2022年F1シーズン前半戦の罰金額ランキング。トップはベッテルの約500万円 – autosport web

2022年F1シーズン前半戦の罰金額ランキング。トップはベッテルの約500万円 – autosport web

2022年F1シーズン前半13戦のなかでドライバーおよびチームが科された罰金の額、ドライバー別の違反の回数が集計され、ランキングが発表された。

2022年F1シーズン前半戦の罰金額ランキング。トップはベッテルの約500万円 | F1 | autosport web
 2022年F1シーズン前半13戦のなかでドライバーおよびチームが科された罰金の額、ドライバー別の違反の回数が集計され、ランキングが発表された。ここまで最も多額の罰金を科されたチームはアストンマーティンで、ドライバー別では同チームのセバスチャン・ベッテルがトップだった。違反の回数が最も多いのは角田裕毅(アルファタウリ)...

アウディ買収が噂されるザウバーF1、「アルファロメオに満足している」と現提携の強固さを強調

アルファロメオF1でチーム代表を務めるフレデリック・バスールは、アウディがチームの母体となるザウバーを買収して2026年からF1へ参戦すると噂される中で、 …

アウディ買収が噂されるザウバーF1、「アルファロメオに満足している」と現提携の強固さを強調
アウディがアルファロメオの母体となるザウバーF1の買収に乗り出す可能性が噂される中で、チーム代表はアルファロメオとの提携に関して「十二分に満足している」と語っている。

レッドブルF1代表、ルール変更の対応に自信「我々が得意としてきたこと」 – F1-Gate.com

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ポーパシングを根絶するために計画されたF1レギュレーション変更について心配はし …

レッドブルF1代表、ルール変更の対応に自信「我々が得意としてきたこと」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ポーパシングを根絶するために計画されたF1レギュレーション変更について心配はしていないと語る。2022年の新しいF1レギュレーションにより、新世代F1マシンにはグラウンドエフェクト効果が再導入され、多くのF1チームがポーパシング(ポーポイズ現象)と...

ダニエル・リカルド 「僕はまだF1に属していて、できると信じている」 – F1-Gate.com

F1の夏休みは、今月初めにフェルナンド・アロンソが2023年からアストンマーティンF1に移籍するというニュースを幕を開け、続いて、オスカー・ピアストリが …

ダニエル・リカルド 「僕はまだF1に属していて、できると信じている」
ダニエル・リカルドのF1ドライバーとしての将来は、何らかの形で決着がつくところにあるようだが、リカルドは1つのことを確信している。『僕はまだF1に属している』F1の夏休みは、今月初めにフェルナンド・アロンソが2023年からアストンマーティンF1に移籍するというニュースを幕を開け、続いて、オスカー・ピアストリがアロンソの...

フェルナンド・アロンソがF1で到達した境地「他の人の強みは潰しておく」 – F1-Gate.com

この夏、アストンマーティンF1チームと複数年契約を結んで2023年の電撃移籍を発表して、F1ドライバー市場を吹き飛ばした。 そのルーツは、フェルナンド・ …

フェルナンド・アロンソがF1で到達した境地「他の人の強みは潰しておく」
2回のF1ワールドチャンピオンである41歳のフェルナンド・アロンソは、グリッドで最年長のドライバーであるにも関わらず、2022年シーズンを通して能力の頂点を維持していることを証明した。これは、生来の才能にキャリアを通して培ってきた経験の恩恵を加えたものだ。この夏、アストンマーティンF1チームと複数年契約を結んで2023...

メルセデスF1代表、今後のハミルトンとラッセルの緊張関係を予想 – F1-Gate.com

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、チームメイトのルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルの間に将来緊張が生じることを予想していると …

メルセデスF1代表、今後のハミルトンとラッセルの緊張関係を予想
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、チームメイトのルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルの間に将来緊張が生じることを予想していると認める。ルイス・ハミルトンは現在、メルセデスF1チームで10シーズン目を迎えているが、ジョージ・ラッセルはジュニアドライバーとして長年関わってきたチームのフルタイムドライバーと...

ルイス・ハミルトン、後半戦でメルセデスF1の今季初勝利を期待

メルセデスF1チームは、新しいF1レギュレーションの導入の中で、2022年シーズンを劣勢でスタート。シーズン序盤の13レースで表彰台をわずかに獲得しましたが、 …

ルイス・ハミルトン、後半戦でメルセデスF1の今季初勝利を期待
ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1チームがシーズン後半戦に2022年F1シーズンの初勝利を達成できることを期待している。メルセデスF1チームは、新しいF1レギュレーションの導入の中で、2022年シーズンを劣勢でスタート。シーズン序盤の13レースで表彰台をわずかに獲得しましたが、表彰台の頂点にはまだ到達していない。

メルセデスF1の共同オーナー、マンチェスター・ユナイテッドの買収に興味 – F1-Gate.com

メルセデスF1のチームの共同オーナーであり、億万長者のビジネスマンであるジム・ラトクリフ卿は、低迷するサッカーチームのマンチェスター・ユナイテッドを …

メルセデスF1の共同オーナー、マンチェスター・ユナイテッドの買収に興味
メルセデスF1のチームの共同オーナーであり、億万長者のビジネスマンであるジム・ラトクリフ卿は、低迷するサッカーチームのマンチェスター・ユナイテッドを買収したいと語る。世界的な化学事業会社 INEOS の最高経営責任者でもあるジム・ラトクリフは、メルセデスF1チームの 33% を所有。残りはメルセデス・ベンツの所有者であ...

2022年F1シーズン前半戦の罰金額ランキング。トップはベッテルの約500万円 – au Webポータル

2022年F1シーズン前半13戦のなかでドライバーおよびチームが科された罰金の額、ドライバー別の違反…

2022年F1シーズン前半戦の罰金額ランキング。トップはベッテルの約500万円|au Webポータル
au Webポータル

キミ・ライコネン、NASCARとF1の雰囲気を比較…周回数不足の中で予選突入も「まずまず」8 …

その中には2人の元F1ドライバーがいるが、注目は何と言っても2007年のF1ワールドチャンピオン、キミ・ライコネンだ。 19年間に渡るF1でのキャリアを通して21回の …

キミ・ライコネン、NASCARとF1の雰囲気を比較…周回数不足の中で予選突入も「まずまず」8ヶ月ぶりにレースへ | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
今週末の8月21日(日)にワトキンス・グレン・インターナショナルで開催されるNASCARカップシリーズには、シリーズ史上最多となる7カ国のドライバーが参戦。その
タイトルとURLをコピーしました