「CB300F」のスペック詳細が判明! ブランニューの油冷エンジンやラ ジアルタイヤ …

ホンダ新型車「CB300F」のスペック詳細が判明! ブランニューの油冷エンジンやラジアルタイヤ …

ホンダがインドで発表した新型モデル「CB300F」の公式ページがオープンし、スペックなどの詳細が判明したのでお伝えしたい。新作の油冷単気筒エンジン …

ホンダ新型車「CB300F」のスペック詳細が判明! ブランニューの油冷エンジンやラジアルタイヤ装備
ホンダがインドで発表した新型モデル「CB300F」の公式ページがオープンし、スペックなどの詳細が判明したのでお伝えしたい。新作の油冷単気筒エンジンは293.52ccで、ボア×ストロークは77.0×63.0mmのショートストロークだった。 ブ

【速報】ホンダがインドで新型車「CB300F」を発表! エンジンは油冷単気筒を搭載?! 倒立 …

価格は22万8000ルピーで、ハイネスCB350とCB300Rの中間を担う存在となりそうだ。 伸長し続ける250~500ccクラスのスタンダードを狙う. ホンダはインドでブラン …

【速報】ホンダがインドで新型車「CB300F」を発表! エンジンは油冷単気筒を搭載?! 倒立フォークも
ホンダはインドで、「FORMIDABLE!」としてティーザーを展開してきた新型モデルを正式発表した。その名はCB300Fで、油冷単気筒エンジンを搭載したストリートファイター。価格は22万8000ルピーで、ハイネスCB350とCB300Rの中

新型ホーネットは110万円?! ホンダの最新2気筒スポーツが間もなく登場か – Yahoo!ニュース

ホンダは欧州で、新型ホーネットの登場を予告するティーザーを展開している。このたび新たに公開された映像は、2気筒サウンドと走行をイメージするシーンが …

新型ホーネットは110万円?! ホンダの最新2気筒スポーツが間もなく登場か(WEBヤングマシン) - Yahoo!ニュース
ホンダは欧州で、新型ホーネットの登場を予告するティーザーを展開している。このたび新たに公開された映像は、2気筒サウンドと走行をイメージするシーンが含まれているが、相変わらず姿は見えないままだ。しかし

ホンダ・フィットRSが復活 フィットのマイチェンモデル先行公開 2022年秋発売予定

ホンダは、2022年秋にマイナーチェンジを予定している「フィット」の情報をホームページで先行公開しました。RSが復活。

ホンダ・フィットRSが復活 フィットのマイチェンモデル先行公開 2022年秋発売予定 - AUTOCAR JAPAN
ホンダは、2022年秋にマイナーチェンジを予定している「フィット」の情報をホームページで先行公開しました。RSが復活。

第714回:HRC Sakuraでわかった「ホンダがF1をやりたくなる理由」 – webCG

ホンダのモータースポーツ活動を担う、ホンダ・レーシング(HRC)の開発現場に潜入。さまざまな最高峰レースを戦ってきた“秘密基地”の内部ではどんなことが …

第714回:HRC Sakuraでわかった「ホンダがF1をやりたくなる理由」 【エディターから一言】 - webCG
ホンダのモータースポーツ活動を担う、ホンダ・レーシング(HRC)の開発現場に潜入。さまざまな最高峰レースを戦ってきた“秘密基地”の内部ではどんなことが行われているのか、詳しくリポートする。

レース屋”ホンダは夢を売る。HRC、「F1世界一の技術力」を詰め込んだ市販四輪プロダクト開発へ

新生HRCが掲げる方針の中にあった「二輪、四輪事業への貢献」。ホンダのレース部門として活動を行なう中で、これらをどう実現していくのか。

”レース屋”ホンダは夢を売る。HRC、「F1世界一の技術力」を詰め込んだ市販四輪プロダクト開発へ
新生HRCが掲げる方針の中にあった「二輪、四輪事業への貢献」。ホンダのレース部門として活動を行なう中で、これらをどう実現していくのか。その一端が見えてきた。

これは爆売れ必須でしょ…次期ホンダ新型プロローグの予想CGがカッコ良すぎて話題 – MOBY

ホンダは、2024年に発売を予定している新型車「プロローグ」のデザインスケッチを2022年5月19日に公開しています。プロローグは、GMと共同開発を進めるSUV …

これは爆売れ必須でしょ…次期ホンダ新型プロローグの予想CGがカッコ良すぎて話題 | MOBY [モビー]
ホンダは、2024年に発売を予定している新型車「プロローグ」のデザインスケッチを2022年5月19日に公開しています。プロローグは、GMと共同開発を進めるSUVタイプの電気自動車です。どのようなモデルになるのか、まだ詳細については公式発表がありませんが、GMシボレーが2022年7月18日に発表した新型電気自動車の「ブレ...

NSXタイプS公道試乗からわかった「ホンダが失ったもの、失ってはならないもの」 – ベストカー

ホンダとしてはマクラーレン・ホンダ時代の1991年、アイルトン・セナ以来の快挙だったが…… ここにきてモータージャーナリズムの世界では、「ホンダはホンダ …

NSXタイプS公道試乗からわかった「ホンダが失ったもの、失ってはならないもの」 - 自動車情報誌「ベストカー」
現行型NSXタイプS最後のモデルとなるタイプS。全世界350台限定で昨年9月、日本での割り当ては30台分だったのだが、2794万円のプライスを付けた限定車は即完売となっていた。そのタイプSを公道で試乗した松田秀士氏が、今回の試乗から見えてきたものをレポートする。

元ホンダF1 山本雅史、著書『ホンダF1はいかにトップになったのか』 – F1-Gate.com

ホンダF1でマネージングディレクターを務めた山本雅史の著書『勝利の流れをつかむ思考法 ホンダF1はいかにトップになったのか』が2022年10月6日に発売される …

元ホンダF1 山本雅史、著書『ホンダF1はいかにトップになったのか』
ホンダF1でマネージングディレクターを務めた山本雅史の著書『勝利の流れをつかむ思考法 ホンダF1はいかにトップになったのか』が2022年10月6日に発売される。「F1村」でピラニアクラブを勝ち抜いた日本人が語る、成功の絶対法則。ピラニアクラブといわれるF1で、ホンダF1のマネージングディレクターとして2021年の劇的な...

中古価格も高騰しっぱなしのホンダ「タイプR」! 日本で販売された10車種で1番売れた意外な …

ホンダを代表するスポーツカーといえば「タイプR」シリーズは欠かせない。同モデルはサーキットを主眼としたモデルということもあり、刺激的な走りを …

中古価格も高騰しっぱなしのホンダ「タイプR」! 日本で販売された10車種で1番売れた意外なモデルとは?
ホンダを代表するスポーツカーといえば「タイプR」シリーズは欠かせない。同モデルはサーキットを主眼としたモデルということもあり、刺激的な走りを味わえることで世界中で大人気だ。そんなタイプRシリーズは、もうすぐ登場予定の新型を含めて10種類ある。今回はそんなタイプRシリーズで1番売れたモデルを探してみた。
タイトルとURLをコピーしました