レッドブルF1技術者 「2026年のF1エンジンプロジェクトは莫大な挑戦」

レッドブルF1技術者 「2026年のF1エンジンプロジェクトは莫大な挑戦」

レッドブルF1のテクニカルディレクターを務めるピエール・ワシェが、2026年の新しいF1レギュレーションに間に合うようにパワー ユニットを準備するために …

レッドブルF1技術者 「2026年のF1エンジンプロジェクトは莫大な挑戦」
レッドブルF1のテクニカルディレクターを務めるピエール・ワシェが、2026年の新しいF1レギュレーションに間に合うようにパワー ユニットを準備するためにチームが直面している課題の大きさを明らかにした。次世代F1エンジンは、現在の世代の 3 倍の電力を生成しながら、大幅に少ないエネルギーを使用してネットゼロのCO2排出を...

アレクサンダー・アルボン、F1ファンにメッセージ「シンガポールで会おう」 – F1-Gate.com

アレクサンダー・アルボンは、虫垂炎にかかって退院した後、ソーシャルメディアでファンに向けてメッセージを送り、目標は2週間後のF1シンガポールGPに向け …

アレクサンダー・アルボン、F1ファンにメッセージ「シンガポールで会おう」
アレクサンダー・アルボンは、虫垂炎にかかって退院した後、ソーシャルメディアでファンに向けてメッセージを送り、目標は2週間後のF1シンガポールGPに向けて完全な状態になることだと語った。先週末のF1イタリアGPの最終プラクティスに先立って、アレクサンダー・アルボンが虫垂炎と診断されたことが発表された。ウィリアムズ・レーシ...

【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第14/15/16戦】ドライバーに心の平和を与えないチームの …

2022年、アルファタウリの角田裕毅は、F1での2シーズン目を戦っている。昨年に続き、エディ・エディントン氏が、グランプリウイークエンドを通して角田の …

【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第14/15/16戦】ドライバーに心の平和を与えないチームのやり方に疑問 | F1 | autosport web
 2022年、アルファタウリの角田裕毅は、F1での2シーズン目を戦っている。昨年に続き、エディ・エディントン氏が、グランプリウイークエンドを通して角田の動きをくまなくチェックし、豊富な経験をもとに、彼の成長ぶり、あるいはどこに課題があるのかを忌憚なく指摘する。今回は2022年F1第14戦ベルギーGP、第15戦オランダG...

通算400戦も視野に……フェルナンド・アロンソ、次戦シンガポールでF1最多出走記録更新へ「僕 …

フェルナンド・アロンソは、次戦シンガポールGPで、キミ・ライコネンが持っているF1の最多出走回数を更新する350戦目となる予定。しかしアロンソはまだまだ …

通算400戦も視野に……フェルナンド・アロンソ、次戦シンガポールでF1最多出走記録更新へ「僕のF1への情熱を示す数字だ」
フェルナンド・アロンソは、次戦シンガポールGPで、キミ・ライコネンが持っているF1の最多出走回数を更新する350戦目となる予定。しかしアロンソはまだまだ引退する予定はなく、目指すは400戦出走だと語る。

フェルスタッペンやライコネンは、F1デビューできていなかったはず……マクラーレンCEO

ただF1ライバルチームもFIAもこれには否定的な見方を示し、レッドブルもハータを起用することを諦めたと伝えられている。 そんな中でもハータは、プライベート …

フェルスタッペンやライコネンは、F1デビューできていなかったはず……マクラーレンCEO、スーパーライセンスシステムの改善を求める
マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、コルトン・ハータがスーパーライセンスを獲得に苦労していることを受け、「フェルスタッペンもライコネンも、スーパーライセンスを取れなかったはず」と同システムを改善するべきだと主張している。
タイトルとURLをコピーしました