ホンダEV開発、技術陣に「思い込み」「経験」の壁 – 日本経済新聞

ホンダEV開発、技術陣に「思い込み」「経験」の壁 – 日本経済新聞

ホンダの「e:N(イーエヌ)S1」の運転席には15.1インチの縦型の大型ディスプレーが装備されている. 日経ビジネス電子版. 2040年に新車をすべて電気 …

ホンダEV開発、技術陣に「思い込み」「経験」の壁
2040年に新車をすべて電気自動車(EV)または燃料電池車(FCV)にすると宣言したホンダ。車の開発現場では、これからのホンダの成長を担うEVの開発に技術陣が悪戦苦闘している。「売れるEV」とはどんなものなのか。その答えを探る過程で、時にはこれまでの車づくりの「常識」とぶつかることも。人も組織も変わることが求められてい...

製品試作は2年後! ホンダの最優先策「全固体電池」は本当にEV普及の起爆剤となりえるか

ホンダが威信をかける「全個体電池」を見る(画像9枚) 一方で、世界的な趨勢(すうせい)としては、ピュアEVと呼ばれているバッテリー&電動モーターのみで …

製品試作は2年後! ホンダの最優先策「全固体電池」は本当にEV普及の起爆剤となりえるか(Merkmal) - Yahoo!ニュース
 近年、急速に普及が進んでいるものとして電気自動車が挙げられる。  従来の日本では、ミラーサイクルなど高効率なメカニズムを備えたガソリンエンジンにバッテリーおよび電動モーターアシストを加えたハイブ

ホンダの新型SUVが「オシャすぎる!」 今秋発売の新型「ZR-V」をトヨタ「カローラクロス」と比較

ライバル関係ながら各部が対照的な「ZR-V」と「カローラクロス」 ホンダは2022年7月、新型SUV「ZR-V」を先行公開しました。ライバルの最有力候補と目される …

ホンダの新型SUVが「オシャすぎる!」 今秋発売の新型「ZR-V」をトヨタ「カローラクロス」と比較(くるまのニュース)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■ライバル関係ながら各部が対照的な「ZR-V」と「カローラクロス」 ホンダは2022年7月、新型SUV「ZR-V」を先行公開しました。ライバルの最有力候補と目されるのは、トヨタのコンパクトSUV「カローラクロス」です。  内外装デザインや現...(ヘッドライン)

ホンダ・ホーク11(6MT)【レビュー】 “終”の手前のロケットマシン – webCG

リッターオーバーの大排気量エンジンを腹に抱え、スクリーンをビス止めしたロケットカウルを身にまとう……。ホンダから、独特の存在感を放つニュー …

ホンダ・ホーク11(6MT)【レビュー】 “終”の手前のロケットマシン - webCG
リッターオーバーの大排気量エンジンを腹に抱え、スクリーンをビス止めしたロケットカウルを身にまとう……。ホンダから、独特の存在感を放つニューマシン「ホーク11」が登場! 2022年9月の発売を前に、実車の走りを確かめた。

インディカー:ホンダ 2022年 第14戦 ゲートウェイ 決勝レポート…佐藤琢磨は5位 – F1-Gate.com

ミズーリ州の大都市セントルイス近郊にあるワールド・ワイド・テクノロジー・レースウェイで開催されたインディカー・シリーズ第15戦において予選13番手だっ …

インディカー:ホンダ 2022年 第15戦 ゲートウェイ 決勝レポート…佐藤琢磨は5位
ミズーリ州の大都市セントルイス近郊にあるワールド・ワイド・テクノロジー・レースウェイで開催されたインディカー・シリーズ第15戦において予選13番手だったルーキーのデビッド・マルカス(Dale Coyne Racing with HMD Motorsports)が2位でゴールし、キャリア初の表彰台にデビュー15戦目にして...

製品試作は2年後! ホンダの最優先策「全固体電池」は本当にEV普及の起爆剤となりえるか

電気自動車の普及に欠かせない。車両本体の高性能化および高効率化。その決定版となる技術革新として、ホンダが実用化に向け取り組んでいるのが「全固体 …

製品試作は2年後! ホンダの最優先策「全固体電池」は本当にEV普及の起爆剤となりえるか | Merkmal(メルクマール)
電気自動車の普及に欠かせない。車両本体の高性能化および高効率化。その決定版となる技術革新として、ホンダが実用化に向け取り組んでいるのが「全固体電池」だ。その特長に迫る。

ホンダはいきなり日本じゃ無くて「世界獲り」を目指してしかも成功! 本田宗一郎氏のぶっとび …

ホンダは本田宗一郎氏によって創業され、現在の総合モビリティ企業へと成長した。国内ですら苦戦が続いていたにもかかわらず、1954年に「マン島TTレース出場 …

ホンダはいきなり日本じゃ無くて「世界獲り」を目指してしかも成功! 本田宗一郎氏のぶっとび列伝
ホンダは本田宗一郎氏によって創業され、現在の総合モビリティ企業へと成長した。国内ですら苦戦が続いていたにもかかわらず、1954年に「マン島TTレース出場宣言」を発表するなどチャレンジングな姿勢を見せてきた。今回は本田宗一郎氏にまつわる逸話を紹介する。

ホンダ「CBR250RR」【1分で読める 250ccバイク解説 2022年現行モデル】 – webオートバイ

Honda「CBR250RR」 税込価格:82万1700円 |グランプリレッド(ストライプ)は85万4700円全長×全幅×全高:2065×725×1095mm ホイールベース:1390mm シート …

https://www.autoby.jp/_ct/17557073?

【ホンダ シビック e:HEV 新型試乗】予想外の走りに驚愕!ハイブリッドの解説もします!

試乗前は「あの爽快シビックのe:HEVか。なんとなく乗り味が想像つくなぁ」と思っていましたが、ホンダさん、すみませんでした!見事に予想がはずれました!

【試乗記】【ホンダ シビック e:HEV 新型試乗】予想外の走りに驚愕!ハイブリッドの解説もします! | ホンダ車の試乗記ならカルモマガジン
試乗前は「あの爽快シビックのe:HEVか。なんとなく乗り味が想像つくなぁ」と思っていましたが、ホンダさん、すみませんでした!見事に予想がはずれました!これはヤバいです! というわけで、2022年6月30日に発売されたホンダ「シビック e:HEV」の試乗会が、八ヶ岳山麓で開催されましたので、そのレポートをお届けします。

インディカー ホンダ佐藤琢磨は今季最高の5位、シボレーのニューガーデンが5勝目 – 日刊スポーツ

決勝が行われ、佐藤琢磨(ホンダ)は今季最高の5位だった。ジョセフ・ニューガーデン(米国、シボレー)が今季5勝目、通算25勝目を挙げた。

インディカー ホンダ佐藤琢磨は今季最高の5位、シボレーのニューガーデンが5勝目 - モータースポーツ : 日刊スポーツ
決勝が行われ、佐藤琢磨(ホンダ)は今季最高の5位だった。ジョセフ・ニューガーデン(米国、シボレー)が今季5勝目、通算25勝目を挙げた。(共同) - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
タイトルとURLをコピーしました