2023年F1シート争奪戦:3つの空席+1を巡る複雑な緊張状態 – F1-Gate.com

2023年F1シート争奪戦:3つの空席+1を巡る複雑な緊張状態 – F1-Gate.com

2023年のF1世界選手権にむけて現実的にオープンなF1シートはアルピーヌ、ハース、ウィリアムズの3つだけだが、そこにアルファタウリが絡んで複雑な様相と …

2023年F1シート争奪戦:3つの空席+1を巡る複雑な緊張状態
2023年のF1世界選手権にむけて現実的にオープンなF1シートはアルピーヌ、ハース、ウィリアムズの3つだけだが、そこにアルファタウリが絡んで複雑な様相となっている。セバスチャン・ベッテルの引退、フェルナンド・アロンソのアストンマーティンへの移籍、そして、オスカー・ピアストリ/ダニエル・リカルドのマクラーレンのシートを巡...

F1の週末フォーマットのさらなる変更を検討するドメニカリCEO。リバース … – autosport web

F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、F1の週末のフォーマットにさらなる変更を検討しており、今もリバースグリッドレースのコンセプトをあたため続け …

F1の週末フォーマットのさらなる変更を検討するドメニカリCEO。リバースグリッド導入案も排除せず | F1 | autosport web
 F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、F1の週末のフォーマットにさらなる変更を検討しており、今もリバースグリッドレースのコンセプトをあたため続けている。 この斬新なアイデアは、昨年導入された土曜日の30分のスプリントレースに先んじて初めて考案されたが、チームと多くのドライバーのみならず、F1ファンからも断固た...

コルトン・ハータ、特例によるF1スーパーライセンス取得は望まないと発言。アルピーヌは …

コルトン・ハータが特例によりF1スーパーライセンス取得が認められる可能性は極めて低くなってきたとみられている。レッドブルはアルファタウリの2023年 …

コルトン・ハータ、特例によるF1スーパーライセンス取得は望まないと発言。アルピーヌはガスリー断念の可能性 | F1 | autosport web
 コルトン・ハータが特例によりF1スーパーライセンス取得が認められる可能性は極めて低くなってきたとみられている。レッドブルはアルファタウリの2023年ドライバー候補としてハータの起用を検討しているが、ハータは必要なスーパーライセンスポイントを取得していない。彼が自力で条件を満たすには、冬季に行われる選手権に参戦してポイ...

F1日本グランプリで、人気声優・歌手の水樹奈々による国歌独唱が決定「全力で歌わせていただき …

9月15日、三重県の鈴鹿サーキットは、2022年10月7~9日に同地で開催されるF1第18戦『Honda 日本グランプリレース』での国歌独唱を、人気声優・歌手の水樹 …

F1日本グランプリで、人気声優・歌手の水樹奈々による国歌独唱が決定「全力で歌わせていただきます!」 | F1 | autosport web
 9月15日、三重県の鈴鹿サーキットは、2022年10月7~9日に同地で開催されるF1第18戦『Honda 日本グランプリレース』での国歌独唱を、人気声優・歌手の水樹奈々さんが務めると発表した。 2019年以来、3年ぶりに日本に帰ってくるF1グランプリの決勝レース直前に行われる国歌独唱。この舞台に声優、歌手、そしてナレ...

F1メカ解説|レッドブルが”超高速”モンツァの空力トレンドに逆らっても、イタリアGPを制する …

F1イタリアGPの舞台であるモンツァ・サーキットは、現在のF1カレンダー屈指の超高速サーキットとも言える。そのため各チームは、ダウンフォースと空気抵抗を …

F1メカ解説|レッドブルが”超高速”モンツァの空力トレンドに逆らっても、イタリアGPを制することができた理由
超高速サーキットであるモンツァ。レッドブルはこのサーキットで行なわれたイタリアGPに、トレンドに反して大きなリヤウイングを搭載したマシンで挑んだ。そして勝利……その理由とは?
タイトルとURLをコピーしました