スバル・クロストレック話題 北米の稼ぎ頭 世界発表の舞台を日本にしたワケ – Yahoo !ニュース

スバル・クロストレック話題 北米の稼ぎ頭 世界発表の舞台を日本にしたワケ – Yahoo!ニュース

スバル「XV」あらため、「クロストレック」が2022年9月15日に世界初公開された。

スバル・クロストレック話題 北米の稼ぎ頭 世界発表の舞台を日本にしたワケ(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
スバル「XV」あらため、「クロストレック」が2022年9月15日に世界初公開された。

【スバル クロストレック 新型】冒険心をかき立てる…エクステリア[詳細写真] | レスポンス …

スバルは9月15日、SUVの『クロストレック』新型を発表した。日本市場では『XV』のフルモデルチェンジ、改名となる。開発責任者である商品企画本部の毛塚紹 …

【スバル クロストレック 新型】冒険心をかき立てる…エクステリア[詳細写真] | レスポンス(Response.jp)
スバルは9月15日、SUVの『クロストレック』新型を発表した。日本市場では『XV』のフルモデルチェンジ、改名となる。開発責任者である商品企画本部の毛塚紹一郎プロジェクトゼネラルマネージャー(PGM)は「スバルの新世代商品のトップバッターとしてデビューした」と言う。

スバル初代「インプレッサ」が30周年! セダンから「WRX」まで広く愛される名車は誕生時から …

今からちょうど30年前の「1992年10月」と記載のある初代スバル「インプレッサ」の最初のカタログの表紙は、「ハードトップセダン」が紺色、「スポーツ …

スバル初代「インプレッサ」が30周年! セダンから「WRX」まで広く愛される名車は誕生時からユニークでした(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 今からちょうど30年前の「1992年10月」と記載のある初代スバル「インプレッサ」の最初のカタログの表紙は、「ハードトップセダン」が紺色、「スポーツワゴン」が鮮やかな赤、さらに「WRX」はモノトー

「四駆率」98%!? スバルが50年にわたって磨いた「AWDへのこだわり」とは? | くるまのニュース

スバルは2022年9月にAWD車の誕生50周年を迎えると同時に、AWD車の累計生産台数がおよそ2100万台に上ったと発表しました。今後、スバルはどのように歩み …

「四駆率」98%!? スバルが50年にわたって磨いた「AWDへのこだわり」とは?
スバルは2022年9月にAWD車の誕生50周年を迎えると同時に、AWD車の累計生産台数がおよそ2100万台に上ったと発表しました。今後、スバルはどのように歩み続けるのでしょうか。

得意の逃げ切りパターンに持ち込んでいたが……61号車スバル、雨に翻弄され「難しいレース」に

スーパーGT第6戦SUGOで8位に終わった61号車SUBARU BRZ R&D SPORT。ドライバーや首脳陣は「難しいレース」だったと口を揃えた。

得意の逃げ切りパターンに持ち込んでいたが……61号車スバル、雨に翻弄され「難しいレース」に|スーパーGT第6戦SUGO
スーパーGT第6戦SUGOで8位に終わった61号車SUBARU BRZ R&D SPORT。ドライバーや首脳陣は「難しいレース」だったと口を揃えた。
タイトルとURLをコピーしました