ダイハツの新型「ムーヴ キャンバス」はどこが変わった?、開発者の答え – Yahoo!ニ ュース

ダイハツの新型「ムーヴ キャンバス」はどこが変わった?、開発者の答え – Yahoo!ニュース

ダイハツ工業 くるま開発本部製品企画部エグゼクティブ・チーフ・エンジニア 小村明紀氏が語る … 全高が高いワゴン型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」の2代目 …

ダイハツの新型「ムーヴ キャンバス」はどこが変わった?、開発者の答え(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
全高が高いワゴン型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」の2代目モデルは初代から6年で初めて全面改良した。初代はかわいらしいデザインが人気で、若い女性を中心に累計約35万台売れた。それだけにどこに手を加える

ダイハツ工業が挑む共同送迎MaaS…モビリティで福祉・介護業界の課題を解決するには

また、本年度から調査事業をダイハツ工業と進めている島根県江津市の担当者にも直接話を伺うことができた。 ◇共同送迎サービスを検討するには. 三豊市社協 …

ダイハツ工業が挑む共同送迎MaaS…モビリティで福祉・介護業界の課題を解決するには | レスポンス(Response.jp)
2022年6月に香川県三豊市で正式運行を開始した福祉介護・共同送迎サービス『ゴイッショ』だ。今回は、三豊市で実際に共同送迎サービスの運営に関わる介護事業所や介護職員、地元の交通事業者と共同送迎のドライバーに直接話を伺うことができた。

富士ひのきの香り漂う走る山小屋:ミシマダイハツ「クオッカワナビー」…名古屋 …

ミシマダイハツのオリジナル軽キャンピングカー「クオッカ ワナビー」は、ご当地特産の「富士ひのき」をふんだんに使ったログハウス風。

富士ひのきの香り漂う走る山小屋:ミシマダイハツ「クオッカワナビー」…名古屋キャンピングカーフェア2022 | レスポンス(Response.jp)
ミシマダイハツのオリジナル軽キャンピングカー「クオッカ ワナビー」は、ご当地特産の「富士ひのき」をふんだんに使ったログハウス風。トランスフォーメーションパレットを利用した自由自在なレイアウトアレンジも個性的だ。

ダイハツ、移動販売パッケージ「Nibako」を4都府県にて提供開始

ダイハツは、全国の販売会社とともに、地域のユーザーの困りごとを解決し、暮らしを豊かにするため、「コトづくり」として地域に根差したモビリティサービス …

ダイハツ、移動販売パッケージ「Nibako」を4都府県にて提供開始 | LIGARE(リガーレ)人・まち・モビリティ
ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、オールインワン移動販売パッケージ「Nibako」を事業化し、4都府県

トヨタがダイハツ&ヤマハとの協力で日産にチャレンジ! 雪辱を果たせずお蔵入りとなった …

ダイハツは、1966年以降、レーシングカーを独自に開発し、日本グランプリへの挑戦を行っていた。 燃費のよさや操縦性の高さも勝敗を左右した. 初代のトヨタ7は、 …

トヨタがダイハツ&ヤマハとの協力で日産にチャレンジ! 雪辱を果たせずお蔵入りとなった「トヨタ7」とは?(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 トヨタ7(トヨタセブン)は、1968年に登場するトヨタ初のレース専用車だ。  1963年に、第1回日本グランプリが三重県の鈴鹿サーキットで開催された。そのときはまだ、日本車のレース専用車はなく、
タイトルとURLをコピーしました