ついに「ロードスター」投入、スーパー耐久にフル参戦するマツダの本気 – Yahoo!ニ ュース

ついに「ロードスター」投入、スーパー耐久にフル参戦するマツダの本気 – Yahoo!ニュース

(桃田 健史:自動車ジャーナリスト) ついに、マツダがスポーツカー「ロードスター」を本格的なモータースポーツに投入した。

ついに「ロードスター」投入、スーパー耐久にフル参戦するマツダの本気(JBpress) - Yahoo!ニュース
 (桃田 健史:自動車ジャーナリスト)  ついに、マツダがスポーツカー「ロードスター」を本格的なモータースポーツに投入した。

これがカプセルエンジンの完成形 マツダCX-60 直6ディーゼル e-SKYACTIV D – モーターファン

直列6気筒ディーゼル、e-SKYACTIV D3.3を搭載するマツダCX-60のエンジンルームは、やはり徹底したカプセル化が施されていた。マツダはなぜエンジンを …

これがカプセルエンジンの完成形 マツダCX-60 直6ディーゼル e-SKYACTIV D
直列6気筒ディーゼル、e-SKYACTIV D3.3を搭載するマツダCX-60のエンジンルームは、やはり徹底したカプセル化が施されていた。マツダはなぜエンジンをカプセルの中に収めるのか?

マツダの新型「CX-60」に搭載される第2世代「e-SKYACTIV D」は、なぜ排気量アップしたのに …

新たに開発された直列6気筒3.3リッターディーゼルターボエンジン. マツダが9月15日に発売したラージ商品群第1弾となるSUVモデル「CX-60」には、 …

マツダの新型「CX-60」に搭載される第2世代「e-SKYACTIV D」は、なぜ排気量アップしたのに燃費がよくなったのか?
 マツダが9月15日に発売したラージ商品群第1弾となるSUVモデル「CX-60」には、多くの刷新された技術が導入されている。エンジンは、直列6気筒3.3リッターディーゼルターボエンジン+48Vマイルドハイブリッドの「e-SKYACTIV D M Hybrid Boost」搭載モデルが先行して発売された。

でかい!マツダ肝煎りの世界戦略車は、高クオリティだけど賛否両論

新車種のCX-60は、マツダにとって国際的に非常に大切な戦略モデルだ。新しいフラッグシップと言っても過言ではないだろう。正直なところ、デザインは綺麗 …

でかい!マツダ肝煎りの世界戦略車は、高クオリティだけど賛否両論
新車種のCX-60は、マツダにとって国際的に非常に大切な戦略モデルだ。新しいフラッグシップと言っても過言ではないだろう。正直なところ、デザインは綺麗だし、室内のテクは優れているし、走りも良いけど、ボディはこれまでのマツダで最大だ。また、珍し

脱内燃機関が叫ばれる今、マツダ「CX-60」が3.3リッター6気筒ディーゼルエンジンを搭載 … – &GP

例えば今回では、カーボンニュートラルに対するマツダの考えが表れています。 二酸化炭素ゼロ社会を目指すといっても、いきなりすべてのクルマをピュアEVには …

脱内燃機関が叫ばれる今、マツダ「CX-60」が3.3リッター6気筒ディーゼルエンジンを搭載した理由とこだわり | &GP
プロダクトって、作り手のこだわりを感じるとうれしいものです。クルマもしかり。大量生産の工業製品だから、個性なんてないんじゃない、って思われるかもですが、例えばマツダが発表したラージサイズ商品群のSUV「CX-60」は、こだわりが詰まったようなクルマです。
タイトルとURLをコピーしました