【中野信治のF1分析/第13戦&前半戦総括1】別次元で戦っていたハミルトン。大き すぎる …

【中野信治のF1分析/第13戦&前半戦総括1】別次元で戦っていたハミルトン。大きすぎる …

2022年シーズンのF1は新規定によるマシンの導入で勢力図もレース展開も昨年から大きく変更。その世界最高峰のトップバトル、そして日本期待の角田裕毅の2年 …

【中野信治のF1分析/第13戦&前半戦総括1】別次元で戦っていたハミルトン。大きすぎるレッドブルとフェラーリのアプローチの違い | F1 | autosport web
2022年シーズンのF1は新規定によるマシンの導入で勢力図もレース展開も昨年から大きく変更。その世界最高峰のトップバトル、そして日本期待の角田裕毅の2年目の活躍を元F1ドライバーでホンダの若手育成を担当する中野信治氏が独自の視点でレースを振り返ります。今回は第13戦ハンガリーGPとシーズン前半戦の振り返りを含めて、2回...

【松田次生のF1目線】焦るフェラーリと、落ち着きを感じさせるレッドブル。そしてベッテルの引退

autosport web Premiumが登場。 詳細を見る. F1 ニュース. 投稿日: 2022.08.13 17: …

【松田次生のF1目線】焦るフェラーリと、落ち着きを感じさせるレッドブル。そしてベッテルの引退 | F1 | autosport web
 フォーミュラ・ニッポンの元チャンピオンで、2022年シーズンはMOTUL AUTECH ZでスーパーGT GT500クラスを戦い、全日本スーパーフォーミュラ選手権ではチーム監督としてKCMGを率いる松田次生が、F1について語る連載企画『松田次生のF1目線』。今回は第12戦フランスGP、第13戦ハンガリーGPを振り返り...

【鈴鹿F1優勝偉人伝/1】3年ぶりの日本GPを祝した連載企画。初回は4度鈴鹿を制したベッテル …

autosport web Premiumが登場。 詳細を見る. F1 ニュース. 投稿日: 2022.08.13 11: …

【鈴鹿F1優勝偉人伝/1】3年ぶりの日本GPを祝した連載企画。初回は4度鈴鹿を制したベッテルを紹介 | F1 | autosport web
 今年10月、3年ぶりの開催が予定されている鈴鹿サーキットでのF1日本GP。待望の復活開催では、かつて鈴鹿恒例だったチャンピオン決定の瞬間が見られるかもしれない!? それはさておくとしても、自国GPがある喜び、そこで勝利する者を祝福する意義と価値を、多くのモータースポーツファンが再認識できることになりそうだ。

バルテリ・ボッタス、アルファロメオF1で得た解放感 「今が一番楽しい」 – F1-Gate.com

バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1に移籍した2022年が「これまで最も楽しい」シーズンだと語る。メルセデスF1で5シーズンにわたって成功を収めた後、 …

バルテリ・ボッタス、アルファロメオF1で得た解放感 「今が一番楽しい」
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1に移籍した2022年が「これまで最も楽しい」シーズンだと語る。メルセデスF1で5シーズンにわたって成功を収めた後、チームから放出されたバルテリ・ボッタスは、F1グリッドでまったく新しい視点を受け入れる必要があった。

ジェイミー・チャドウィック 「女性がF1で戦うにはマシンの変更が必要」 – F1-Gate.com

F1のサポートカテゴリーである女性だけのレースカテゴリーであるWシリーズで支配的な強さを見せているジェイミー・チャドウィックだが、現状の環境では、 …

ジェイミー・チャドウィック 「女性がF1で戦うにはマシンの変更が必要」
F1のサポートカテゴリーである女性だけのレースカテゴリーであるWシリーズで支配的な強さを見せているジェイミー・チャドウィックだが、現状の環境では、モータースポーツの最高峰カテゴリーであるF1で男性と戦うことができるかどうかに確信が持てないと認める。F1では男女平等と包括性について多くのことが語られ、書かれ、宣伝されてい...

F1メカ解説|アストンマーチンの過激ウイング、夏休み明けに”増える”のか。他チーム導入の …

F1の2022年技術規則は、接近戦を演じやすくするため開発の自由度が過度に少なくなっていると言われているが、サマーブレイクを前にその盲点をついたパーツが …

F1メカ解説|アストンマーチンの過激ウイング、夏休み明けに”増える”のか。他チーム導入のハードル
F1の2022年技術規則は、接近戦を演じやすくするため開発の自由度が過度に少なくなっていると言われているが、サマーブレイクを前にその盲点をついたパーツが登場した。

メルセデスF1代表 「ポーパシング対策を講じなければNFLの状況に陥る」 – F1-Gate.com

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、FIA(国際自動車連盟)がポーパシングによる安全上の問題とそれがF1ドライバーに与える影響を無視すれ …

メルセデスF1代表 「ポーパシング対策を講じなければNFLの状況に陥る」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、FIA(国際自動車連盟)がポーパシングによる安全上の問題とそれがF1ドライバーに与える影響を無視すれば、脳震盪が問題になっている“NFLの状況”に陥る危険があると考えている。FIAは、F1チームが今年直面しているポーパシングの問題を抑制するために、2023年のF1レギ...

レッドブルF1、メルセデスからの人材加入は「エンジン部門の本気度の証」 – F1-Gate.com

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1エンジンプロジェクトを強化するためのメルセデスからの最新の引き抜きは、その …

レッドブルF1、メルセデスからの人材加入は「エンジン部門の本気度の証」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1エンジンプロジェクトを強化するためのメルセデスからの最新の引き抜きは、その野心についての明確な「意思表示」だと語る。F1チームへの大規模な投資の一貫して、レッドブルは2026年の次世代のF1レギュレーションに向けて独自のF1パワーユニットを設計...

アストンマーティンF1 「リアウイングはF1ルールの意図を損なっていない」

アストンマーティンF1チームは、FIA(国際自動車連盟)に提供したシミュレーションデータにより、チームが採用した急進的なリアウイングのアイデアが、 …

アストンマーティンF1 「リアウイングはF1ルールの意図を損なっていない」
アストンマーティンF1チームは、FIA(国際自動車連盟)に提供したシミュレーションデータにより、チームが採用した急進的なリアウイングのアイデアが、レースを改善するというF1の2022年のレギュテーションの意図を損なっていないことが証明されたと語る。アストンマーティンF1チームは、F1ハンガリーGPでAMR22のリアウィ...

F1の「消えた悪童」マゼピンは今何してる? ロシア国内ラリーで優勝、金メダリストとビーチ …

F1界で昨シーズン、スピンの多いレース内容やその言動から話題に事欠かなかったロシアのニキータ・マゼピン。今年3月、母国によるウクライナ侵攻を受け、 …

F1の「消えた悪童」マゼピンは今何してる? ロシア国内ラリーで優勝、金メダリストとビーチバレーも…本人は「まだまだドライブに夢中」(万葉了)
F1界で昨シーズン、スピンの多いレース内容やその言動から話題に事欠かなかったロシアのニキータ・マゼピン。今年3月、母国によるウクライナ侵攻を受け、所属していたハースから解雇され、シートを奪われた彼は今、何をしているのだろうか。
タイトルとURLをコピーしました