マツダの「ミニバン」が復活!? 精悍顔がカッコイイ! 初代リスペクトのヒンジド ア採用! 次期型 …

マツダの「ミニバン」が復活!? 精悍顔がカッコイイ! 初代リスペクトのヒンジドア採用! 次期型 …

マツダのミニバン「プレマシー」。マツダにはこのプレマシーを含めさまざまなミニバンがありましたが、現在ではすべて販売されておらずミニバンの …

マツダの「ミニバン」が復活!? 精悍顔がカッコイイ! 初代リスペクトのヒンジドア採用! 次期型予想レンダリングが話題に
マツダのミニバン「プレマシー」。マツダにはこのプレマシーを含めさまざまなミニバンがありましたが、現在ではすべて販売されておらずミニバンのラインナップはありません。そんななか、Andras Veres氏は、マツダ「プレマシー」の現行モデルを予想、「次期型プレマシー」のレンダリングを作成、自身のSNSに投稿しました。

マツダが新骨格部品を内製化、コストを抑えて生産性5倍 – 日経クロステック(xTECH)

マツダがホットスタンプ(高張力鋼板の熱間プレス材)製ボディー骨格部品を内製化した。骨格部品の品質を高めながら、製造コストを削減し生産性を上げるのが …

マツダが新骨格部品を内製化、コストを抑えて生産性5倍
 マツダがホットスタンプ(高張力鋼板の熱間プレス材)製ボディー骨格部品を内製化した。骨格部品の品質を高めながら、製造コストを削減し生産性を上げるのが狙いである。本社工場(広島県府中町)内で、新技術を導入した製造設備を稼働させた。

SUVの需要取り込む マツダの青山裕大取締役専務執行役員 | 中国新聞デジタル

今期は成長モードに転じる初年度。需要の取り込みには自信を持っている」と強調するのは、マツダ(広島県府中町)の青山裕大取締役専務執行役員。4~6月期は …

SUVの需要取り込む マツダの青山裕大取締役専務執行役員 | 中国新聞デジタル
 「今期は成長モードに転じる初年度。需要の取り込みには自信を持っている」と強調するのは、マツダ(広島県府中町)の青山裕大取締役専務執行役員。4~6月期は営業赤字だったものの、通期は増益となる予想を据え...

フォード傘下のマツダからデミオがデビュー。大ヒットで不況のマツダの救世主に【今日は何の日 …

ミニバンとステーションワゴンを融合したコンパクトカー · 5チャンネル体制の失敗とバブル崩壊によって経営危機に陥ったマツダ · 日本メーカー初の外国人社長 …

フォード傘下のマツダからデミオがデビュー。大ヒットで不況のマツダの救世主に【今日は何の日?8月26日】 | clicccar.com
■ミニバンとステーションワゴンを融合したコンパクトカー

マツダの3代目(NC型)ロードスターがデビュー。新開発のプラットフォームを採用し3ナンバー …

プラットフォーム、エンジンなど変更した次世代ライトウェイトスポーツ2005(平成17)年8月25日、マツダの「ロードスター」が7年ぶりにモデルチェンジして3 …

マツダの3代目(NC型)ロードスターがデビュー。新開発のプラットフォームを採用し3ナンバーボディに拡大【今日は何の日?8月25日】 (2022年8月25日) - エキサイトニュース
■プラットフォーム、エンジンなど変更した次世代ライトウェイトスポーツ2005(平成17)年8月25日、マツダの「ロードスター」が7年ぶりにモデルチェンジして3代目NC型に移行しました。ロードスターは、...
タイトルとURLをコピーしました