ホンダの「中国抜き」サプライチェーンは成功するのか? 部品にまつわる現実問 題

ホンダの「中国抜き」サプライチェーンは成功するのか? 部品にまつわる現実問題

本田技研工業のロゴ(画像:(C)Google) … ホンダの生産拠点は日本や中国、米国やタイなど世界24か国に及んでいるが、部品供給網に中国が占める割合は、 …

ホンダの「中国抜き」サプライチェーンは成功するのか? 部品にまつわる現実問題、安全保障の点から考える(Merkmal) - Yahoo!ニュース
 ロシアによるウクライナ侵攻、緊張が高まる台湾情勢など、不確実性が増す世界情勢。海外で活動する日本企業にとって地政学リスクへの対処は避けられないものになっている。

韓国LG系と6100億円を投資 【ホンダ】が米で初の電池工場建設へ – マイナビニュース

ホンダの電池調達に関するアプローチは「地産地消」(執行役専務の青山真二氏)だ。日本では軽自動車のEVにエンビジョンAESC、中国ではCATL、そして米国では …

韓国LG系と6100億円を投資 【ホンダ】が米で初の電池工場建設へ
「需要のあるところで製品を生産するというポリシーは、EV(電気自動車)の重要なコンポーネント(部品)の調達においても同様であり、各地域でバッテリーの現地調達や生産を進めている」│。こう語るのは、ホンダ社長の三部敏宏氏だ。【テスラに次ぐ黒船襲・・・

ホンダ・フリード+ ハイブリッド クロスター(4WD/7AT)【試乗記】 至極まっとうな選択 – webCG

この(2022年)9月にちょうどデビュー6周年を迎えた現行型「ホンダ・フリード/フリード+」。根強い人気を誇るホンダのコンパクトミニバンは、度重なる改良 …

ホンダ・フリード+ ハイブリッド クロスター(4WD/7AT)【試乗記】 至極まっとうな選択 - webCG
この(2022年)9月にちょうどデビュー6周年を迎えた現行型「ホンダ・フリード/フリード+」。根強い人気を誇るホンダのコンパクトミニバンは、度重なる改良を経てどのような進化を遂げたのか。2列シートのハイブリッドモデルを借り出し、その仕上がりを確かめた。

【速報】2023年新型レブル250/Sは全車て新色に!? 1万円アップで12月に発売か?

国内のレブルで初のホワイトはホンダのSNSで公開済み。パールホワイトになる見込みだ。 2023年型レブル250 [HONDA] 写真は編集部の予想CG。STDも装備 …

【速報】2023年新型レブル250/Sは全車て新色に!? 1万円アップで12月に発売か? | Webike Plus
250ccクラスでベストセラーの座に君臨する超人気モデルのレブル250が、この10月に適用される排ガス規制を受けて新型にモデルチェンジすることが明らかになった。 ホンダモーターサイクルジャパンが9月16日に投稿したSNSによると、正式発表は

【スクープ】ホンダCB400に後継機種の噂が!! 400cc4気筒は不滅!? – Webike Plus

並列4 気筒エンジンの装備から" フォア" と名付けられた。 CB400FOUR [HONDA] 1997年に発売。CB400SF をベースにホンダが提唱したクラシック路線の新提案。4 本 …

【スクープ】ホンダCB400に後継機種の噂が!! 400cc4気筒は不滅!? | Webike Plus
この10月末で生産終了するCB400スーパーフォアに後継機が用意されるという衝撃的な情報が飛び込んで来た。日本では圧倒的な人気モデルだけに次期型に期待が高まる! 情報提供元:月刊オートバイ2022年9月号(8月1日発売) CG:宮窪伸治 名
タイトルとURLをコピーしました