8月中旬発表の新型「ウルス」がパイクスピークのSUV記録を更新 10分32秒064で走破 – C ar Watch

8月中旬発表の新型「ウルス」がパイクスピークのSUV記録を更新 10分32秒064で走破 – Car Watch

伊ランボルギーニは8月10日(現地時間)、米国コロラド州コロラドスプリングスで開催されたヒルクライムレース「第100回 パイクスピーク インターナショナル …

ランボルギーニ、8月中旬発表の新型「ウルス」がパイクスピークのSUV記録を更新 10分32秒064で走破
 伊ランボルギーニは8月10日(現地時間)、米国コロラド州コロラドスプリングスで開催されたヒルクライムレース「第100回 パイクスピーク インターナショナル ヒルクライム(PPIHC)」において、8月中旬の発表が予告されている新型SUV「ウルス」がSUV部門の記録を更新したと発表した。

改良型ランボルギーニ・ウルス パイクスピーク最速記録更新 市販デビュー間近か – Yahoo!ニュース

ランボルギーニ・ウルスの改良型が、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムの市販SUVの記録を塗り替えた。

改良型ランボルギーニ・ウルス パイクスピーク最速記録更新 市販デビュー間近か(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
ランボルギーニ・ウルスの改良型が、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムの市販SUVの記録を塗り替えた。

ランボルギーニ ウルスに待望の「EVO」登場か。正式デビュー前に、パイクスピークで早くも優れ …

アグレッシブな迷彩カラーをまとったランボルギーニ新型ウルスのプロトタイプが、早くも、その鮮やかな走りっぷりを披露した。

ランボルギーニ ウルスに待望の「EVO」登場か。正式デビュー前に、パイクスピークで早くも優れたポテンシャルをアピール(Webモーターマガジン) - Yahoo!ニュース
アグレッシブな迷彩カラーをまとったランボルギーニ新型ウルスのプロトタイプが、早くも、その鮮やかな走りっぷりを披露した。パイクスピークインターナショナルヒルクライムに使用されるトラックにおいて、量産S

改良型ランボルギーニ・ウルス パイクスピーク最速記録更新 市販デビュー間近か

ランボルギーニ・ウルスの改良型が、米コロラド州のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムの市販SUV記録を塗り替えました。

https://www.autocar.jp/post/847531

【電子版】ランボルギーニ、初のSUV「ウルス」公開 2200万円 | 自動車・輸送機 ニュース

【ミラノ・ロイターES=時事】イタリアのスポーツ車メーカー、ランボルギーニは4日、同社初となるスポーツ用多目的車(SUV)「ウルス」を公開した。

【電子版】ランボルギーニ、初のSUV「ウルス」公開 2200万円
日刊工業新聞の電子版。日刊工業新聞が紙面...

本場を知るジェントルマン・濱口弘が感じたGTWCアジアの"温厚さ"と課題。2024年は …

GT3アマクラスにReap Fueling Ambitions/B-Maxエンジニアリングのランボルギーニ・ウラカンGT3エボでエントリーしている、濱口弘だ。

本場を知るジェントルマン・濱口弘が感じたGTWCアジアの"温厚さ"と課題。2024年はランボルギーニでWEC参戦へ? | ル・マン/WEC | autosport web
 ファナテック・GTワールドチャレンジ(GTWC)・アジア・パワード・バイ・AWS/ジャパンカップは7月に鈴鹿サーキット、富士スピードウェイでの2連戦が終了。この先8月にはスポーツランドSUGO、9月には岡山国際サーキットでのイベントが控えている。 そんなジャパンカップに参戦するドライバーのなかに、"本場"ヨーロッパで...

本場を知るジェントルマン・濱口弘が感じたGTWCアジアの“温厚さ”と課題。2024年は …

かつてスーパーGT・GT300にも出場していたジェントルマンドライバーの濱口は2019年、前身シリーズのブランパンGTにオレンジ1・FFFレーシングのランボルギーニ・ …

本場を知るジェントルマン・濱口弘が感じたGTWCアジアの“温厚さ”と課題。2024年はランボルギーニでWEC参戦へ?(2022年8月12日)|BIGLOBEニュース
ファナテック・GTワールドチャレンジ(GTWC)・アジア・パワード・バイ・AWS/ジャパンカップは7月に鈴鹿サーキット、富士スピードウェイでの2連戦が終了。この先8月にはスポ…|BIGLOBEニュース
タイトルとURLをコピーしました