アルファタウリF1代表、角田裕毅は2023年に残留の見通しと語る。リーダーとしての 資質にも …

アルファタウリF1代表、角田裕毅は2023年に残留の見通しと語る。リーダーとしての資質にも …

アルファタウリF1チーム代表フランツ・トストは、ドライバーラインアップを決定するのはレッドブルであり、2023年についての発表は今後行うことになるが、 …

アルファタウリF1代表、角田裕毅は2023年に残留の見通しと語る。リーダーとしての資質にもポジティブな評価 | F1 | autosport web
 アルファタウリF1チーム代表フランツ・トストは、ドライバーラインアップを決定するのはレッドブルであり、2023年についての発表は今後行うことになるが、自分の考えでは、現時点では角田裕毅は2023年にチームに残留する見込みであると語った。

【新連載プレビュー】レーシングドライバーと代理人の実情。他スポーツとの違い【タキ井上が …

1994年の日本GPでF1デビューを果たし、1995年には日本人4人目のフルタイムF1ドライバーとなった"タキ井上"こと井上隆智穂。そんなタキ井上の新連載が …

【新連載プレビュー】レーシングドライバーと代理人の実情。他スポーツとの違い【タキ井上が語る敏腕F1マネージャー】 | F1 | autosport web
 1994年の日本GPでF1デビューを果たし、1995年には日本人4人目のフルタイムF1ドライバーとなった"タキ井上"こと井上隆智穂。そんなタキ井上の新連載がスタートを迎えた。F1引退後、さまざまなかたちでレーシングドライバーのマネジメントに携わったタキ井上が、複数回にわたり敏腕F1マネージャーたちについて語っていく。

レッドブルF1、ホンダF1復帰によるワークス再結成の可能性を否定 – F1-Gate.com

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブルがポルシェなしでF1の未来に進むという決定を繰り返した。

レッドブルF1、ホンダF1復帰によるワークス再結成の可能性を否定
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブルがポルシェなしでF1の未来に進むという決定を繰り返した。月曜日のレポートによると、F1オランダGPの週末に下された決定により、50%の株式買収後に誰がチームを管理するかについて意見の相違が生じたため、2026年のレッドブルとポルシェとの...

F1第15戦オランダGPのドライバー・オブ・ザ・デー&最速ピットストップ賞が発表 – autosport web

2022年F1第15戦オランダGP決勝レースを観戦したファンの投票による『ドライバー・オブ・ザ・デー』と、最速ラップを叩き出したドライバーに贈られる『DHL …

F1第15戦オランダGPのドライバー・オブ・ザ・デー&最速ピットストップ賞が発表 | F1 | autosport web
 2022年F1第15戦オランダGP決勝レースを観戦したファンの投票による『ドライバー・オブ・ザ・デー』と、最速ラップを叩き出したドライバーに贈られる『DHLファステストラップ・アワード』、最速のピットストップ作業を行ったチームに与えられる『DHLファステスト・ピットストップ・アワード』の受賞者が決定した。

2年連続のF1タイトル獲得が見えてきたフェルスタッペン「チャンピオンになっても自分は何も …

2016年からトップF1チームのひとつであるレッドブルのドライバーとして活躍し、先週末に行われたホームレースのオランダGPでF1通算30勝目を達成した …

2年連続のF1タイトル獲得が見えてきたフェルスタッペン「チャンピオンになっても自分は何も変わっていない」(TopNews) - Yahoo!ニュース
2年連続でのF1ドライバーズタイトル獲得が濃厚となってきたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)だが、そのことで自分が変わってきているようなことはないと主張した。
タイトルとURLをコピーしました