成績低迷で売却などの噂が流れたハースF1。代表は「オーナーはチームを手放すつ もりはない」と …

成績低迷で売却などの噂が流れたハースF1。代表は「オーナーはチームを手放すつもりはない」と …

autosport web Premiumが登場。 詳細を見る. F1 ニュース. 投稿日: 2022.08.15 14: …

成績低迷で売却などの噂が流れたハースF1。代表は「オーナーはチームを手放すつもりはない」と明言 | F1 | autosport web
 ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ハースのチームオーナーであるジーン・ハースはF1に全力を注いており、チームを売却するつもりはないと語った。 ここ数シーズン、ハースのF1での成績は振るわず、苦境に立たされているチームをたたむか、所有者が変わるのではないかという噂が流れた。昨年、マイケル・アンド...

レッドブル「角田裕毅は既に1周ペースで同等に速い」ガスリーのライバルチーム移籍を容認

レッドブル・レーシングのモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコとアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー、2021年6月6日F1 …

レッドブル「角田裕毅は既に1周ペースで同等に速い」ガスリーのライバルチーム移籍を容認 | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
レッドブル・レーシングのモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、角田裕毅が既に1発の速さでチームメイトに張り合うレベルに成長したと認めつつ、

フォーミュラE:ストフェル・バンドーンがシーズン8のチャンピオン獲得 – F1-Gate.com

元F1ドライバーのストフェル・バンドーンが、フォーミュラEのシーズン8(2021-22)のチャンピオンを獲得した。8月14日(日)に韓国で最終戦ソウルePrixが行 …

フォーミュラE:ストフェル・バンドーンがシーズン8のチャンピオン獲得
元F1ドライバーのストフェル・バンドーンが、フォーミュラEのシーズン8(2021-22)のチャンピオンを獲得した。8月14日(日)に韓国で最終戦ソウルePrixが行われた。7位以上でチャンピオンが確定するストフェル・バンドーン(メルセデスEQフォーミュラEチーム)は2位でフィニッシュ。フォーミュラEでの4シーズン目で初...

2022年F1前半戦総括|角田裕毅、マシンのパフォーマンス不足に苦しみ入賞3回。しかしガスリー …

2022年のF1も、先日のハンガリーGPをもって前半戦が終了。束の間のサマーブレイクに入っている。 F1参戦2年目のシーズンを過ごしている角田裕毅(アルファ …

2022年F1前半戦総括|角田裕毅、マシンのパフォーマンス不足に苦しみ入賞3回。しかしガスリーとの差は縮まった?
前半戦を終え、3回の入賞という結果で終えたアルファタウリの角田裕毅。昨年の同じ時期に比べ苦戦しているように見えるが、チームメイトのピエール・ガスリーとの差は縮まっているように思える。

パトリシオ・オワード、ピアストリ騒動で「F1参戦は幻想だったと悟った」

マクラーレンのインディカードライバーであるパトリシオ・オワードは、オスカー・ピアストリを巡るストーリーによって、自分がF1に参戦できる可能性は遠い …

パトリシオ・オワード、ピアストリ騒動で「F1参戦は幻想だったと悟った」
マクラーレンのインディカードライバーであるパトリシオ・オワードは、オスカー・ピアストリを巡るストーリーによって、自分がF1に参戦できる可能性は遠い幻想だったと悟ったと方r。オスカー・ピアストリは、2023年にアルピーヌF1チームでフェルナンド・アロンソの後任を務めるオファーを拒否。マクラーレンF1チームに移籍するようだ...

ダニエル・リカルド、F1キャリアが不確実性のなかで個人スポンサーとの契約を延長 – F1-Gate.com

ダニエル・リカルドは、2023年にマクラーレンのF1シートを失いそうだが、シングテル・オプタスとの個人スポンサー契約をさらに2年間延長した。

ダニエル・リカルド、F1キャリアが不確実性のなかで個人スポンサーとの契約を延長
ダニエル・リカルドは、2023年にマクラーレンのF1シートを失いそうだが、シングテル・オプタスとの個人スポンサー契約をさらに2年間延長した。ダニエル・リカルドは、2020年にオーストラリアの電気通信会社であるシングテル・オプタスと初めて提携。同社は当時、リカルドが「積極性と楽観主義を発している」完璧なブランドアンバサダ...

フェラーリF1、若手FP1テストは2回ともシュワルツマンを起用へ – autosport web

F1は、F1昇格を目指す若いドライバーたちにF1マシンで走行する機会を与えるための規定を設けている。各チームは、各マシンに最低1回は金曜プラクティ.

フェラーリF1、若手FP1テストは2回ともシュワルツマンを起用へ | F1 | autosport web
 フェラーリはシーズン後半戦の2戦において、育成ドライバーでテストドライバーを務めるロバート・シュワルツマンをFP1で起用するためにスケジュールを調整中であることを明かした。F1は、F1昇格を目指す若いドライバーたちにF1マシンで走行する機会を与えるための規定を設けている。各チームは、各マシンに最低1回は金曜プラクティ...

レッドブルF1重鎮ヘルムート・マルコ、ホンダのサポート継続を喜ぶ「状況が変わったことを

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、ホンダと2025年まで仕事ができるようになったことを、「神に感謝している」と語っ …

レッドブルF1重鎮ヘルムート・マルコ、ホンダのサポート継続を喜ぶ「状況が変わったことを、神に感謝する」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、ホンダと2025年まで仕事ができるようになったことを、「神に感謝している」と語った。

周冠宇、F1デビュー決定後のSNSでの暴言に傷ついたと明かす「その多さにかなり驚いた」

周は昨年限りでFIA F2を卒業する形となり、今季からアルファロメオでバルテリ・ボッタスと組むことになった。彼は初の中国人F1ドライバーということになり、中国 …

周冠宇、F1デビュー決定後のSNSでの暴言に傷ついたと明かす「その多さにかなり驚いた」
アルファロメオの周冠宇は、今季F1デビュー前にオンライン上で浴びせられた暴言の数々には「かなり驚いた」と語り、そのことによって「かなり傷ついた」ことを明かした。

F1とモナコの契約交渉はいまだ平行線。グランプリ存続のためアルベール2世が介入か

F1モナコGPの契約延長のため、F1とモナコ自動車クラブが交渉を続けているが、現時点では2023年以降に開催されるのかどうか、明らかになっていない。

F1とモナコの契約交渉はいまだ平行線。グランプリ存続のためアルベール2世が介入か | F1 | autosport web
 F1モナコGPの契約延長のため、F1とモナコ自動車クラブが交渉を続けているが、現時点では2023年以降に開催されるのかどうか、明らかになっていない。交渉をうまく進めるべく、モナコ公アルベール2世も関与し始めたと、2016年のF1チャンピオンでモナコに住むニコ・ロズベルグが明かした。
タイトルとURLをコピーしました