500万→3500万に高騰したハコスカも 総額6億円の「GT-Rクラブ」はマニア垂涎の最強 軍団

500万→3500万に高騰したハコスカも 総額6億円の「GT-Rクラブ」はマニア垂涎の最強軍団

スカイラインGT-Rの持ち主が所属する「GT-Rクラブ」だ。いったいどんなクラブで、メンバーは何人いて、加入条件はあるのか。会長の小杉庄司さんに聞いた。

500万→3500万に高騰したハコスカも 総額6億円の「GT-Rクラブ」はマニア垂涎の最強軍団(ENCOUNT) - Yahoo!ニュース
 関東近郊の旧車イベントで、ファンから熱い視線を集める軍団がある。スカイラインGT-Rの持ち主が所属する「GT-Rクラブ」だ。いったいどんなクラブで、メンバーは何人いて、加入条件はあるのか。会長の小

2022年9月からGT-Rが販売できない…!! 騒音規制と新型GT-R開発の高すぎる壁 – Carview

… カーにとってはアゲンストの風が強烈に吹いている。 なかでも、崖っぷちに立たされているのが、日産「GT-R」だ。15年選手となってしまっ…(ヘッドライン)

2022年9月からGT-Rが販売できない…!! 騒音規制と新型GT-R開発の高すぎる壁(ベストカーWeb)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
 日本でもバッテリーEV(以下BEV)化が加速している。内燃機関のみのモデルは肩身が狭くなり、特にスポーツカーにとってはアゲンストの風が強烈に吹いている。 なかでも、崖っぷちに立たされているのが、日産「GT-R」だ。15年選手となってしまっ...(ヘッドライン)

「限界突破のRB26DETT改3.1L仕様!」どこから踏んでも鬼トルクが湧き上がる猪突猛進BNR34 …

… 敢行することで、エンジンの特性自体を根本から見直そうと考えたのだ。 コンセプトは通勤や移動も楽しく行えるGT-R。そのために、まず腰下にはOS技研の3.0…

「限界突破のRB26DETT改3.1L仕様!」どこから踏んでも鬼トルクが湧き上がる猪突猛進BNR34の衝撃
プラス500ccの排気量がもたらす圧倒的なトルクフィール! 街乗りから楽しめるRB26DETT改3.1L仕様 高回転域を得意とするRB26DETTは、そのぶん低回転域のトルクが細くストップ&ゴーが繰り返される街乗りではストレスを感じる場面も少なくない。 それを改善する手段としてよく知られるのがVカム化や小径ターボチュー...
タイトルとURLをコピーしました