10月 生産計画について | コーポレート | グローバルニュースルーム – トヨタ自動車

10月 生産計画について | コーポレート | グローバルニュースルーム – トヨタ自動車

新型コロナウイルス感染拡大等に伴う部品供給不足による生産計画の度重なる見直しにより、お待ちいただいているお客様や、仕入先及び関係の皆さまにはご …

10月 生産計画について | コーポレート | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト
新型コロナウイルス感染拡大等に伴う部品供給不足による生産計画の度重なる見直しにより、お待ちいただいているお客様や、仕入先及び関係の皆さまにはご迷惑、ご不便をおかけし、改めて心からお詫び申し上げます。先月の生産計画公表では、向こう3か月間(9~11月)の生産計画の平均を月90万台程度と公表しておりますが、10月グローバル...

トヨタ社長「円安のデメリット拡大が現実」…部品メーカーへの影響も懸念 – 読売新聞オンライン

トヨタ自動車の豊田章男社長は22日、東京都内での記者会見で、急激に進行する円安について「資材や部品の輸入が増えており、輸入価格やエネルギー価格の …

トヨタ社長「円安のデメリット拡大が現実」…部品メーカーへの影響も懸念
トヨタ自動車の豊田章男社長は22日、東京都内での記者会見で、急激に進行した円安について「資材や部品の輸入が増えており、輸入価格やエネルギー価格の高騰によるデメリットが拡大しているのが現実だ」と、自動車産業への悪影響に危

トヨタ新型「アルファード」が23年に全面刷新か 新型は「高級志向」路線継続!? SNSではすでに …

トヨタ「アルファード」は、初代が2002年に発売されてからおよそ20年間、多くのミニバンユーザーに支持され続けている人気のモデルです。 現行は2015年に …

トヨタ新型「アルファード」が23年に全面刷新か 新型は「高級志向」路線継続!? SNSではすでに話題に!(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 トヨタ「アルファード」は、初代が2002年に発売されてからおよそ20年間、多くのミニバンユーザーに支持され続けている人気のモデルです。    現行は2015年に登場した3代目ですが、発売から7年目

新型EV トヨタbZ3、中国発売へ 競合ひしめくレッドオーシャンに投入 – Yahoo!ニュース

トヨタは近年、電動化が自動車業界の脱炭素化に向けた唯一の解決策ではないとの考えを強く打ち出しているが、世界有数の自動車メーカーとしての地位を維持 …

新型EV トヨタbZ3、中国発売へ 競合ひしめくレッドオーシャンに投入(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
トヨタは近年、電動化が自動車業界の脱炭素化に向けた唯一の解決策ではないとの考えを強く打ち出しているが、世界有数の自動車メーカーとしての地位を維持するため、多様な電動モデルの投入が不可欠となっている。

トヨタの10月の世界生産は80万台、前回計画から10万台減産 – 日経クロステック(xTECH)

トヨタ自動車は2022年9月22日、同年10月の生産計画を発表した。グローバルで80万台程度を見込んでおり、内訳は国内生産が約25万台、海外生産が約55万台で …

トヨタの10月の世界生産は80万台、前回計画から10万台減産
 トヨタ自動車は2022年9月22日、同年10月の生産計画を発表した。グローバルで80万台程度を見込んでおり、内訳は国内生産が約25万台、海外生産が約55万台である。
タイトルとURLをコピーしました