マツダが30年ぶりの「高級車市場」再参入、その狙いと対輸入車の勝算とは

マツダが30年ぶりの「高級車市場」再参入、その狙いと対輸入車の勝算とは

約30年ぶりのプレミアム市場再参入上級車「ラージ商品群」でブランド強化. マツダが9月15日から、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60(マツダ シーエックス …

マツダが30年ぶりの「高級車市場」再参入、その狙いと対輸入車の勝算とは
マツダは上級SUV「CX-60」を国内で販売開始した。CX-60は同社が上級車種群と位置付ける「ラージ商品群」の第一弾であり、バブル期以来の「高級車市場」への挑戦となる。

「マツダの新車」人気車種ランキングTOP22! 1位は「マツダ CX-5」【2022年9月・MOTA調べ】

第2位は「マツダ MAZDA2」でした。経営難に陥っていたマツダを立て直し、救世主とまで呼ばれたコンパクトカー「デミオ」が、2019年に改名して誕生しました。

「マツダの新車」人気車種ランキングTOP22! 1位は「マツダ CX-5」【2022年9月・MOTA調べ】(1/7) | ねとらぼ調査隊
 自動車の購入に関する情報・サービスを提供するメディア「MOTA(モータ)」では、新車や中古車の最新の人気車種ランキングを、ボディタイプやメーカー別に紹介しています。今回はその中から、「マツダの新車の人気車種ランキング」(2022年9月15日時点)のランキング上位の結果を見てみましょう。第2位:マツダ MAZ…

好調なマツダ「CX-60」の受注状況から、6気筒ディーゼル人気、購入世代の意外な若さなど注目す …

2か月半で月販目標の4倍強と好調な滑り出しマツダが完全に新開発した縦置きプラットフォームと直列6気筒エンジンというラージ商品群向けのアーキテクチャー …

好調なマツダ「CX-60」の受注状況から、6気筒ディーゼル人気、購入世代の意外な若さなど注目すべき点が見えた(carview!)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
2か月半で月販目標の4倍強と好調な滑り出しマツダが完全に新開発した縦置きプラットフォームと直列6気筒エンジンというラージ商品群向けのアーキテクチャーに基づく第一弾モデル「CX-60」の販売が好調です。同モデルの発売開始となった9月15日に、...(ヘッドライン)

リコールの届出について(マツダ CX-60) – 報道発表資料 – 国土交通省

マツダ株式会社から、令和4年9月22日国土交通大臣に対して、下記のとおりリコールの届出がありましたので、お知らせします。

国土交通省|報道資料|リコールの届出について(マツダ CX-60)
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道...

マツダSKYACTIV開発を支えたMBD:MILS/HILSとは何か[内燃機関超基礎講座]

… したモデルベース開発(MBD)である。圧縮比14.0のSKYACTIVエンジンで度肝を抜いたマツダ。その開発にはdSPACEシミュレーターとASMが大きな役割を果たした。

マツダSKYACTIV開発を支えたMBD:MILS/HILSとは何か[内燃機関超基礎講座]
自動車に求められる性能が上がり達成すべき基準が複雑化すると、開発にかかる時間とコスト、工数が膨大になる。そこで注目されるのが、シミュレーションを駆使したモデルベース開発(MBD)である。圧縮比14.0のSKYACTIVエンジンで度肝を抜いたマツダ。その開発にはdSPACEシミュレーターとASMが大きな役割を果たした。
タイトルとURLをコピーしました