【順位結果】F1第15戦オランダGP予選 – autosport web

【順位結果】F1第15戦オランダGP予選 – autosport web

2022年F1第15戦オランダGPの予選が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がポールポジションを獲得した。2番手はシャルル・ …

【順位結果】F1第15戦オランダGP予選 | F1 | autosport web
 2022年F1第15戦オランダGPの予選が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がポールポジションを獲得した。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手はカルロス・サインツ(フェラーリ)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は9番手だった。 ■2022年第15戦オランダGP予選 暫定結果 Pos....

角田裕毅、自身驚きの予選9番手「直前のセットアップ変更が奏功 – autosport web

2022年F1オランダGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅はQ3に進出し、9番手を獲得した。 Q3では最初のランで1分12秒556をマーク、最後の …

角田裕毅、自身驚きの予選9番手「直前のセットアップ変更が奏功、マシンの力を最大限に引き出せた」/F1第15戦 | F1 | autosport web
 2022年F1オランダGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅はQ3に進出し、9番手を獲得した。 Q3では最初のランで1分12秒556をマーク、最後のランでは自己ベストをつないできていたが、前方を走っていたセルジオ・ペレス(レッドブル)がスピンをし、イエローフラッグが出たことで、アタックを断念すること...

ルクレールがトップ。ラッセル、フェルスタッペンが続く【タイム結果】F1第15戦オランダGP …

2022年F1第15戦オランダGPのフリー走行3回目が行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップタイムをマークした。2番手はジョージ・ …

ルクレールがトップ。ラッセル、フェルスタッペンが続く【タイム結果】F1第15戦オランダGPフリー走行3回目 | F1 | autosport web
 2022年F1第15戦オランダGPのフリー走行3回目が行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップタイムをマークした。2番手はジョージ・ラッセル(メルセデス)、3番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は16番手だった。

レッドブルF1首脳、初日のペース不足は「ハードタイヤで誤解」 – F1-Gate.com

レッドブル・レーシングは、F1オランダグランプリの金曜フリー走行で奇妙にペースを落としていたが、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・ …

レッドブルF1首脳、初日のペース不足は「ハードタイヤで誤解」 / オランダグランプリ
レッドブル・レーシングは、F1オランダグランプリの金曜フリー走行で奇妙にペースを落としていたが、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、それはハードタイヤの誤解によるものだと説明した。マックス・フェルスタッペンはザントフォールトでのFP1のほとんどをギアボックスの問題で失い、セルジオ・ペレスは FP2...

シャルル・ルクレール「F1ベルギーGP決勝序盤に起こった“捨てバイザー”事件はフェルスタッペン …

フェラーリのシャルル・ルクレールが、F1ドライバーがレース中に行う「捨てバイザー」の処理について、今後もっと違うやり方を検討する必要があると主張した …

シャルル・ルクレール「F1ベルギーGP決勝序盤に起こった“捨てバイザー”事件はフェルスタッペンが悪いわけじゃない」(TopNews) - Yahoo!ニュース
フェラーリのシャルル・ルクレールが、F1ドライバーがレース中に行う「捨てバイザー」の処理について、今後もっと違うやり方を検討する必要があると主張した。 F1ドライバーが装着するヘルメットにはバイザ
タイトルとURLをコピーしました